ザ・ウォーカー [Blu-ray]

ザ・ウォーカーの感想・レビュー・登録(57)

最新の20件表示中[もっと見る]
意味の分からない映画であった。なぜ本(聖書)にこだわるのか?皆が何を目的にしているのか?それから、イーライは殺されたと思ったら生きていて、何故とどめをささなかったのかと共に何故最後は死んだのか?意味が分からん。言えることはイーライの格闘はスッキリしたし、やはりゲイリー・オールドマンは悪役の方が良いかな。今回のはレオンほどではなかったけどね。あともう一つ言えば、ゲイリー・オールドマンは暴走していた部下に殺されるかと思いましたけど。
SF映画の棚に置かれているSF?と思う作品の一つ。イーライがアクション映画ばりに活躍するが、事態がよくある勧善懲悪の終わり方では終わらない。主人公が運んでいるとある本に記されているように、ある意味寓意的なラストなのかも。そう考えると、文明的生活を追い求めるがゆえに人を蹴落としていくカーネギー一味と放浪者でありながら高潔であろうとする主人公は対比なのだろうか? 物語の結末は予想の範疇を超えないけれども、世界観や設定は自分好み。デンゼルはかっこいいし。聖書の中身を知っていれば内容にもっと薫陶をうけるのだろう
06/30
まあマッドマックスで北斗な世紀末物だが、「本」の存在が寓話的な面白みを与えている。老夫婦のシーンも定番の「お菓子の家」みたいな。ラストの街ならともかく、前半の無頼者の街ではどうやって電気を確保してたんだろう。やっぱり地下で奴隷たちがぐるぐる回って(略) 流石に30年も歩いてたらとっくに海にたどり着いてないか?
起こる出来事、物語はかなり単純。一方で、滅亡後の街並み、一人で歩き続けるイーライ、信仰を語るイーライとそれを聴くソラーラなどなど、挙げきれないくらい雰囲気の良い映像たっぷり。それも含めた世界観、全体的な雰囲気が好き。監督は「宗教映画ではない」とは言うが、やはり登場人物の考え方を頭で分かっていても納得しきれない部分がある。曲がりなりにも科学的な物に囲まれた人々が、かつてのように宗教に盲目的に従うのだろうか?あと、最後のソラーラは蛇足なのでは…。目的も見えないし、あれじゃすぐ強盗にやられちゃうよ!
あー、そういうこと?! ラストのタネ証はすっとして良かったね
Tom
05/28
03/13
ひょっとしてゲーム「フォールアウト3」の映画化ですか? ゲームシナリオとしてならOKですが、映画シナリオとしては弱すぎ…。
ムービープラスで鑑賞。 冒頭10分で何かしら、つかみがあるかと思っていたら淡々と進むストーリー。 状況説明が少なく、考えながら観ていると睡魔に襲われます…。 おまけに、ツッコミどころが多すぎて自分はNG映画です。
単なるディストピアなアクションものかと思ったら、結構違うインパクトのある話で面白かった。 謎もどんでん返しも、そういう話じゃないと思ってたからと言うのもあるけど、 それなりに驚きがあったりしてちょっとした高揚感も味わえ満足。 まあ、日本人なんで本当の所は掴めてなかったりもするのですけど。
10/03
序盤がかなり静かなので、集中するまで時間が要るけど、世界観と荒廃した雰囲気はとても好み。最後のオチには「お」と思ったけど、それは途中まであまりあからさまにその伏線を引いてこなかったからかなぁとも思ったり。色調が全体的に暗くて、雰囲気たっぷり。ただやっぱり信仰が身に沁みついていないからか、頭では理解できるけど浸れはしないかも。
04/08
01/31
11/09
初)雰囲気がマッドマツクス風華氏451で面白かった。途中で本の中身は分かるがそれは問題になっていない。画の色調が確実に作品に重厚感を出し、ラストのDワシントンの行動も正に華氏451を彷彿させ、オチも納得で良かった。DワシントンとTウェイツとの掛け合いの間も面白い!!ただ何か突ききっていないこととラストのヒロインには全く力強さを感じず物足りなさを感じた。昔、新世界への布教者って大変だったんだろうなぁ…と思う。
世紀末SFとして楽しんだ。鍵となる「本」の正体とそれにまつわる色々は監督の「これは宗教映画じゃないよ」という発言を素直に受け止めることにする。あくまで knowledge の一つであると。以下余談。主人公が立ち寄る町の混沌具合は確かに大東京帝國のそれに近いものはあったので、降板しなかったらどう撮っていたのかなと妄想した(あの企画自体が頓挫しそうだが)。
07/07
最新の20件表示中[もっと見る]

ザ・ウォーカーを観た人はこんな映画も観ています


ザ・ウォーカーの評価:56% レビュー数:16
ログイン 新規登録