ユナイテッド93 [Blu-ray]

ユナイテッド93の感想・レビュー・登録(6)

何度目になるかわからない視聴。ポール・グリーングラス監督だけあって管制塔内の緊迫感、あの日はきっとこうだったんだろうなと思わせる。今に続く始まりの日が、この日だったんだよな。
'17 とりどしなので。何度目か。【ネタバレ】冒頭、両側にビルの建ち並ぶある通りをイエローキャブが列をなして動く(画面上奥→画面下近方)夜の滑らかな空撮から始まり、レーダーの機影などの緑の光の不気味な動き、朝の航空機の渋滞をへて、両側に座席の建ち並ぶ通路を赤が動くさま(画面奥→近方)を描くダイナミズムがたまらない。▼赤が動く。▽テロリストが頭上の荷物棚をあけ黒いカバンを持ち運び0:57:15輪になった赤いテープを巻いたり58:40や赤いコードを細工したりした後59:16スイッチを持つ手を挙げ、
07/02
k-b
今だからこそ視聴することにした作品。確かにあの日、WTCビルに突っ込む2機の旅客機の映像によって、テロリズムの底知れぬ闇を知った。本作は、同日に乗っ取られたうちの一機の、ご遺族の証言から推測された機内の状況と、乗客たちの勇気ある行動によって未然に防がれた惨事と、その代償となった彼らの命へのリスペクトを以って製作された映像作品である。異なる宗教観と憎しみが生み出す悲劇に、いつか終止符が打たれる日が来るのだろうか?
'13【ネタバレ】被害者も加害者も同程度の無名性と有名性を与えて処理した脚本にまず感じ入った。とにかく整理された作劇で、未曽有の混乱・情報の錯綜するようすも、情報提示が的確なので"どこがどのようにこんがらがっているのか"が観ていて分かるようになっている。 生存者のいない機内における状況は、生存者のいる各指令室における混乱(情報源の差による情報把握の速度差・情報への憶測や見解・行動の決議)の延長線上で処理され、つまり輪唱のようなかたちをとる。そして最後の最後で変奏する…このムーブマンのコントラストがまた凄い

ユナイテッド93を観た人はこんな映画も観ています


ユナイテッド93の評価:100% レビュー数:4
ログイン 新規登録