借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
米林宏昌
出演者
上映時間
94分
amazon.co.jp で詳細を見る

借りぐらしのアリエッティの感想・レビュー・登録(4844)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
小人の話なのに冒険じゃなくて絶滅の危機とか異種間の恋とか難しい方へ行くのね… 翔くんはプロローグで喋ってたから手術成功したんだね。良かった。^ - ^ それにしても全然関係ないけど翔って名前で心疾患があって…あのキャラとリンクするのは私だけじゃないと思いたい…
---
うーん…って思ってしまった。
小人たちの運動が自然(な)現象の中に溶け込むこと。身体が小さいことによる感覚の過剰化。初心者としてのアリエッティと彼女からの主観・視点の表出するような部分(父に続いて重石つきの紐で上昇する場面)。そこらへんの細かい所を観るには再見を要すが、それはともかく借り物自体と、それを返しに出ることの泣けるといったらない。米林宏昌はきっとグリフィスを見ている(願望コミの断定)。
★★★★★
アントマンといいミクロキッズといい、小さい人間が周りの物を上手く使って問題を解決する話好きだな。人種差別などのメタファーになっている所も今観るべき映画だと思う。それにしても家政婦は何であんなに意地悪なのか…。
Fal
まず目立つのは人間と小人たちのサイズの違いだけど、実はアリエッティとショウは他人の労働の上に「借りぐらし」している存在という点で共通であって、階級利害的にはむしろ「ショウ=アリエッティvs.ハルさん」の対立こそが重要なのだということに気付くと、大体のことが説明できる。心臓を病んで、絶滅についての妄想に囚われている少年というのはたぶん日本経済の比喩。制作が始まったのがリーマン・ショックの直前らしいと知ってある意味感心した。
割と酷評みたいなイメージあったけど悪くはなかった。『絶滅する種族なんだ~』のところは??ってなった
評判は良くないみたいですが、私は好きでした。本当は気がついていないだけでこういう世界があるのかもと思うと、ちょっと心がワクワクします。アリエッティと翔の間にはけして深く交わらないだからこそ美しいままの思い出、初恋の切なさを感じました。にしても、ジブリ作品に出てくる食事ってなんでこんなに美味しそうなんだろう。幼い頃家族で囲んだ食卓を彷彿させ、心が暖まる〜。久しぶりに母の手料理が食べたくなりました。
私は好きでした。アリエッティ、可愛い!虫や動物をケージで飼うのも、人間のエゴ、傲慢さのなせるわざなのかな。 ハルさんがかなり醜くて怖いですが、ひたすら環境破壊し動物、虫たちを絶滅に追い込む我々そのものかな。ぞくっとしました。
評価 ★★★★☆ さすがジブリって感じの映像ですね 「日テレ録画」
三回目? 元気が出ます。絵が綺麗で、音楽も好み。ただの小人と人との出逢いのファンタジーと思いきや、種族絶滅の危機や少年の病気――人間の業をちらつかせるように見え、なんだか考えさせられてしまう。 小人も、知恵を振り絞り懸命に生きている。忙しく、自らこそ生産し、それを奪うものを泥棒扱いする人間よりも、身体は小さく生産力も無い小人の姿に、年齢の割には大人びて、どこか厭世的にさえ見える病気の少年に、生きる勇気を与えているのだ。違う宿業を背負う二人の友情――この別れが、アリエッティにどんな意味を与えるだろう?
映像も音楽もすんなり頭に入ってきて、とても綺麗。声優さんも、個人的には全く違和感がありませんでした。ストーリーは、大人目線で観るとどうしても人間の無邪気な残酷さに身をつまされる思いが・・・子どもの頃に観たかったな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

借りぐらしのアリエッティを観たいと思ったみんな最新10件(158)

05/05:REN
11/18:sa
10/17:ちゃこ
10/16:ろく
11/12:tokiorhythm
08/27:Woods
07/22:あきな
04/04:さとみ

借りぐらしのアリエッティを観た人はこんな映画も観ています


借りぐらしのアリエッティの評価:42% レビュー数:1019
ログイン 新規登録