ゲゲゲの女房 [DVD]

ゲゲゲの女房 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
鈴木卓爾
出演者
吹石一恵/宮藤官九郎
上映時間
119分
amazon.co.jp で詳細を見る

ゲゲゲの女房の感想・レビュー・登録(232)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★★AmazonPrimeVideo。
こんな前衛的な作りでウケるハズもないのだがそれはそれとして凄い。この位滅茶苦茶でもいいのが映画である。時代考証を度外視したロングショット、距離と移動と筋道立った存在性をテッテ的に排した撮り方、画面より先に音声がやってくる描写、路地を歩く吹石一恵が構図=逆構図の中でいきなり墓場の中に捉えられるような著しいズレと、自由気ままに世界を異化してみせている。暗い部屋を蝋燭に照らさせる為(ついでその蝋燭を妖怪に吹き消させる為)に陽光がある種のマクガフィンの如くいきなり暗くなるのには参った。
二階の炊事場で空の米櫃などを発見して茫然としているところに、同居人の村上淳が現れ、「誰⁉︎」という言葉を飲み込んで凝視する吹石一恵の目ヂカラがあまりに漫画的で、思わず笑う。その吹石が「背中を流してくれ」とクドカンに言われてグレーの靴下を脱いで風呂場に向かうシーンがなまめかしい(本当は深夜に帯を拾う吹石のシーンがこれに続くらしいのだが放送版ではカット。相変わらずテレビ局はつまらぬ仕事をしているな)。板の間でグーンと身体を伸ばすラストシーンも良く(婚期を逃すほどの長身だったという布枝夫人である)、単なる貧乏漫
これは嫁いだ翌日にゲゲゲって言うわ←  昔の女性は逞しいな~私はすぐ鬱になりそう←←
昭和の苦しい時代で仕方がないかもしれないが、明るさが皆無。NHKのドラマじゃないんだから、左腕の扱いはもう少し上手くできても良いのでは?と手抜きさを思った。
2時間かけて貧乏をみる。下手にモデルとなった人々のその後を知っていることが災いして「貧乏時代を淡々と描写して、最終的にどうしたいの」と奇妙に思ったりもする。そんな雑念のなかクドカンという人は、自分の持って生まれた容姿の使い方を本当に心得ている人なんだなあと感心する。
キネマ麹町【TOKYO MX】(録画15/12.23)
中村屋のチキンカレーが食べたい。
★★★ TV放送で
初)TVドラマ版と随分趣が違うゲゲゲの女房でした。高層住宅とか写り込んでいましたが、時代的には無いよね…と随分雑な作りだなぁ~が感想です。自分は(ノ-_-)ノ~┻━┻松下女房の方が良いですね…
淡々としていて山場も面白味もなかった。この時代にはないでっかいマンション映してる意図もわからなかった。原作を読めば充分かな。
ドラマのほうが面白いような。
水木しげる氏追悼番組。「貧乏では死なない」「お腹がすくから怒らない」朝ドラで聞いてたセリフなのにしばらく忘れてしまってました。平和ボケって怖い。年収が低すぎて脱税容疑がかかる辺りはやはり笑える。当然、当人達には笑いごとではないですが。同じ方向を向いて、同じ風景を見る。ある意味、究極の夫婦関係。戦後すぐの家財道具が興味深かった。
貧乏でも死なない。パンの耳や腐りかけの果実に雑草を食べ、ジャケットから革靴まで質屋に入れる生活。それでも信念を曲げずに、人が時代が何と言おうが妖怪を描き続けてきた水木しげるを支えてきた妻の布枝。ドラマ版より怪しげで淡々とした空気。夫婦も映画版の方が良い。向井理より宮藤官九郎の屁の方が絶対臭いし面白いし、言葉数少ない中でもきちんと信念を感じ取れた。自分を信じてる姿が非常にかっこよかった。昭和の風景を今の風景に落とし込むのは製作者の狙いらしいが、手抜きの建前に感じた。左腕をつかんで一緒に歩くシーンがよかった。
水木しげる氏追悼。ドラマはドラマで面白かったが、こちらの水木夫妻も面白く。
鬼太郎作者と奥さんの物語ってのを忘れそうになるほどふ、普通だ。その普通さ加減が特に面白さにつながらなかった残念な作品
2010・日【ビ】[再]原作既読。日本を代表する漫画家、水木しげるを支えてきた布枝婦人の自伝を映画化。夫の茂は自分の好きな漫画しか描かず、稼ぐ気がない。一方、妻の布枝は毎日お金の心配をしている。二人の結婚生活は最初から辛いが、ラストシーンで二人が同じ方向を向いて同じものを目撃する。日々の生活を重ねてきた夫婦にしか共有できない景色なのだろうと、感動した。恋愛の最終型は「わかり合うことを求めなくてもいい」関係のような気がする。布枝婦人は「ドラマよりも映画の方に感情移入した」と、仰っているのを何かで読んだ。
明らかに大人気だった連ドラとは違うテイストゆえに、比較しての野暮なツッコミは無粋…大作の様な完全な昭和時代の作り込みはあえてしておらず、豪華なキャストと洗練されたカラーな見応えはないが、原版漫画の様な質感を出してるのは本作。 そんな本作の見所は、ゲゲゲ的怪しい遊び心な演出を随所に仕掛け、緩やかな流れながらも、最後まで飽きさせない様に仕上げてある巧みさ…極貧生活時代しか描いてはいないが、これはこれでいいと思う。 うん、俳優の宮藤官九郎が実にハマっている...★4
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ゲゲゲの女房を観たいと思ったみんな最新10件(27)

03/15:m_masa
01/30:
01/01:
12/18:Andromeda
10/27:ainohi3tsu
06/09:kbtysk
04/12:asagi
01/05:mii
07/05:マイ

ゲゲゲの女房を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5656登録

ゲゲゲの女房の評価:81% レビュー数:94
ログイン 新規登録