冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]

冷たい雨に撃て、約束の銃弾をの感想・レビュー・登録(335)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
前半は良かった。
香港のドンパチ映画は、もしかしたら初めてかも…(なかなか見ないジャンルなんで) ひねりがきいているというか、良くできた映画だと思います! 最後までドキドキしちゃいました…
AのせいでBをする、という因果関係からAを消去して、心理とアクションを切り離す。そうすることで抽象的な“何か”が右から左へと受け渡されていく。依頼ものの鉄板である。普通はコステロを殺すと思うのだが、ここで記憶喪失ネタを使うことでより本質的になっている。三人組が死んだところで終われば綺麗だが、思いついたらやってしまうよな、コステロに熱を移すよね。その歪さこそを愛したい、と思わせるのがジョニー・トーの荒唐無稽。
☆☆☆三部作の3つ目と知らず見てしまい、凄い勿体無いことしたなー。前半凄い格好いいんですが、後半ちょっと乗り切れず何転がしていらっしゃる??ってなりましたwお爺ちゃんの目が悲しくて、すごく良かった。ちゃんと1作目からみたいなー。
アンソニー・ウォンが三度目のクワイ役を演じる訳で、基本路線は前作『エグザイル/絆』を意識した様な展開…特に前半は殺し屋達の痺れる描写が随所にあって、完璧に近いジョニー・トー・ワールドを披露。 大胆な接吻から始まり、料理を楽しみつつ銃で親交を深め、銃弾で自転車を走らせたりと、ニヤニヤするしかない。 後半は少し外国のマーケットを意識したか、ラストの生き残りには違和感もあったが、アジアン的スピリチュアルな演出とブレない遊び心に乾杯。 ジョニー・アリディ…またもや激渋でした...★4.5
ジョニー・トーノワールのエッセンスがギュッと凝縮された様な作品。でもお馴染みの面子が退場してからは記憶喪失ネタの消化の悪さもあってちょっと蛇足感…タンブルウィードよろしくどでかいキューブがゴロゴロ転がってくる決闘シーンがすげぇ好き。
ノワール系らしく、渋い哀愁漂うような映画なのかと思ったら、結構トンデモな映画でびっくりした。結局主人公は、記憶障害だったのか?敵役もアレだし。ただ、月夜の銃撃戦やゴミの塊をゴロゴロ転がして戦うシーンはユニークで面白かった。味方達のキャラクターも悪くないが、作風をとんでもに振っちゃうか、シリアスに振るかで振り切っている方がより良かったような。月夜の所はもっとイメージ的な演出にして、銃撃の光が細雨のスクリーンに映るだけで戦闘を表現するとか、記憶のネタをもっと発展させるとかしてくれたら好きになれたかもだが。
ストーリーはともかく、香港ノワール初見の身としては楽しめました。 内容に関しては映像美(特に色調)とカッコイイ男たちが全てです。 銃撃戦の血煙なんかはもはや様式美の域かと。 とにかく、かっけえええええええええええええええええええ!って感じでした
これ何かどっかで見たことある感じだなぁと思いながら結局最後まで見てしまった。依頼者の記憶がなくなってくってのはなかなか面白いな。おいおいどうすんだよ、みたいなドキドキ感が絶妙だったしアクションもメリハリ利いてていい感じだった。もう一度見たくなる作品ではないけど。
舞台は主にマカオだけど、久々に香港映画を観たという充実感。観る者を楽しませようという気概が感じられます。
血煙でつい笑ってしまう。それくらい軽いノリで見れるノワール。つかもうノワ~ルってかんじ。いつかタラみたいなアクションコメディ作ったらいいと思うんだよな~。
★★★3人の戦い部分で終わり、でも良かったと思うけれど。敵の下っ端たちが着ている黒いレインコートのようなゴミ袋のようなものが、気になって仕方がなくて。不気味というよりは、笑えてしまった。
別に復讐するときに雨降ってなくね?この邦題の意味は一体…。高里椎奈あたりが考えたのか?ご丁寧に上着着せて「お前の上着だ」はちょっと笑ってしまった。着る方も着る方だ。 まあ、全体的にカッケー映画。マカオでの決戦は三人組のPVかと思った。メメント的要素はあるけどあんま重要でない感じではある。結局娘さんは死んだの?
「復讐するか忘れるか、選べるとしたらどちらを選ぶと思う?」このセリフが僕的に熱かった。記憶喪失ネタをもう少しうまく扱うことが出来たんじゃないかなーとは思うけど渋い男たちの美学には魅力された。いとこの所での自転車射的での友情感は超いいね。
☆☆☆ 序盤は良かった
「向こうは忘れても俺は約束をしたから」クワイのこのセリフで上がった様なものなので、3人が闘うシーンで終わりで良かったと思います。フランスと合作プロジェクトで、且つ主役の人が大スターらしいのでその辺のしがらみか?と思ってしまう程、コステロの最後の闘いは蛇足だなぁと感じてしまいました。カッコよさは相変わらず最高です。
やってることは大袈裟なのにいまいち真剣に見えない。キャラがふざけてるのかな記憶喪失ネタとか、すぐ親分を裏切る子分とか上下関係保てなさそうな絆。カッコつけてるけどカッコつかない感じ
男たちの絆・記憶が消えていくなかでの復讐の意義という、如何にも粋で受けそうな話と配給側の見せ方と、映画内の不思議なカット割りと中盤以降『メメント』直撃してからの話の壊れっぷりと、この落差と脱臼具合がすさまじい。淀長さんなら「血飛沫が華のようにパァッと広がるのがもうキレくってキレくって」と褒めそうなスタートなのに、気が付けば家電とゴミプレス萌え映画になるこの不思議w。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

冷たい雨に撃て、約束の銃弾をを観たいと思ったみんな最新10件(94)

04/06:hanehiroko
01/23:ぼぼこふ
07/20:emiko
05/24:daiyuuki
01/30:あおぞら
12/10:早瀬

冷たい雨に撃て、約束の銃弾をを観た人はこんな映画も観ています


冷たい雨に撃て、約束の銃弾をの評価:60% レビュー数:100
ログイン 新規登録