モテキ Blu-ray通常版

モテキ Blu-ray通常版
▶︎ 予告映像を観る
監督
大根仁
出演者
森山未來
長澤まさみ
麻生久美子
仲里依紗
真木よう子
上映時間
118分
amazon.co.jp で詳細を見る

モテキ Blu-ray通常版の感想・レビュー・登録(52)

最新の20件表示中[もっと見る]
SH
12/30
08/26
☆☆☆★ 原作の後日談。再びモテ期が到来した幸世の物語だが、パッケージから4人の女性といい感じになるのかなと思っていたら、主に長澤まさみと麻生久美子の演じる二人との関係が重点的だった。個人的には麻生久美子のるみ子が好きだったな。
フジくんを見てるとつらくなってきます。麻生久美子さんの演技が素晴らしかったので、また見ると思う。
☆3 地上波放送で鑑賞。持てる者と持たざる者の話。リア充に対するルサンチマンを最終的には克服する。大根仁監督は僕から見るとリア充側の人間に見えるのだけど、世界を呪う人の心情を描くのが上手いということはそういうわけでもないのかしら。邦楽に思い入れがないので、劇中で使われる楽曲の効果がピンと来ない。歌詞が心情にリンクしているというのは読み取れるが。麻生久美子の、重い女タックルが面白かった。
今更。断片化されてる面白さ。乱暴に言えばあるある。サブカルって何?登場人物ほぼ全員サブカルの人ならサブカルがアイデンティティになるのかっていう。サブカルが問題じゃなくてサブカル内の序列が問題なんじゃないかっていう。サブカルが背景化してるならしてるでもうちょっと静かにして普通の作劇でいいんじゃないか。
09/23
@こんなに音楽がメインの映画だとは思わなかった。しがないライターの主人公は曲の世界観に入り込むのが好きらしく、劇中でも嫌なことがある度に音楽に没入する。逆に明るい時は音楽演出がまた別の形で演出のメインを彩る。特にPerfumeは予想外w でも歌詞ともマッチしていたし、主人公のその時その時の心象が伝わってきて良かった。終始ダメ男の妄想と勝手気ままな迷走のコラボなストーリーだけど、こんな女性たちになら振り回されたいと思わせる何かはある。キモさの演技も素晴らしかった。OPのはっちゃけ具合も好き。★★★★☆
non
笑った笑った。
やっぱモテキ好きだなぁ。こんな映画他にないですよね。演出的にも話的にも。ドラマ版の時にも森山未來さんのダンスシーンが好きでしたが、今回はPerfumeも加わり豪華に。ドラマ版のように複数の女性の間で揺れ動く…という感じではなく、長澤まさみさんがメインだったので他の女性とのエピソードがもっと欲しかったかも。2時間じゃそれは難しいか…。ドラマでシリーズ化して欲しいな。
音楽とダンスのシーンが華やかで、まるでミュージカルのようです。パッケージを見て、この雰囲気が好きなら見てもよいと思います。ストーリーについては、あいまいな脚本だと思います。結末も曖昧です。モテキというタイトルですが、主人公はモテていません。主人公と長澤まさみとの関係が軸で、多少他の女性が絡むくらいです。主人公の独白が、悪い意味での男の本性むき出しだったり、長澤まさみはノリメインで生きている女の子を演じてます。割とこういうパターンの話はあるようでないので、その点が特徴かもしれません。
01/29
01/03
おれもツイッターでつぶやこうかなぁ~。。
Perfumeとのダンスが見たかったから・・・
最新の20件表示中[もっと見る]

モテキ Blu-ray通常版を観た人はこんな映画も観ています


モテキ Blu-ray通常版の評価:54% レビュー数:14
ログイン 新規登録