アメリカン・ヒストリーX [DVD]

アメリカン・ヒストリーX [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
トニー・ケイ
出演者
エドワード・ノートン
エドワード・ファーロング
上映時間
119分
amazon.co.jp で詳細を見る

アメリカン・ヒストリーXの感想・レビュー・登録(241)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
「怒りは君を幸せにしたか?」
誰もが自分の人種や育ちを背負っていて、だから誰の発言も純粋な善からのものにはならないんじゃないだろうか。というか、そういう人がいたら気持ち悪い。それでも、いっさいのしがらみから自由になって誰かと関係を結べたなら幸せだろうに。
「GYAO!」で視聴。嫌な映画だった。主人公はヨーロッパ系プロテスタントの白人だけを認める狂信的な白人至上主義。「店に押し入るような人種はもともと社会の底辺にいて、法律など眼中にない。社会観念や責任感がみじんもない」。犯罪や社会の悪は白人以外の人種によるものだという極論である。人間が犯罪に走るのは環境によるものではなく人種によるという考え方だ。白人至上主義者はおそらくそう考えているのだろう。宗教的でさえある。アメリカ合衆国は合衆国ではない。単に合州国だ。白人がすべての権力と富を支配している。そう思った。
一つからの視点からじゃ凝り固まった、画一化した視点しか持てない。でもそれを知ったところで乗り越えるのはとても難しい。仲間。そう簡単に思えたらどれだけいいことだろう。
vic
アメリカの人種問題をわかりやすく映画にしてます。兄のデレクがかっこよく描かれていて、彼の魅力でぐいぐい引き込まれます。彼の主張に納得してしまいそうになる。その後刑務所で白人も黒人も色々いるということ知る。そこまでは良かったんだけど、ラストがよくわからない。ダニーは死ぬ必要あったの?殺される伏線あったか?わざとモヤモヤを残したの?特典映像のカットシーンも見たけど、たしかにあれはカットした方がいいかも。あとダニーの声優は子役時代からの浪川さんだったけど…良かったんだけど…ちょっと子供っぽすぎない?
スキンヘッズが出てくる映画は後味が悪い作品しか無いのか・・・。 人種差別、犯罪、貧困とアメリカの抱える問題に焦点を当てた作品。 大学の授業とかで題材にしてほしい一本。 一番驚いたのは、マッチョで頼れる兄貴役の俳優が「ファイトクラブ」で自信無さげな青年を演じていた人と同一人物ということ。 Wikiを見るまで気付かなかった。
Ica
30分ぐらいでやめる。スローモーションと音楽の使い方が扇情的ですごく下手。繋ぎも下手。
エドワードファーロング観たさに気軽に観るつもりが重いし複雑だった 感想もまとめるのが難しい...このあと兄はどうなったのかが気になる
傑作。学校でみせて、その後、生徒先生みんなで議論を交わしてほしいな。
WOWOWでターミネーターをやってて、エドワードファーロングつながりで見てみた。ネオナチに傾倒する少年たちの物語で、とても怖かった。1998年制作の映画だけど全然古さを感じない。今もやっぱりこの手の問題は人にとって大きく、ひょっとしてますます大きくなっているのでは。単純なラストではないから、すごく余韻が後を引くし、深く記憶に残りそうな作品でした。怒りは君を幸せにしたか。。。グサッと胸に刺さりました。★★★★☆
親の間違った教育が、子どもたちを不幸にしてしまう。結局、罪のない子にしわ寄せが。
エドワードノートンの演技はいつみても怖さを感じる。不快ではないけいけども 洗濯係の黒人がめちゃいい
怒りの矛先がどこに向かうのかわからない。怒りは幸せをうまない。守るものがあるってことは敵がいること。 己の正義のために人を傷つけてはいけない。 人に植えつけられた情報ではなく、自分の目で判断したい。
エドワードノートンの演技が最高。さすがカメレオン俳優。
洗濯係の黒人がいいやつだった。ええっそんなにうまくいっていいのかよとも思ったけど。 最後あのわけわからんボケがとんでもないことしやがって。 あのコーヒーショップっていろんな映画に登場してますね。ちょうど昨日観たビッグリボウスキにも登場してた。
セット、演出、撮影と、造りが丁寧で、全体とても良い映画。「憎しみが君を幸せにしたか?」という台詞が重く印象に残る。でも刑務所で出会う黒人がお喋りでお人好しという都合良すぎなキャラだったり、ラストの悲劇だったり、映画自体が白人向けお涙頂戴に堕してる感があるのは如何なものか。シンプルでわかりやすいのだけど。エドワード・ノートンは完璧。
思ったより報われない話じゃなかった、あと親怖いなーと思った。弟くそっかわいい。エドワードノートン演技うまいことは以前から知ってるからアレだけど、弟と刑務所の洗濯の人めっちゃよかった。
AM
これは傑作。ずっと見続けられるべき作品である。エドワード・ノートンの演技力が凄い。これでまだアカデミー賞取れてないのが不思議。怒りは幸せにしない。弟のレポートの結論と、衝撃的なトイレのシーン。その現実を前にしてもその結論を言うことができるだろうか。
mk7
2点が印象に残った。一点目は、兄の詭弁でありつつも強力な論理。物語の序盤は納得させられてしまいそうになる。共感しうる論理。この、序盤の思想への共感は、兄が刑務所で学んだ教訓への共感につながり、最終的に弟のレポートではじき出される結論への共感に繋がる。 二点目の、弟が黒人に報復されたシーンからは兄が中心になっていくのだろうか、「弟が殺されたとしても~」というありがちな展開なのだろうかと思ったが、レポートに書かれた弟の結論で物語が完結した点にはとても訴求力があった。
久々見た。 今見るべき映画なきがするわ。 差別意識って結構実は誰にでもあるのよね レイシストまではいかなくても。 憎しみや怒りでは幸せにはなれないのよ、分かっていてもなくならない差別感情って、深いんだね。 エドワード・ノートンはうますぎるわ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

アメリカン・ヒストリーXを観たいと思ったみんな最新10件(31)

08/10:イケヤン
07/29:アキラ
09/02:すずらん
06/20:潤子
06/16:まひろ
04/09:miyabi
12/17:ヒゲOL
04/20:kbtysk
03/28:comet1113

アメリカン・ヒストリーXを観た人はこんな映画も観ています


アメリカン・ヒストリーXの評価:36% レビュー数:43
ログイン 新規登録