おとうと <通常版> [DVD]

おとうと <通常版> [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
山田洋次
出演者
吉永小百合
笑福亭鶴瓶
蒼井優
加瀬亮
上映時間
126分
amazon.co.jp で詳細を見る

おとうと <通常版>の感想・レビュー・登録(648)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
どうしようもなく手がかかっても、家族。周りに冷ややかな目を向けられても、ほっときたくても、縁を切りたくても、やっぱり気にかけてしまう。最期まで人のあったかさを感じる物語で良かった。
3回目くらいなんだけれど、毎回鶴瓶さん演じるダメな弟に本気で腹がたってしまうのですごいと思う。
★3 なんだろう?愛すべきところのない大阪の寅さん?
アマゾンプライムにて。5年前に一度観ていたのか。観た記憶がなく楽しめました。こんな弟がいたらしんどい。
中居、半笑い、式ホテル
山田洋次監督です。さすがに安定しています。吉永小百合って人は本当に綺麗ですね。いったい何歳なんだろうか。鶴瓶のおとうとは、寅さんみたいに憎めないという部分が無く、好きになれなかった。けど、これは泣いちゃうよね。
完全に加瀬亮目当てで鑑賞。全く好きなジャンルじゃないのでさらっと観たら泣けて泣けて驚いた。蒼井優ちゃんも可愛い。
2010年公開。GYAOで鑑賞。市川崑監督に捧げられ、幸田文の『おとうと』がベースの作品。『東京家族』にも蒼井優が出演していたが、こちらの方が先だったのか。鶴瓶は、呑んべえで厄介ものの弟役だが、結婚式のスピーチや病が進行した時の窶れた演技が見事だった。エンドクレジットにスマップの中居があるが、何処に出てきたかと思う始末。後の映画『虹の岬の喫茶店』でも吉永・鶴瓶コンビで再共演している。
自分が育てた弟だからお姉ちゃんは最後まで見捨てる事が出来なかったのかな。弟よりも子供に近いのだろうと思った。最後、石田ゆりこさんの「皆がうらやましがりますよ」って台詞に涙した。孤独死について考えてしまった。
2010年の日本映画。吉永小百合さん主演×鶴瓶♪幸田文さん原作は何度も映画化されてるけど現代版として素晴らしかったですね(*・人・*)
いったいどう終わらせるのだろう?と思っていましたがすごくジーンと来る終わり方でした。さすが!
面白かったな!山田監督、がんばってて、すごいな〜。
★★★★☆ 俳優さんたちがみんな素敵な演技
自分の事と思って鑑賞。 鶴瓶さんの出てる映画で一番好きな映画です。
(TV録画) 終末医療のみどりの家に私も入りたいなぁ。市川崑監督の「おとうと」に捧ぐとあった。リボンのとこ、そうだもんね。
不器用で、一般的な事とは巧く馴染めず、生き方が巧くないが、正直でどこか憎めない弟と、そのどうしようもない弟を見捨てる事ができない姉の話。こんな弟がいたら本当に辛いが、心底心配できるお姉ちゃんが素敵。実際に鶴瓶さんは頬が痩せこけていましたね。臨終の場面がやはり心に残りました。お笑いの鶴瓶さんが、見事に役者さんになられていたと思います。
社会にうまく適応できない親類を持つと大変。精神疾患を抱えている家庭も大変。でも、彼らを排除するのではなく、ともに生きていくべきだ。そういう当たり前のことを教えてくれる映画。「(知恵遅れの人を)頭が弱いとかアホだとか、そんなこと言うもんじゃありません」という吉永小百合のセリフが身に沁みた。そうなのだ。知恵遅れの人は好きでそうなったのではない。そういう人も普通の人と一緒に受け入れてあげなくてはならない。ホスピスも出てきてその様子も描かれていて、とても良い映画だった。これを作った山田監督は人として素晴らしい。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

おとうと <通常版>を観たいと思ったみんな最新10件(66)

07/01:chocolatte
07/16:おうと
07/13:m_masa
07/10:HIRO
04/01:hapim
02/25:イトウ
06/01:はる
03/04:AY

おとうと <通常版>を観た人はこんな映画も観ています


おとうと <通常版>の評価:52% レビュー数:170
ログイン 新規登録