イディオッツ [DVD]

イディオッツの感想・レビュー・登録(135)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
再度みてみると、なんとも虚しい気持ちに襲われました
なんともいえない映画…モキュメンタリーなのかしらこの映画は。なんだか暗いような悲しいようなこれはこれでいいような、特に考えさせられることのない映画でした。いろんな人がいるなぁって。
気になっていた映画です。はじめ、ん?ドキュメンタリー?と思いましたが違ったようです。皆納得のいかない現実があって、その現実逃避のためにこんなことをしているんだろうなと思った。なんだか悲しい。しかし自分の家族がこういう方たちの仲間入りをしたらどうすればいいのか…とか、身近に似たような例もあり、心苦しい気持ちになった。うーん。別に見なくても良かったかな。
saw
@DVD レンタル ★3 ・ジャケットのイメージとは違う内容だった。 ・障がい者のふりなんて、何が面白いんだろうか・・・。 ・通常じゃないもの、予測不能のものに対する怖さに近いんだと思うんだけど、正直なところ嫌悪感はある。 ・自分をやめたくなる時もあるけど、放棄したからって救われるって訳ではないと思うんだけどね。 ・全裸で車を追っかける主人公は本気でアホじゃないかと思う。
★5 地元のレンタルショップを探し回ってもなくやっとネットで借りることが出来た!題材が難しく評価が悪いのは承知の上、本当に見たかった作品。手持ちカメラが写り込むシーンやマイクが写り込む映画なんてありえない!期待を遥かに上回って物凄い内容が強烈で目を離せなかった。人にオススメなんて絶対出来ない。障害者を演じる意味も理解に苦しむ。けどここまで作っちゃった監督が面白くて仕方がない!本当に趣味が悪いが本当に見れて良かった!
人間の「愚かさ」の本質に迫った作品。健常者が障害者の振りをして生活をする偽障害者施設での充実した生活を描く。でも実は人間の暗い所を描きまくってて、思わず勘弁してくれ~と叫びたくなる超鬱映画だったり…。多分途中挿入されるインタビュー風のシーンは、彼女を偲んでいるという演出で、おそらくこの後主人公のカレンは自殺したと思うんだけど、この作品の「愚かさ」って、キチガイの振りをするみんなじゃなくて、本当はキチガイになりきれなかったカレンのことなんじゃないかな、とか。同じアホなら踊らにゃ~
☆6 障害者のフリをしてリア充する映画。クソッタレ!!!一見リア充のようだけど、みんな普段の生活に問題を抱えていて、逃げ場としてあの家があったのだとわかるラスト。なにかと心がザワザワする変な映画…。自分が怒ってるのか呆れてるのか悲しんでるのかよくわからないし、それ以外の感情な気もする…。
現実を見ないフリ。の究極。
リア充映画糞食らえと思っていたが、乱交パーティ後から段々と気持ちよくなっていった。
撮り方が独特で何が起きてるか理解できない 途中で止めた
言葉をなくす。自分の世界を歪められたような気になる。ラースフォントリアー作品はダメージがでかい。
★3,5 ラース・フォン・トリアー 監督作品。各俳優達が演じる障害者役は、なんとも名演技! 事実?と思わせる手持ちカメラは、ドキュメンタリータッチで、迫力を感じる。
リアルすぎて、映画ではなく何処ぞの誰かさんの日常を覗き見しているようでした。実際俳優さんたちの台詞がほとんど即興だから生々しい。切なくなりました。
★5 地元のレンタルショップを探し回ってもなくやっとネットで借りることが出来た!題材が難しく評価が悪いのは承知の上、本当に見たかった作品。手持ちカメラが写り込むシーンやマイクが写り込む映画なんてありえない!期待を遥かに上回って物凄い内容が強烈で目を離せなかった。人にオススメなんて絶対出来ない。障害者を演じる意味も理解に苦しむ。けどここまで作っちゃった監督が面白くて仕方がない!本当に趣味が悪いが本当に見れて良かった!
この映画は無名の俳優のアドリブを長回しで撮っており、妙なリアリティがある。障害者のふりなのは分かっていても、嫌悪や同情以前に「意識」せずにはいられなかった。それこそ差別しているということなのだろう。その心境は家を買いに来た女性のシーンで如実に表れている。更に凄いのが、本物のダウン症の人たちが登場した場面。上の手法が浮き彫りにしたのが、障害者のふりをしていた彼らの素の表情。障碍者のふりをして世間の欺瞞を嘲笑っていた彼らが、冷水を浴びせられた瞬間である。ここで彼らの限界が見え、結末に向かっていく。
「ファスビンダー映画のようなアンサンブルを目指した。できなかったけどね」
撮影は手持ちカメラで、俳優の演技もほとんど即興。なんかドキュメンタリーみたいだな、と思った。即興でしかでないような俳優達の正直な言動や、トリアーらしいメランコニーな雰囲気がとても観ていて心地よかった。 一言で言うと、カオス。
気持ちのいい毒をもられたような気分になります。
よく分からないのに見入った。カレンにとっての愚かって何か考えるととても悲しいなあと思った。見たあとなぜか爽やかというか優しい気分になったのは、愚かなものを監督がきちんと見つめているからかなー・・・違う気もする。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

イディオッツを観たいと思ったみんな最新10件(129)

02/18:matsu1014
11/24:るゔぃす
06/10:a_k
03/28:shoi
02/02:kbtysk
01/24:そしゃ
01/15:もち
01/07:あとべぇ
12/14:さや

イディオッツを観た人はこんな映画も観ています


イディオッツの評価:52% レビュー数:35
ログイン 新規登録