TAJOMARU 通常版[DVD]

TAJOMARU 通常版[DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
中野裕之
出演者
小栗旬
柴本幸
田中圭
やべきょうすけ
池内博之
上映時間
131分
amazon.co.jp で詳細を見る

TAJOMARU 通常版の感想・レビュー・登録(210)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
綾野剛がまさか田中圭はもちろん、小栗旬さえ凌ぐ俳優になるなんて、この頃は誰も思わなかっただろうな…
一所懸命考えて脚本書いたんだろな。小栗旬て黒目がでかいんだな。松方弘樹の芝居が急にいなせな江戸前になっちゃうのは仕方ないんだな。全編通してなんだかんだ映画作りに熱が感じられるな。今更乍未読の「藪の中」やっと読むぞっと。
★★★☆☆3.0 柴本幸の悪女ぶりがよく似合っていた。予想していた内容と違っていたが、ストーリーは面白かった。ただ、自分には、小栗旬の映画は合わないな…。演技がみんな同じに見える。ショーケンはエンドロールまで判らなかった。
人生を蹂躙された盗賊・多襄丸の物語。芥川龍之介「藪の中」をモチーフにしてるらしいが、あくまでオリジナルストーリーなので別物と捉えるべき。同時期に公開された松山ケンイチの「カムイ外伝」もそうだったが、時代劇らしい重苦しい展開が良い。ポスター詐欺なことに、松方弘樹も仲間になって戦うとかそういうのを想像してたのにちょっと出だったのが残念。松方弘樹の殺陣を2時間観たかったのに…(無茶言うな)。意外にかっこよかったのが田中圭の殺陣で、直衣での斬り合いシーンはすごく映えてた。
松方さんの盗賊役がユーモラスで笑ったなあ。盗賊の子分もトライストーンの常連だけど、今回は綾野剛目当てでした。こういう格好似合うよね。盗賊の衣装もそうですが、美術が頑張ってる感があって、映像もすごく綺麗で嘘っぽさがなかった。こういうロケ地よく探したなあと感心しました。柴本幸さんもすごく綺麗だった。まあ、藪の中をリアルにやろうとするとお白洲シーンをもっと長くすべきなのでしょうけどねえ。これはこれでややこしくなくていいです。
★★★☆☆このての作品は緩急つけてテンポよくいって欲しいなぁ。2時間超えは長い。お白洲のシーンとか長すぎると思うし、中弛み。芥川龍之介の『藪の中』が原作ということは…、黒澤明『羅生門』の真砂(京マチ子)が阿古(柴本幸)ってことなのかな。個人的には小栗旬より田中圭のヒール役が目当てでした。
なんか演出が軽いなぁ。。。感情移入ができなくて重厚感がない。
CEN
ま、こんなもんでしょ。映画自体、原作がどうとかいう問題以前の問題だと思うけど、小栗旬の舞台を映像でっていうコンセプトだけはちょっと伝わるかな。 松方弘樹、萩原健一、近藤正臣、本田博太郎等のベテラン勢のおかげで少しだけ成り立つ場面こそあれ、よくもまぁこんなに全体的に中途半端にできるものだと逆に感心してしましました。 というか松方弘樹のあの姿は、よくも悪くも忘れられん(笑
芥川龍之介の「藪の中」をモチーフに…ということだったけども、藪の中自体が複数主人公の証言寄せ集めで構成されている話だけに、それを1本にまとめる…というかこの脚本書いた人の解釈はこうなのかーって感じかな。しかし松方さんちょい役で使うとか豪華だね;。個人的には田中圭の悪役非道っぷりがイメージ破ったなーと感心した。時代劇としても私は楽しめた。スタッフとキャストの意気込みが感じられた。
(CSで鑑賞)芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊・多襄丸が主人公。原作未読。映画というよりは舞台、私は観劇も小栗旬も好きなのでこの部分は楽しめた。場の存在感が断然違うベテラン勢と奮闘する若手勢という構図かな、と。盗賊4人組は味があってよかったな~(ニッパチなロン毛の綾野剛さん♪)。ただ、話の流れが…なのかな、どこかシャキッとしない印象が残ってそこが残念。映画はやっぱりストーリーが大事だから。
「舞台の小栗旬を映画で」というコンセプト通りの内容。地味だけど重厚な作品で、やりがいのある作品という意味でこれを主演でやれた小栗旬は凄い満足したんじゃないでしょうか?同事務所の俳優も沢山出演しててお金もかかったでしょうし。
演劇っぽいノリでした。パッケージ見てみんなで悪徳将軍をやっつける勧善懲悪ものかと思いきや、松方さんの無駄遣いや、山賊の生かされなさや、柴本さんの心配な分け目の気になるグダグダ物でした。「藪の中」の無駄使いでもあるかなあ。
この解釈もまあ有りといえば有りかなあ、と広い心を持ってみた。
直光はよく言えば純粋、悪く言えば温室育ちで、阿古の方がよっぽど大人だった。旧多襄丸や御所様のあくが強すぎて主役は無味無臭でさらっとしてたのが残念。桜丸と対峙する多襄丸(直光)の目は怒りも何もなかった。小栗君には感情の激しい役は向いてないのかも。桜丸は雅な名前なのに外見が非常に残念で、憎まれ役にはぴったりだったと思います(笑)盗賊の4人が一番好きだった。あと映像として幕の使い方が非常に美しく見惚れました。お白洲や屋敷の家紋の入った幕の使い方がとても綺麗。
旬くんのための映画。すぎててそれなりに面白かったけど、一般にはどうなんだろう
2点。もともと期待のハードルを相当下げていたのに、それをさらに下回るとは...歴史考証などぶっ飛ばすような斬新な見せ方やアクションが繰り広げられるかと思えばさにあらず、驚きのない平凡なストーリーに思いつきで入れたような世界観が乗っかった、中途半端極まりない凡作。多襄丸という名が示すように「藪の中」をモチーフとしているが、多方面から見た視点の食い違いがあっさりし過ぎていて謎解きにもなっていない。小栗旬も相変わらずセリフが軽い上に"俺様演技"しかできないし...彼のファン以外は誰得なのか皆目見当がつかない。
普段あまりこういうミーハーっぽい映画は観る事ないのですがあえて挑戦。スクリーンを通して伝わる萩原健一さんや松方弘樹さんの気迫の凄み。残念ながら小栗さんや他の若手俳優からは肝心の決め所でもそういう気迫が一切伝わってこない。時代劇に洋楽を合わせたかった演出の想いはわからなくもないけれど、この作品では邦楽の方がまだマシだった。恋し相手に心底裏切られたとメソメソ泣く若き多襄丸も良いが、それ程泣いて怒るならもう少し感情移入させてほしかったな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

TAJOMARU 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(23)

11/21:m_masa
10/29:レイ
02/22:いきもの
09/17:ayc
08/28:nitti
08/17:chipu

TAJOMARU 通常版を観た人はこんな映画も観ています


TAJOMARU 通常版の評価:51% レビュー数:54
ログイン 新規登録