マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
片渕須直
出演者
福田麻由子
水沢奈子
森迫永依
本上まなみ
上映時間
98分
amazon.co.jp で詳細を見る

マイマイ新子と千年の魔法の感想・レビュー・登録(383)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
自然。時代背景。方言。子供達の世界。大人の世界。歴史。宇宙。さまざまなものが交錯し、行き交い、美しい物語が進行する。ストーリー構成がゆるく、いつ逸脱するか、いつファンダジーものになってしまうのか、はらはらした。逸脱しそうでしない、現実はしっかりおさえる。そういう手法のおかげで大人も楽しめるのだろう。いい映画でした。
AM
『この世界の片隅に』を鑑賞してから再鑑賞。二回目となると細部まで目が行って、徹底した時代考証がこの作品でも貫かれていることに気付く。
泣きたくなります。 素晴らしい!名作。一人で見たら号泣したかも。 自然の美しさと対照的に、大人たちの世界が汚い。そこで健気に生きる子ども達。 金魚、満天の星、蝶々、蛍があまりに美しい。新子ちゃんの想像の中の平安時代も非常にいい。 この監督大好きになりました。 この世界の片隅に、も観よう。 どなたかがするめ映画といってましたが、まさにそうです。
★★★☆☆(20170715鑑賞)「この世界の片隅に」と通じるところがあって、良かったです。この頃から、この監督はすごいですね!ただ、この内容で、子供が楽しめるかは疑問。新子の想像力に私は共感出来たけど。
「この世界の片隅に」の監督さんということで観賞。空想好きでおせっかいな少女と転校してきた引っ込み思案な少女とが織りなす山口での日常。そんな中、新子たちに、いくつかの事件が起きる。その時のそれぞれの人物の態度が実に気遣いに満ちていて、温かな気持ちになりました。また、新子たちが暮らす町が実に細かく、実にどっしりと描かれていて、それがまたストーリーにピタリとあっていました。よかった。
これは、ものすごく良かった。見ていて幸せな気持ちになる。絵は、リアルなのにとてもきれいだった。音楽も良かった。
『この世界の片隅に』にリニアにもレイヤーとしても連なる作品。監督の表現したいものは一貫している。音楽の良さも共通。これも、物事をレイヤーで見ることと重なっている気がする。
DVDで鑑賞! 「この世界の片隅に」の片渕須直監督の6年前の映画になるのかな? 雰囲気が、なんかそっくりでしたね~ これぞ、片渕ワールドって感じでしょうか? 福田麻由子さんの声も、なかなか良かったです! 若い人よりも、大人になってから楽しめる映画でしたね~ おじさんは、ウルウルきました…(笑) 
シロツメクサの冠は作れそう。もう、草笛の草がどれか解らないけれど。 山口県、周防国衙跡を舞台にしたお話。児童向けとしても少し詰め込みすぎて乱雑だけど、子供に降りかかる現実はいつも急で、懐かしき古き良さに溢れています。過去と現実の背景が土地という事だけなので、過去にもドラマ的な勢いと盛り上がりがしっかり描かれれば良いのかなと思いました。
「このせか」で一世を風靡した片渕素直監督の過去作。「児童映画」を取り戻したくて作ったというだけあって、子供をど~んとお話の中心に据えて、子供目線と子供なりの価値観で大人たちを含めた世の中を斬る、そんな映画でした。お話の舞台は昭和30年代の山口県。監督が「このせか」でも見せたち密な調査に基づく舞台背景作りは本作でも変わらない感じ。千年前の光景も枕草子ほかの文献に基づくとのこと。でも、それだけで終わらないところもさすが。なかなかの名作だと思っています。
モノは単なる暗喩でなく、説話はしばしば脱臼し、知識とロジックでは読み解けないよう仕組まれているが構成力は屈強。 突然木刀を揮う警官のように、心理的動機付けが希薄なまま人物が反射によって行動し、エモーションが湧き上がる様がどこか相米慎二を想起させるほど凄まじい。現代(?)と平安時代を時間の連続性を持って繋ぐ壮大でデタラメなカットバックが面白い(海に流れ着いた切り紙は川上から金魚として現れる)。
時間軸の併用や空想の挿入に大袈裟なやってやった感が無い好印象。あくまでも作家性の前に娯楽性の姿勢の良さが窺える内容だ。主人公の新子の物言いが新鮮で面白い。子供たちの無垢で無軌道な世界と大人たちの様々な事情に依る対比も理解出来るだけの説得力がある。アニメーションのレベルの高さめも含め、良く出来た作品だ。
昭和30年、田舎に住む空想好きな女の子の成長物語。小説「マイマイ新子」の劇場アニメ化。原作未読。自分が生まれる前の時代なのに、自分のことのように懐かしく感じる爽やかなノスタルジー。派手さも大きな山場もないけれど、当たり前の日常がたまらなく愛おしい素敵映画でした。普通。
「この世界の片隅に」の監督作品と聞いて手に取った。見なくてよかったかもしんない。すごく苦手な雰囲気。小学校の道徳の教科書ぽい。または創価○会の方が好きそうな映画だなぁと。花とか風景の描き方だけはすごく綺麗だと思った
「この世界の片隅に」の片渕監督と聞いて。昭和30年代の、子供の日常の変化を描く物語、という所か。物語を要約し辛いのは相変わらずだが、人同士が関わりあう中で成長していく要素があると思う。新子の想像をクレヨン画とかで表現するのも上手い。転校生の貴伊子と千年前の諾子(清少納言)を重ね合わせ、貴伊子や想像上の諾子を迎え入れる。それからやがて、千年前と昭和30年が、そして現代が地続きになる。大きな山場がある訳ではないが、大きな欠点がある訳でもない佳作。この10年前を想像できる片渕監督のマイマイが自分もほしい。
土地・道路の一致の中で自由自在に並存された2つの時間を横断する川の流れの運動。あるいは映画の間しょっちゅう、新子が歩きないし走りで誰かの後を付いていって追いかける中に、少なからず運動が必要とされている。後ろを付いてゆくというところで導かれる縦構図と地面も含んだトラックショットは普段アニメでやりたがられないだろう所なので余計印象的。先生と警官の息子のエピソードの帰結は若干小説的なまま残ってる。あと光線の加減がもっと細かければなおよしか。
コメンタリー視聴2(Blu-ray)。
コメンタリー視聴(Blu-ray)。
U-NEXTにて。「この世界の片隅に」関連。一見子ども向けのアニメだが、昔子どもだった大人向けのアニメだと思う。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

マイマイ新子と千年の魔法を観たいと思ったみんな最新10件(60)

04/02:chiba.kt446
03/15:noo
01/27:27
12/29:sekimo
12/27:かっちー
11/21:昼寝子
01/01:Peace
11/12:tokiorhythm
07/31:うじ

マイマイ新子と千年の魔法を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5681登録

マイマイ新子と千年の魔法の評価:57% レビュー数:109
ログイン 新規登録