ザ・バッド [DVD]

ザ・バッドの感想・レビュー・登録(137)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
08年米。『RED』のパクリっぽい邦題になっているがなんの関係もない。芸術を愛する警備員のおじいちゃんたちの愛から始まる犯罪。芸達者な3人のコメディときたら面白くないわけがない。ウォーケンは珍しくとんでも女房に振り回され、フリーマンは口の減らない画家、メイシーはなんとマッチョな肉体を惜しげもなくさらす。こういう懐かしい感じの小品をきちんとお仕事する人たちがやってるのは嬉しい。
パッケージはもっとコミカルでいいと思う。三人の名優によるズッコケ名画争奪戦。ウォーケンとフリーマンの掛け合いがとぼけてて楽しい。ウィリアムメイシーは美味しい役どころでしたね。
The Maiden Heist(2009)録画。1枚の絵画に入れ込みすぎな警備員の 冒頭の妄想からして楽しい。初老の3人のおマヌケさがキュートで面白い。ただローズが面倒臭い…けどその押しが笑える。ジョージがヤバイなぁ(笑) 強盗だけど緩めのほんわかコメディ。
長年美術館に警備員として勤め、美術作品を守り愛しすぎるがゆえに盗んでしまおうというおじさん3人の物語。ハラハラはしますが笑えるので恐いのは苦手という人も見れます。
モーガン・フリーマンだったので観ましたがコメディちっくだったので真剣に観てたら肩透かし感だったかもですが、ながら観なら思いの外楽しめました。モーガンはイイ味の役者さんでいつも、いかりや長介さんを思い出してしまいす。
話自体は2時間ドラマくらいのスケールだけど、名優の無駄遣い感は嫌いじゃない(笑)どんなオチになるんだろうって思ったけどとりあえずハッピーエンドでよかった。★3
美術品を愛するが故に、盗もうとするじーちゃんたちのクライムコメディ。オチがなかなか良かったです。
美術館の老警備員がお気に入りの絵画を盗もうと奮闘するクライムコメディ。おじいちゃん3人組がおろおろわたわたする様が可愛くて微笑ましい。ユルいコメディを堪能しました。普通。
学芸員課程をとってる身としてはいかん、と思いつつも、すごく気持ち分かるwww 面白かった!
3人の計画はゆるゆるだけど、美術館の警備もゆるゆるよね。ラストはもう一捻り欲しかった。
タイトルから想像する内容とはだいぶ違う。キャストはモーガン・フリーマンとクリストファー・ウォーケンとウィリアム・H・メイシーと豪華。3人は美術館の警備員役。2人はそれぞれひとつの絵が大のお気に入りで、もう1人はひとつの彫像がお気に入りだったが、ある日、美術館がそれらの絵と彫像を他国の美術館に移すことを決定した。初老の警備員たちは驚き悲しみ、ある作戦を思い付く…。もっといいタイトル付けられなかったの? 原題は『The Maiden Heist』。その直訳でよかったのに。
なんだか成功の仕方が腑に落ちないけど…。おじいちゃん3人が頑張りました!
名優たちを惜しげなく使ったザ・B級映画。REDを思わせるロゴにこの出演者の写真でいかにもクライムサスペンスの匂いを漂わせてるけど、ただのジャケット詐欺。(クライムサスペンス)コメディです。何たってメインの3人が可愛すぎる。ドタバタ泥棒大作戦なんだけどツメが甘いから当たり前のように上手くいかなくてわたわたするおじさんたちがほんとお茶目で可愛い。名優の演技を気楽な気分で楽しめる、暇なときに見るには持ってこいな映画。孤独な少女の絵画と奥さんを重ねるオチも好き。「ザ・バッド」っていうセンスのない邦題だけは残念。
芸術をこよなく愛する、純粋でお茶目な可愛い男達の物語
「悪人不在の泥棒喜劇?!」などとコピーが打たれてそうな映画です。90分という長さもまたいいですよね。でも毎度のことながら、邦題はいただけませんね(やっつけ仕事?)。
《テレビ視聴》キャストが気になって鑑賞。美術館の警備員たちが、長年愛してきた作品の移転を知り、各々のお気に入りを盗もうと大奮闘。某レッドドラゴンが、1番大変だっただろうなぁ。半分は自業自得ぽいけどね(笑)。
大好きな作品のために奮闘するオジサンたちが何だか可愛らしい。チャールズが描いた贋『少女』見たときは吹いた~。なんとかまとまってメデタシメデタシで面白かった。そして邦題は間違ってる!(笑)
シリアスな映画かと思いきや、コメディだったのね。最後作戦が成功して良かったね。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ザ・バッドを観たいと思ったみんな最新10件(10)

02/04:正山小種
04/26:m_masa
02/28:キタル
01/21:saki
01/20:半兵衛
01/10:ゆみんぐ

ザ・バッドを観た人はこんな映画も観ています


ザ・バッドの評価:79% レビュー数:54
ログイン 新規登録