リミットレス [DVD]

リミットレスの感想・レビュー・登録(569)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
主役の俳優サンがチャン・グンソク似で受け付けない。
脳を100%活性化は「ルーシー」と同じテーマですね。こっちのほうが現実的ではありますが、エンターテインメントとしては華が足りないかな。薬のせいでダークサイドに落ちていき、ついには殺人というのもよくある話ですが、お咎め無しの、副作用克服のハッピーエンドはハッピーエンド好きにとっても首を傾げたくなりました。
悪くはない。映像も独創的だしけっこう洗練された雰囲気。なんだけど、「うーん…」って感じの映画。全体的によく解らないというか詰めが足りない。破綻はしてないんだけど微妙に納得できないシーンが多くて、結局どういうこと?感が強い。設定を使い切れてないのかなぁ。強大な陰謀との戦いになるわけでもなく、超絶頭脳戦になるわけでもなく…。脳を100%使って限界突破してる設定の割に、内容自体はいろいろと100%に達してない作品。
テンポ良いし、個人的にはわりと好き。ただ、送られてきた手が誰のか気になってしまった。彼女のものかと思ったけど無事だったし、単に脅すために送りつけられた代物だから、この辺は別に誰のとか気にしなくていいのかな。酒を経ち健康的な食事をして飲み過ぎを防ぐだけで快適に過ごせるなら、ちょっとあの薬欲しい(笑)主人公がある計画のために金を集めるっていうのがそもそもの目的だったわけだけど、それは最初から大統領になるってことで良かったのか? 最後がわりとあっさり終わったので、本当に当初の目的を達成したのか? と気になった。
★★★★レビュー見てると評価は低いみたいだけど私は十分楽しめました。久しぶりに時間を忘れて映画を観たような気がします。
いかにもドラッグ警鐘ネタ映画だなと思ったら、21世紀とは思えないのん気なオチに逆に驚いた。最後までダレずに見られた映像、演出は地味にとても良いと思う。
もし連載になれる薬があったなら、という短編漫画でよくある設定を見事に昇華している。話の進行は能力バトルめいたところがあり、同じ能力者や最強の無能力者、能力喪失バトルなど100分の間にやるべきことを全て詰め込んだような造りが魅力的。特に主人公のオンオフが外見(演技)だけでも分かる点は非常に素晴らしい。デニーロに関しては若い頃が印象的でノーコメント。
普通なら「力を使いすぎたばかりに…」的な結末になりそうなのにね。まあ、完璧男になってもゴージャス美女を手に入れるでもなく振られた彼女と元サヤ、なキャラだから許そう(笑) 人間の脳や身体って "すきま" というか "あそび" があるからいいんだと思うんだけど…絶対早死にしそう…。
人間の脳を100%覚醒したら…という映画。「ルーシー」も似たような題材だったけど、個人的にはこちらの方がより現実的で好み。一瞬のうちに周りの情報から、最善の方法を頭の中で組み立てられる。あーそんな頭が欲しい。デ・ニーロの渋い演技も素晴らしかったですが、ちょっとこの役だともったいないな。ラストはすっきりしませんが、面白かったです。
天才の外部の情報の取り込み方とか思考回路を疑似体験したような、おもしろい映像だった。覚醒したクーパーの碧眼を強調した映像も好き…(うっとり) デニーロにはもっと活躍してほしかった。 最近nzt48を飲んだイメージで過ごしてるけど、捗ってる気がする(プラシーボ効果)
途中までとてもテンポよくハラハラドキドキしながら観てられたんですが…最後の下りがすべてを台無しにしてしまってます。スーパーマン誕生させてどうするつもりなのかと…。 まあ、時間分は楽しめたし、デニーロの演技が渋くてかっこいいので「暇な時にどうぞ」的作品。
★★★☆☆3.5 結末が思っていたのと違っていた。やはり「LUCY」と覚醒能力を比べてしまう。こちらは、派手さはないか、現実的。本当に脳を100%覚醒したらどうなるんだろう?あの街並みの早送りで進んでいく映像が印象的だった。
「人間の脳が100%覚醒したら」という問いは、近年だとリュック・ベッソンの『LUCY』が記憶に新しい。物語のスケールで言えば『LUCY』の方が上、映像的なセンスで言えば今作に軍配が上がるだろう。
★★☆☆☆ リミットレスっていう題名よりも、原作のブレインドラッグのままの方が良かった気がする。ルーシーよりもこっち派だけどそれでも評価は低め。デニーロもよく引き受けたなぁ。。映像の撮り方はすごく振り切ってたけど、たぶん私はそれしか印象に残らない
この手のストーリーにありがちなラストかと思いきや、振り切ったハッピーエンドで笑ってしまった。 展開があんまり読めなくて凄く楽しめたけど、主人公が終盤あたりまで後手後手なのが気になる。 そんなに頭良くなったならリスク回避しようぜ! でもエンターテイメントとしてとてもいい映画でした。
zan
某別作品で見た脳の100%使用はスカーレット・ヨハンソンがもっとすごいことになっていたが、その活用が金儲けに発揮されるのは至極現実的。でもそれほど万能なら薬による弊害などの危険回避も予見してもらいたい。序盤の売れない作家時代であっても、落ちぶれた感の薄い男前ブラッドリー・クーパー。
売れない作家志望(?)の若者(ブラッドリー・クーパー)が、脳を100%活性させる薬を飲むことで、どんどん新しい世界に踏み出していくが、そこにはその薬に絡む問題も出てきたりとで、先が読めないストーリー展開で面白かった。また薬を飲んで脳が活性化されていることを表現するに、少々変わった映像(視覚効果)で描写されており、それも良かった。
なんだか久しぶりに酷い作品、デニーロが出てくる意味がわからない。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

リミットレスを観たいと思ったみんな最新10件(103)

12/06:300
11/22:田中隆史
11/03:かっちー
10/12:まめ
09/28:akubi
09/23:AR
07/13:みすと
01/06:ryo

リミットレスを観た人はこんな映画も観ています


リミットレスの評価:68% レビュー数:194
ログイン 新規登録