コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [DVD]

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディションの感想・レビュー・登録(760)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は、娘たちが小さいとき何度も何度も観ましたよ。雰囲気は、結構そのまんま。形而上な物語の展開。ただ、昔と違って今はCGで何でもありな感じの作りかと。やっぱりホラーですね。元々、童話の世界っていうのは魔女が出てきたりホラーですからそんなもんですね。コララインちゃんは、造形が凄くジャパニーズガール的で、そこらへんは入りやすいかと。しかし、今やオッサンが一人で観ても面白くはないですね(笑)
コララインは引っ越してきたばかり。仕事のことで手いっぱいの両親、奇妙な隣人、不気味な家、うんざりしていると、彼女は隠されていた小さな扉を見つける。その扉を潜ると、現実とはまったく逆の素晴らしい世界が広がっていた。ずっとここにいていいと別世界のママは言う。ただし、目をボタンに変えるなら。という話。不気味で奇妙な世界観は、ストップモーションアニメ界ではもはや伝統芸ともいえるが、このファンタジー色の強い感じは特に好みかも。展開も最後にひとひねりあるし、なにより黒猫が男前すぎてビビった。
ライカ第三弾。映像と世界観だけ取り上げてみれば確かに魅力的なんだけど、やっぱ他のアニメ会社作品と比べるとどうも子供向けに収まりすぎてる感じで何だかすごくもったいないのな。カルト的な存在で居続けるのもそれはそれでありだと思うけど。手間暇かかった手作り感は見てるだけで楽しい
面白かったー。ナイトメアっぽい世界観。
久しぶりに観たけど、猫かっこいいよね。話せるから話すし、どっちの世界でも俺は俺だし。助けてくれるし。惚れる。
ひねた性格のあらわれか、コララインの口が曲がっているのが、理屈ではわかっていても感性では受け入れられない。ひっこしてきた家で鍵のかかっていた小さな扉を見つけ、その先に目がボタンになっている両親や隣人がいる世界を見つける。初めはこの世界を気に入るが、自分の目をボタンにされそうになって、恐ろしい魔女が作った世界だと知る。魔女の世界が灰色になって、崩れて行くシーンが印象に残った。
ナイトメア・ビフォアー・クリスマスのようなホラーな雰囲気で恐ろしげだけど、ヒロインのコララインが物おじしない勇敢な女の子でそこが観ていて好きでした。怖がりの子供でもコララインに感情移入して観ると思うので楽しんで観れるのではないかな?返却時間に押されて睡魔と戦いながら鑑賞したのがもったいない無かった・・・(チャンネル権が無いので)
魔女の世界の崩壊して行くところ。すき。導入部分の人形作りのところ、すごく不気味で良い。ネズミのサーカスは圧巻。何回でも楽しめる。
Huluで OPからすげ~!見たことある雰囲気だと思ったら…てかんじ ファンタジーだなー 後半はドキドキするシーンの連続で楽しかった!
DVD欲しい!!と思うくらいすごく良かった。このアニメの感じ、思い当たるふしがあるなぁと思ったら、やっぱりナイトメア・ビフォアのヘンリー・セリック監督でした。なんとも素晴らしい世界を創造しちゃう方です。原作の児童文学も読んでみたいです。
ちょっと怖くて不気味な世界観に 引き込まれた作品! 大人でも楽しめる~!!
Y
世界観が良かったです。素晴らしいストップモーション
久々の当たり映画。素敵ーな不思議ファンタジー世界!3Dだったんですね!映画館で観たかったなあ…。映像が本当に素晴らしくてオシャレ。ワクワクしながら鑑賞してしまいました。自分、あんな世界に行けるなら目をボタンにしてもいいやとか思ってたらそうですよねー。あまり目立たせない静かな音楽も素敵。吹き替えで観ましたが、まさか劇団ひとりとは。
オープニングの人形の質感が一番すばらしくワクワクした。撮影の労力は想像するだけで気が遠くなるが、ストップモーションアニメは廃れないでほしい。この人形の質感とスムーズだがカクカクした動きがたまらない。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『コープスブライド』をまた観返したくなった。英語で鑑賞したので内容は大まかにしか掴めてないが、まあ子どもの王道冒険物で特に変わったところはなかったような。魔女はなぜ子供を集めてるのか?なぜボタン?とりあえず映像を楽しむ映画。 4
ストップモーションということを忘れてしまうカメラワーク。 途中からのめり込んでしまって、ストップモーションだということを忘れてしまったくらい。 作った人たち、すみません 魔女と猫が敵対してたり、オープニングの意味とか、ストーリーに読み取れてない部分が多そう。 また見たい。
初めてみたけどストップモーション映画にはまりそう。端から端まで完全に人間が作った世界である所が不思議な魅力を生み出している。内容は親に構われなかった子供が見そうな夢だなと思いつつ浄化されるような映画、全体を通して広がっている不気味さとマッチしている。
どんだけ金かかってんだこの映画は…最高に美しかった。
uwa
世界観と映像美にただただ感激。子供の頃に観ていたら確実にトラウマを生んだと思う。
初回は劇場で3D。眼球が痛くて痛くてメガネを外して休むことが多く、美しさに感激しながらも内容は細切れ。今回やっと観直せた。でも内容よりやはり視覚的な喜び。なんて美しいんだ。
ものすごく不気味でものすごく面白かった。完成度高い。吹き替えで観たけど字幕でも観たい。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(87)

01/31:voo
01/16:あおぞら
09/23:AR
09/13:加藤久和
07/28:うじ
06/07:にょむ
03/23:
03/09:タマノ
02/17:ヒラハラ

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディションを観た人はこんな映画も観ています


コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディションの評価:52% レビュー数:196
ログイン 新規登録