先生を流産させる会 [DVD]

先生を流産させる会 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
内藤瑛亮
出演者
宮田亜紀
小林香織
高良弥夢
竹森菜々瀬
場涼乃
上映時間
62分
amazon.co.jp で詳細を見る

先生を流産させる会の感想・レビュー・登録(309)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
胸糞悪い映画ではあるが一定のメッセージというか社会性のある映画である。あれだけ最後まで向き合える教師もなかなかいない。対応がまずいというコメントもあるが。どうしようもない思春期女子に向き合うのは大変そうである。
思春期女子の気持ちがリアル?リアルなら怖いがわかる気もする。先生の対応がいたい。普通学年や生徒指導部、教頭と相談して対処するでしょ。先生の社会性も問題かな。
ショッキングなタイトルとレビューの酷さに惹かれて鑑賞。CGのウサギとか不自然な演技は気になったけど、台詞の少なさとゆっくり流れる映像はすごく好き。そしてなんといってもミツキがすごく魅力的。愛に飢えてる子供のオーラが痛いほど伝わってきた。すごく考えさせられる映画。
AR
才能ある監督だと思うのだが、予算の関係上できないこともあるし、あと、役者の演技が棒すぎて、感情がのってこなかった。確かインタビューでもあったが、どうにかしようと試みはあったのだが……でも、子どもが子どもらしくクズな描写は流石である
初)実際にあった事件に基づいて撮った作品とのこと。今の学校社会に全く接点のない自分には学校社会の問題点を描きたいのか、女子中学生のこじれた思春期を描きたかったのか、1人のサイコ女子中学生の行動を描きたかったのか、焦点が合わせられず期待外れでした…エンターテイメント性が高い「告白」と比べるとやはり物足りないし完成度が低い印象もありました。題材の選択は悪くない気はするが…企画倒れな感じです。(ノ-_-)ノ~┻━┻ミズキ役の娘にあれほど魅力が無かったら途中で挫折してたでしょう〜
キャストに有名な俳優を使用していなかったのでリアルを感じた
特典として収録されている「廃棄少女」を観賞。 特に説明もない世界観が何とも言えず癖になる。 面白かった。
これは単純に下手くそ。
自分が常識だとか当たり前だとかと思っている価値観や倫理観を持ち得ない人は少なからず存在する。 「居なかったことと一緒じゃん」主人公はそういい放つ。 その誤りを正すのに、1つの小さな命を犠牲にしなければならなかった女教師。 あまりに大きな代償だ。しかし、教えることの重さはその重さをもってしないと教えられないのか…。 「居なかった事になんてできないの」その言葉を聞いた主人公は何を思うのだろうか。
「サワコ、セックスしたのかなあ?」「そりゃ、したでしょ。妊娠してんだから」「気持ち悪くない?だってセックスしたんだよ?」 彼女たちが鑑賞者に平然と放つ言葉は非常に少ないけれども、このような台詞だけでいとも簡単に心を抉りとってゆく。強烈の一言。 内藤監督によるオーディオコメンタリーは必聴で、『悪い種子』や『ザ・チャイルド』といったワードが飛び交う様は感激。また、このような作品を作ることになった経緯と監督が本作に込めたメッセージも垣間見ることが出来るので、ぜひとも聞いて欲しい。
善悪の判断が未成熟で歪んだ学生の、身の毛もよだつ"悪意"に胸がえぐられる作品。とにかくリアリティの高い映像で、生々しい嫌悪感で胸がつかえそうになる。特に性教育の整っていない日本の子供にありがちなのであろう「性」を受け止めきれなかった若者の心情、また教師以前に母として、女としての信念を貫こうとするサワコの姿、といった今作のテーマ性は鋭く、粗削りで肉付け不足だとしても強く心に訴えかける力を持っている。素朴だけれども良作。
“最凶の、教育映画”…やはり打ちひしがれてしまった。 実際に起きた事件をベースに、女子生徒達と設定をあえて変え、思春期特有の性を意識した時の異様な嫌悪感を軸に描く。 母親になる準備もできて全くブレない強さを持つ教師に対し、“なんか”キモいという感覚と胎児のうちに殺したら殺人じゃないと勝手に解釈する幼稚な生徒達との対比…そこに過保護ゆえのモンスターペアレンツが絡むトライアングルは強烈。 ただし、粗っぽい演出がやはり気になりまくるし、終盤は強引にまとめた感があるが、最後の一言はやはり後に引く...★4
子供ながらの無垢な邪悪さを表現しているのだろう、きっと。だからかどうかは分からないが秘密結社JCたち達よりも、モンスターペアレントの”先生を流産させようと勝手だけどう、ちの子を巻きまないで!!”という台詞は潔い屑だなと思った。美月の”いなかったことにする”という台詞に見られる大人をいたわれないがゆえに犯した過ちは、ずっと傷に残ると思うんだけれどどうなんだろうなぁ。
妊娠した先生を「なんかキモイ」と感じて流産に追い込もうとする中学生の心理は、むろん許されるべきことではありませんが、わからなくはないです。でも、リーダー格の美月についてはもっと掘り下げてほしかったですね。クラスの中でどういう立ち位置なのかとか。先生自身もヒステリーな部分が目立っていて、周囲には敵だらけだったので、生徒たちの残酷さがそれほど際立たなかったように思います。ただ、先生の問いに対する「いなかったことにする」という美月の答えからは殴られたような強い衝撃を感じました。
TSUTAYA、 一緒に入っていた廃棄少女。特殊メイクのスタッフに母校の講師の名前があって驚いた。
MG
実際にあった事件をモチーフとして、フィクションにならなさすぎないでリアリティを持った絶妙なストーリーとしている構成力に脱帽。これを120分にできればより傑作だったかもしれませんが、60分だからこそ印象に残る作品でもあります。
とにかくキャスティングが素晴らしい。パーフェクト。ダルデンヌ兄弟も裸足で逃げ出す、リアリティをとことん追及した配役。もはや映画を超えた。どう見ても「関援シリーズ」。この秀逸なキャスティングの前には、「リリィシュシュのすべて」なぞ単なるコジャレたシャラくさい青春ムービーにすぎない。(※あれはあれで嫌いじゃなかったり)。でも、ストーリーが進むにつれてありがちな感じに観念的になっていき理に落ちた割りとつまらない終わり方だった。作品とは関係ないが、映画秘宝ライター勢が今作をやたら絶賛しすぎでちょっと萎えた。
なんだこのキャストはーーー!?中学の頃の同級生グループにそっくりすぎて困惑!フミホみたいな不登校児もいた!!サワコ先生ほど美人じゃないけど万年生理中かってくらいピリピリした妊娠中の女教師もいたわ(笑)自身の過去の記憶と相まって、ショッキングなくらい真に迫ってくる映画でした。お腹を抱えてハラハラしたり、こんなにも非常識で憎たらしい子供たちに、同情心とか、愛情とかを抱いてしまっていて、自分の中の母性に気づかせられてしまった。面白かった。
本当にあった事件がもとになってるって知ってショックだった。思春期の女子独特な世界がリアルで怖かった~(;>_<;)グループができるとその中で必ずボスっぽいのが出来て逆らえなくなる…あ~思春期女子怖い((((;゜Д゜)))ブルブル
3
私は思春期の拗らせから抜け出せてないのでミズキの気持ちが解らなくもないのがつらかったです、何で女ってこんな気持ち悪いの、、、実際は男子生徒だったらしいのが意外、特典の舞台挨拶で主人公の女の子達が普通にかわいらしい子達だったので何だかほっとしました
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

先生を流産させる会を観たいと思ったみんな最新10件(77)

12/16:ERICO
02/10:たまリロ
09/07:.
02/16:
10/17:frip
08/13:やまだ。
07/20:ばさし
07/07:ユキ
06/06:胃炎

先生を流産させる会を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5696登録

先生を流産させる会の評価:63% レビュー数:97
ログイン 新規登録