最後の忠臣蔵 [DVD]

最後の忠臣蔵 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
杉田成道
出演者
役所広司
佐藤浩市
桜庭ななみ
上映時間
133分
amazon.co.jp で詳細を見る

最後の忠臣蔵の感想・レビュー・登録(317)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
忠臣蔵外伝となる本作、あの討ち入り直前に大石内蔵助から特命を受けた、討ち入りをしなかった二人の侍の苦労と苦悩を描いた濃密なドラマ・・・斬り合いが見所ではないながらも、一級品の余韻が実にいい。 そう、生き証人として命を受けた侍と、ある者を守り抜くための命を受けた侍が交差する話だが、重点は後者に置かれ、ラストは賛否であろう・・・が、武士の志を理解して嫁いだ武士の娘ゆえ、いずれは納得するだろうし、そういう時代があっての現在を噛み締めるべし。 そして、人形浄瑠璃「曽根崎心中」を挟む演出が効いている。
役所広司と佐藤浩市。面白くない訳が無い。それよりも秀逸だと思ったのは、桜庭ななみの気高さかなぁ~。素敵な誤算でしたよ。ただ切腹だけは、わかっちゃいたけど目を背ける。
大石内蔵助の命を受けて討ち入り後、其々の役目を果たす為に生き残った男二人の歩んだ道のお話。語り継ぐものは全てを見て知って生きなければならないのがツライですね…。死ぬ事が美学ともされた時代に死が許されない。
最後の可音とのことを思い出してるところで号泣。武士道は理解できないからただただ悲しかった 役所広司の演技が凄すぎて圧巻。 でもやっぱり悲しいよー( ;∀;)
赤穂浪士として名誉の死を果たせなかった二人の男が、忠義を貫き私心を捨て、自らに課された使命を全うするべく生き抜いた過酷な人生を紐解く...
想像以上に良かった。 全く予備知識なく見たため、なぜ主人公が討入り当日に消えたのか?なぜ主人公が娘を育てているのか?など気になり先へ先へと見てしまった。 とても、静かな作品でありながら心に残るシーンが多数あった。 橋のシーンで、佐藤浩市が役所広司に呼びかけて去って行くまでと橋の下で何ともやるせない表情をする役所広司の顔には心が痛んだ。
これも一つの滅びの美学である。と、思う。正直、このような形で忠義を尽くしても、大石は喜んだであろうか。孫佐を想うが由に嫁いだのに、あれじゃ可音は一生悔いるだろうな。討ち入りしても死ねず、これからも残された浪士を助ける寺坂だって、相当な苦労をしているはず。武士は勝手だ。だから愚かで、悲しく、そして美しい。
耐える役所広司がエエねぇ~♪ 佐藤浩市が橋の上で吠えるシーンも良かった! 女性陣も良かったよね!桜庭みなみの我侭っぷりも良かったし、安田成美の最後の晩餐のシーンもよかった(^o^)丿 いい時代劇でしたよm(u_u)m
武士道って厳しくて残酷で美しい。大石の遺児が商家に輿入れするとき、浅野家の遺臣たちが次々と現れて行列に加わっていくシーンでは涙が溢れて画面が見えなくなった。素晴らしい物語だ。本当に素晴らしい。
絶対忠誠。主君に対しては何の迷いもなく忠誠を誓う。なんて浅はかな事だろうと思ってしまいます。確かに客観的には美しいし筋も通った人生なのだろうけれど、私には武士道というものは一生理解出来ない気がしました。どんなに、かっこ悪くても生きることで周りを幸せに出来るのなら自分の信念を曲げてでも周りの人の為に生き続けるべきです。可音も夕も悲しませてまで死ぬ必要があったのか、甚だ疑問でした。キリスト教では自殺は大きな罪となりますが、日本にもそういった教えが浸透していたなら多くの命が救われたのだろうに。唯々号泣しました。
映画館:忠臣蔵は何度も映像化されているので ここいらで 最後の とついたものをまとめとして観たかった。ちょうどいい。 あの時代の考え方は辛いな 死ななければならないのだもの 自分で・・。今は 腹を切る と言っても口だけだから ましかな。
孫左、武士ですね。 浄瑠璃が邪魔。聞いてて苛々した。
80点 立ち合いのシーン無しに武士の魂を描かれていて圧倒される。映像も出演者の演技も絶品。ただ悲し過ぎるエンディングには唖然としてしまうが・・・・。濃厚な2時間が堪能出来た。
忠臣蔵だし、役所さん・佐藤さんだし。過度の期待もなく、ながら見してたが“これでもかっ!”演出に、目が離せなくなり、さめざめと泣いた。足蹴にされたまま誰にも悟られることなく、嫁入りもたった二人きりの淋しいものでも、最期をとげず誘惑に身を任せても…きっと納得できた。十分な生き方だった。が、エンタメとして至れり尽くせり、そこまでやる?的な流れに。でもそこは忠臣蔵だから、やり過ぎでも、まっ、いっかぁ…と思えた。美しい武士をみる、気持ち良すぎる定型感動作。
死を以って義を尽くす武士道精神が生理的に苦手なので、題材となった「忠臣蔵」のエピソードに対して感情移入はできなかった。役所広司の表情の中に生きること・死ぬこと・愛することの全てが詰まっていて、その鬼気迫る演技には感銘を受けた。挿入される人形浄瑠璃は意味深ではあるが、本質的にはミスリード。桜庭ななみの可憐さがこの映画最大の華である。
★★★うるうる。ラストはやっぱり、そうなってまうのね(泣)可音(かね)って、昔でもこんなキレイな名前あるんだねぇ。うちのおばあちゃんは平仮名で『かね』やったぞ。
どっちみち史実でないのなら、最後、切腹せんで欲しかった。 切腹シーンは見るのが辛かった。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

最後の忠臣蔵を観たいと思ったみんな最新10件(48)

12/16:みずき
10/11:昭雄
09/25:tadanori
04/04:いちろく
02/19:Manponpin
02/05:walt
04/27:薫風
04/24:ちろりん
02/02:元気

最後の忠臣蔵を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5696登録

最後の忠臣蔵の評価:69% レビュー数:110
ログイン 新規登録