アメリ [Blu-ray]

アメリの感想・レビュー・登録(207)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
映画館で鑑賞中の顔を覗き見ること、ブリュレのカラメルを叩き割ること、豆袋に手をつっこむこと。悲しみのあまり溶けて水しぶきになる。ロマンチックなキスは唇じゃない。
アメリ、やってることはかなりヤバイ人なんだが、色彩、演出の素敵さですべてが可愛く見える。
『陽だまりハウスでマラソンを』という映画に出てくる老人介護をする私偉いというアイデンティティにすがる馬鹿女ヘルパーの部屋に『アメリ』のポスターが貼ってあって、馬鹿女御用達みたいなイメージは日本も海外も変わんないのかと思って観てみた。周りとはちょっと違う不思議ちゃんな頑張れ私、という感じなだけで、ヤサシイセカイはそんなに悪くないなあ……と思ってたらラスト三分がすごい。女性向けのAVだなこれ。男と結ばれてからの三分でアメリの孤独さというか自分の世界だけで生きてるんだなっていうのがすごくわかる。きもい
(01)アメリ・プーランの素晴らしい運命。家に囲われた女の子の恋が成熟するまでを描いただけの映画だが、ブリュレのカラメルを叩き割ったり豆袋に手をつっこんだり、金魚屋家具と対話するといった主観的、妄想的要素が(あざとい)パリの町並みや色彩と絡み合って混沌。誰もが体験するであろう、世界そのものを認識できた、物事の尺度を持っていなかった幼児期を思い出させる作品だった。
最初はどういう話なのか全く掴めなかったけど、観終わってみれば結構ベタだった。アメリが誰かの幸せを望むように、他の誰かも彼女の幸福を願っている。ちょっとだけ優しい世界に浸れる作品。
当時は流行りすぎて逆に観れなかった。そしてやっと観てみました。15年くらいたつのに全然古くない。ストーリーもいい。ちょっとしたきっかけで、人に幸せを届けたアメリ。そして、その後も周りの人たちに幸せを届けていくという…。アメリ、自分自身は? ちょっと、いやだいぶもどかしかった。
人物の表情が豊かでいい。フランスに行きたくなった。
なんど観ても大好き!
いやそんな回りくどいことせんでさっさと話しかけろや!!!コミュ障か!!!と思いつつも、でも自分もガチで好きな人できるとこんなんだわなぁとちょっと反省したり(流石に矢印書いてあっちいけ、こっちいけはやらないけど)配色も音楽もちょっとイラっとするアプローチの仕方も全部可愛いヽ(*´∀`)ノけど自分にはそこまで面白いとは思えませんでした。お洒落な感じは好きだけども…うーん…
ビートルズのHey Judeってまさにアメリのことを歌っているよね。アメリを取り巻く周囲の人間のディティールが細かく、いくつもの人生が語られていて見ごたえがあった。ニノに会えそうで会えない、会えるのに会わないアメリの臆病さが可愛らしかった。アメリを見守る親心とも呼べる近所のおじいさんの愛もまた温かった。物語全体が茶目っ気やユーモアに溢れ、それでいてロマンチック。また観たくなる名作。
この映画独特の雰囲気が好き!
ちょっと前に勧められてた映画。画面の色合いがきれい。アメリが優しい。
いろいろな映画の引用なオマージュが散りばめられているので、もっと映画に詳しくなったらより楽しめるかもしれない。アメリが食料品店の店主の部屋に入っていたずらする場面は『恋する惑星』を彷彿させる。7点
9点。もう何度目かになるが再鑑賞。アメリ含めた登場人物がみな何かしら強烈なコンプレックスを持っているのだが、それをアメリがひとかきまぜする事でどんどん幸せになっていく(一部は大いに不幸せになるがw)描写がただひたすらに楽しく、そのくせ自分は不器用なアメリの恋物語にはついつい共感してしまう。個性的過ぎて行き過ぎなアメリの行動を許せれば、小さな笑いと大きなほっこり感が得られる素晴らしい作品。登場するパリの街並みもことさら印象的。いつかパリに行ったら「ドゥ・ムーラン」に行き、モンマルトルに矢印を書いてみたいw
アメリは、ストーリーだけ追ったらどこにでもある映画になってしまうわけで、それを支えるディティールが兎に角素晴らしいから、これだけの作品になったのだろう、と自分は思う。良作でした。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

アメリを観たいと思ったみんな最新10件(17)

01/24:KS
08/03:綾加奈
06/15:ひさの
06/02:黒猫
04/25:
11/30:変換変
09/22:現実充実
07/13:高須mk2
03/07:へらへら

アメリを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5662登録

アメリの評価:34% レビュー数:35
ログイン 新規登録