火天の城 [DVD]

火天の城 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
田中光敏
出演者
西田敏行
福田沙紀
椎名桔平
大竹しのぶ
上映時間
140分
amazon.co.jp で詳細を見る

火天の城の感想・レビュー・登録(238)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
宮崎駿の『風立ちぬ』みて勉強しなよ。職人という人間がなんたるかを知らない人間が作った職人映画ほど見てられないものはないよ。伝説の安土城を作ったのが職人の知恵や工夫やプライドじゃなくて西田敏行のいつもの泣き落とし顔だったとかそんな歴史劇見たくないよ。
原作を読んでいたので、どうしても物足りなさを感じてしまいました。★★★
CEN
コンセプトは良いと思った。 もとが小説なのは知らなかったし、それが松本清張賞を取っていたことも知らなかったので不覚。 とりあえず、ごく一部を除いた芸人やタレントなんだか役者なんだか分からないがよくわからない輩を役者として使う文化を本当になんとかしてほしいものだけど、とりあえずそれなりには観れたかな。 ま、こんなもんでしょ。
前半の入札シーンや巨木を調達に行くシーンは見所だが、最後の盛り上がりが弱く尻切れトンボ。7点
大変な苦労をして、立派なお城を作りました。というお話。これがすぐに消えてしまう、という無常感が、あるのかなぁ?と思いきや、それはなかった。もう、ひとひねりあってもよかったと思う。
先日録画しといた物を見た。安土城築城のお話なんだけど、何故そこで、忍者のワイアーアクション(笑)それっているの?
つまらなかった。城好きなので観てみたが、誰にも感情移入出来ずに終わった。 ただ昔の重機が無いなかでの城作りって大変だったんだろうなという感想だけが残った。
本作の面白さの如何以前に、これまで数多の物語が紡がれてきた「織田信長」という題材で、新味ある物語はもはや作れないのでは…。というのが頭に浮かんだ。ネタ切れ感が半端ない。
建築は割と好きな私でも、感情移入する場所が見つけづらかった。撮影スケールがハンパなくでかいことだけは解る。田中光敏監督という人はよほど旧作のオマージュが好きなようで、どのシーンにも、どのカットにも既視感を覚えてしまう。特に人の撮り方・背景・構図。本当に念入りで執念深ささえ感じた。いきなりワイヤーアクションが始まったりするトンデモ映画で、他人には薦められない。歴史に忠実なわけでもないので教材にもならない。「お許し下さい~!」ばっかり。なんだこの映画は。大竹しのぶと西田敏行の頭のサイズの違いには少々笑った。
★☆☆☆☆1.5 こういう歳月をかけて苦労して何かを成し遂げるようなストーリーで、大事な人の死をもってくることでドラマ性の"哀"の部分を成り立たせてる流れって、ちょっと冷める。若い二人の恋展開とか…、そこじゃない。城を建てる苦労や失敗や成功を主に観たかった。それが最後だけだし…。あとは、ワイヤー使用のジャンプで本当興ざめ。音声も、病床のシーンで声が小さすぎて聞き取れないと思ったら、鉄砲の音やら爆発音が大きすぎたりでイライラした。
特に面白くはないけど、エンタメ的な要素はいろいろ揃っていると思う。個人的には信長暗殺シーンのワイヤーアクションとCGどうにかならないのかな、と思った。
ショボすぎるCG、悲惨なくらい糞脚本、無意味に大量投入される吉本芸人などの困難な戦いを強いられ、見事糞みたいな映画としてボンヤリ佇む悲運の映画 安土城同様、3年経ったら歴史から消え去る
時に1575年、長篠の戦いで甲斐の武田勢を破った織田信長(椎名桔平)は、翌1576年、その天下統一事業を象徴するかのごとき居城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意した。。。望楼型地上6階地下1階の天守構造。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%9C%9F%E5%9F%8E) このお城を3年で築城する困難さはよく出来ていた。また原作では息子だが映画では娘なのが残念だった(煩かった)安土城消失の映画もあるようなので、(劇場版タイムスクープハンター)チャ
★★★☆☆原作より面白かった
安定の西田敏行。桧を探しに木曽の山を歩き回るシーンが好きだった。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

火天の城を観たいと思ったみんな最新10件(22)

01/24:のんこ
05/03:はせこー
02/06:m_masa
11/15:はまだ
08/03:
12/13:jirolamo
12/22:
02/17:なかむら

火天の城を観た人はこんな映画も観ています


火天の城の評価:70% レビュー数:83
ログイン 新規登録