猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

猿の惑星:創世記〔初回生産限定〕の感想・レビュー・登録(1595)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
「創世記」しか観てないのだけれど、続きあるんだよな。シーザーと対立しそうな猿がいる。
4回くらい観てるけどBSにて再鑑賞。人間に対する怒り。観てるこっちも行き場のない怒りを覚える。実際襲われたくないけど猿たちが大量に迫ってくるシーンは圧巻。やっちまえ!って思う。三部作目も楽しみだなー
Rise of the Planet of the Apes(2011)録画→BD所持。何度観ても胸が痛む。全て人間の身勝手。「シーザー うち ここ」
旧猿の惑星シリーズとは異なる、猿の知能の発達と人間との訣別を描く。認知症を治療するための新薬を投与されたチンパンジーの仔が、知能を向上させ、他の猿に新薬を投与して、仲間としていく。新しい遊び場を見たときのシーザーの表情がいい。
上手く作られていると思います。シリーズとは別に楽しめました。
まあそらそうなるわな、と。人間側から見れば恐ろしい話だけど、猿側からしたら自由を手に入れるための闘いなわけで。しかしこんな恐ろしいこともないなあ。そして実際にこういうことが将来起こり得る気がしてまた恐い。
テレビ放映。あの衝撃的な1作目が実現し得る時代になってきたなぁと
主人公とシーザーの絆を押し出しているから感情移入して見やすくなっている。リアルな猿たちに、時代は進化したなあ、としみじみ。
リブートにいい感じに成功した作品。動物が人間と対等ということは人間にとっては恐ろしいこと。結局、主人公はシーザーのことをペットとしてしか見えていなかったのではないか。シーザーもそのことに気づいたのだろう。とりあえずマルフォイ、君はまたそんな役なんだ笑。
前半はアルツハイマーの新薬がらみで「アルジャーノンに花束を」的な展開。後半はようやく猿の知性が発達してきて面白くなったが、登場人物のうち人間がイヤな奴ばかりでうんざり。そりゃ、猿でも人間嫌いになるわけだわなあ。
誰もかれも根源的に悪なわけではないのだが、ちょっと思いやりが足らなさすぎるよね、ウィルしかり全員。賢いはずなのに、シーザーの変化を楽観的に考えすぎている。さっさと迎えに来いよ!あと、知らなかったとはいえ研究員死んでるし、橋の上で大乱闘になってるし、もうちょっと責任感じてもいいんじゃとラスト思った。そうかちょっと腹立つ顔してんなと思ったら旧スパイダーマンの友達の人でしたか・・・。
★★★☆☆3,5チャールトン・ヘストンの『猿の惑星』は素晴らしかった。この猿の惑星はCGの力が存分に発揮された現代の別物の作品。これはこれで面白かった。酷い人間ばかり登場するので、猿たちを応援しちゃう。ラストがイキで思わずクスリと。
猿の惑星は名作ではあるものの、わたしの年代ではやはり乗り切れないというかなるほどねというか、その程度の感想しか持てずにいたのですが、今回のリブートは今っぽい設定を丁寧に重ねながらも、子供が大人になる親離れの物語としても読めるシンプルさを持っていて切ない仕上がりで良いですね。最初の方のシーザーの小さい時がすごく可愛いのでそのままでいさせてあげたいけど、そういう訳にはいかないんだもんね…
益々CGってあんまり使わない方が良いんじゃ?論者に傾いてしまった。確かに凄い技術なんだけど、やはり違和感がある。「2001年~」の特殊メイクの猿の方が感心させられた。「マッドマックス」、「ロードオブザリング」、「パシフィックリム」いずれも大好きな作品だが、共通するのは実写でやれるところできるだけ実写の方が良いという信念である。叛乱を起こすまで正直長すぎて、間延びしているように感じてしまった。三部作で終えるとしたら、果たしてどんなオチにするのか?初代に繋がるエンドか、「最後の~」の方にするのかな?。
ブライトアイズ。新薬。ウイルス。抗体。免疫。アルツハイマー。知性向上。ルーカスタワーで満点。リスクマネジメント。動物への尊敬の欠如。人間の傲慢さ。猿社会の統制力。シーザーの統率力。ゴールデンゲートブリッジの攻防。感染パイロットの行き先は、もちろんNY。「ブルータス、おまえもか?」という台詞はどこかで採用されたりするのかな?笑 『猿の惑星』の主演女優がみんなかわいいのがきちんと継承されてます。『ライジング』へ続く。
マルフォイがサルに殺られてた... 主人公どっかで見たことあると思ってたらスパイダーマンに出てた人か(納得) シーザーにある程度は感情移入できても、やっぱサルは好きじゃないんだよなあ...^^;
モーションキャプチャーって凄いな。アンディ・サーキスも凄い。だけど、やっぱり下手に知能があると、虚しくなると思う。人間のエゴに振り回されるシーザーが一番の被害者です。
レジェンドの名作と評価が定まっている作品に挑戦する心意気に敬意を表します。そして、期待以上の出来でしたよ。このまま、次作も拝見します。
シーザーがカッコいい。そしてCGすごい。続編も楽しみ。
内容もテンポも良く一気に見てしまった。 最後の展開が予想外でした。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

猿の惑星:創世記〔初回生産限定〕を観たいと思ったみんな最新10件(108)

12/28:Andromeda
11/26:かっちー
07/27:toshi
06/16:キーボウ
05/16:たいさ
02/05:くろすけ
11/28:m_masa
09/30:ラーラ
09/26:Hiroshi
09/01:実之

猿の惑星:創世記〔初回生産限定〕を観た人はこんな映画も観ています


猿の惑星:創世記〔初回生産限定〕の評価:60% レビュー数:481
ログイン 新規登録