戦慄迷宮 スタンダード・エディション [DVD]

戦慄迷宮 スタンダード・エディション [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
清水崇
出演者
柳楽優弥
蓮佛美沙子
勝地涼
前田愛
水野絵梨奈
上映時間
95分
amazon.co.jp で詳細を見る

戦慄迷宮 スタンダード・エディションの感想・レビュー・登録(171)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
期待していた怖さとは違った。なので期待はずれと言えばそうなんだけれど、それぞれの行動がパズルのように合わさっていくと真実が見えてきて、幽霊の怖さではなく人間の怖さに気付くという、そんな感じ。あの少女は目覚める時がくるのだろうか。それだけが気になる。
正直つまらんかった
ながら見。うーん…だったな。途中飽きてしまった。観終わって、藤原竜也や内山理名が出ていたかまいたちの夜のドラマを思い出した。前田愛の盲目の役は結局目が見えないことに意味はなかったし、途中ずっと目をつむってたのに目が開いてたのはなんだったんだ…。結局姉の復讐…というか呪いだったのか?ユキの母が蜂を育ててたのもよくわからない。あとリアルと妄想が交じるのはいいけどどこがそうだったのだろうなあ。柳楽優弥はかっこよさが今は復活してきてよかったなあ。
2009年。富士急ハイランドのお化け屋敷で行方不明になった少女が10年後、一緒にそこへ入った仲間4人のもとへ帰ってくる。女性を犠牲にするのに躊躇ない映画。少女が大怪我をするきっかけとなった少年や、お化け屋敷へ入ることを仲間に強要した少年だけはなぜか助かる。女性陣は全員死亡か植物人間状態である。Jホラーには「女性の執念」への男性の作り手達の恐怖がこびりついていると思うが、この映画は特に酷い。少年は最後、何故か樹海を見下ろし勇ましげ(あの後ろ姿は気が狂った男の心象風景を表しているのだとすれば話は別だが)。
どう見たって柳楽くんの老け具合が一番怖い
雰囲気ホラー。←よくない意味で。怖いのは、、、実在のお化け屋敷の雰囲気だけで内容はそれほどでもない。もう少し面白くなりそうなんだけどなー?なんでだろう?もっと過去と今が入り乱れて、もっと狂気的で訳わかんなくなった方がじわじわきそう。
富士急のアトラクションのプロモ…じゃなくてモチーフにしたホラー…ホラー?サスペンスぽくしたかったのかな?よく分からんのです。元々3D上映にした為か、必要あるか分からない演出、謎の意味有り気な盲目設定キャラ(結局設定としては生かさず)、前半と後半で言ってる事が違う警察、全員が関連あると思ったらただの巻き添えの友人…で結局犯人は?いろんな解釈が出来る最期とかは悪くは無いのだが、アラが目立ってワクワクしないし、会話のタネにもあんまならない感じなんだよなぁ…
真実が迷宮入り。幽霊、精神病、タイムパラドックス、植物人間(仮)、どれが正解なんでしょう。怖いことは怖かったが、比率は実在のお化け屋敷の雰囲気と壊れたBGMで10割。その他の恐怖演出はギャグになりかけている。うさぎなんかあるだけで怖いのに、案の定腹から出てきて笑った。幽霊の攻撃方法が頭突きというのもツボ。ホラーというか真相を色々と考えさせて戦慄させるミステリーを目指したのだろうか。その意味では楽しめた。が、富士急には脚色しなくても充分怖いアトラクションがある、という映画がホラーとして白旗を振る残念な結果に
Y
想像以上に面白くなくて戦慄
先にラビットホラーを観てしまった。評判がよくないようなので期待しないで観たのですが、結構楽しめました。清水監督って幽霊的な怖さよりも少し壊れてしまった人の怖さというか、なんとも言えない不安感を表現されるなと。。。もう一回ラビットホラー観てみようかな〜
「呪怨」の監督ですね。これもなんとなくイヤーな感じで楽しませてくれます。柳楽ゆうやくんは、もはやかつての美少年の面影はまるで無し。
つまんねぇ.....偉そうな事を言って申し訳ないのですが内容、演技ともにダメダメ×蓮佛美沙子さん目当てで観てみたけれど、ちょっとしか出演していなくて残念だった。
雰囲気はまさにジャパニック•ホラー。でも、3D意図は分かるのですが、清水監督、雰囲気だけの悪い見本のJホラーになっているようで•••。あと、大監督なのに、主役に演技つけてないのかな〜。☆3-
スタッフロールのランニング一丁の男の子のカットの意図について。映画自体は物足りなさが残ったものの、後半の過去と現在入り乱れるあたりは良かった。
由紀の妄念がさせたのであるという理解をさせる描写がありましたが、そのような霊的な現象(的な見せかけ)は一旦脇に置いておきまして、じゃあ実際のリアルな視点から見ると何が起こったのか……ということがしっかりと保証されているのか、というところが気になってしまいがちです。描写の見落としがあったのか、私にはその辺りがすんなりとは理解できませんでした。それとも警察の言は間違っていて本当に霊的な現象で語り尽くすべきものだったのでしょうか……。
何の気なしに見たが、設楽優弥だったのか……数年見ないうちに容姿変わりすぎだろ、戦慄したわ!
富士急で唯一入ったことないと思われるアトラクション(お化け屋敷はもう一生入らないと心に決めてます)夏といえばホラーでしょってノリでみてみました。清水監督だし、キャストも知ってる名前があったので間違えはないと…。。結果、何だこれ。まず脚本が成立してないし、何が何だか意味不。変にセリフに間をとるから飽きてしまった。たまに苦笑さえしてしまった。。とりあえず富士急の戦慄迷宮の怖さだけはわかったので(あんなん無理だ)絶対に入らない!柳楽君が出てると知ってたし思い切り主人公で出てたのに途中まで気づかなかったw変わった
きゃー!わー!みたいなビックリさせるだけのホラーではなく、タイムパラドックス的な過去と現在が入り乱れるストーリーになっていたのは意外だったし良かった。でもオチはいまいちスッキリしないし、特に怖くはない。柳楽優弥の演技が棒すぎてビックリした。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

戦慄迷宮 スタンダード・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(11)

11/10:m_masa
04/04:秀華
01/12:電気羊
09/23:miki
07/23:ばさし
10/05:
03/03:ユーリ
01/25:うに

戦慄迷宮 スタンダード・エディションを観た人はこんな映画も観ています

ミスト [DVD]
ミスト [DVD]

3383登録
エスター [DVD]
エスター [DVD]

2182登録

戦慄迷宮 スタンダード・エディションの評価:74% レビュー数:63
ログイン 新規登録