私がクマにキレた理由 (特別編)〔初回生産限定〕 [DVD]

私がクマにキレた理由 〔初回生産限定〕の感想・レビュー・登録(1293)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ニューヨークのアッパーサイドの主婦はあんな感じなのか。ゴールドマンサックスに就職するとあんな生活が待っているのか。って、そこまでステレオタイプではないにしても、ミドルクラスの生活との差、ナニーがいて、仕事も母親業もしない女性たちが忙しくしているハイクラスな世界。 いろいろと感がさせられる映画でした。
アッパーイストサイドの金持ちの家に住み込みで子守(ナニー)の仕事に就くスカーレット・ヨハンソンの子守日記(THE NANNY DIARIES)。
07米。メアリーポピンズをモチーフに格差社会と上流社会を皮肉ったコメディ。最初の博物館から飛ばしてくる。遊び心があっていちいち面白く、そのくせ切なくて女の子に見てほしい。大学を出ていざと思ってもうまくいかないアニーがリアル。ダークヘアでカジュアルなヨハンソンがキュート。でも功労者はローラ・リニー。くそ女ぶりが素晴らしい。ゴミ男のジアマッティもやな奴度が凄い!ポピンズモチーフを探すのも楽しい。友人役のアリシアが美人過ぎる!
スカヨハ目当てで見たんだけど結構面白かった。セクシー封印してすごくカジュアルな、今となっては珍しいスカヨハ様でした。原題は『The Nanny Diaries』で、なんでこんな邦題なんだろうと思ったけどラストにその理由がわかって納得(笑)
自分とは?を知るために未知の世界へ。始めの人類学を専攻するヒロインが現実にいる人物を展示物として観ている映像から興味をそそられる。最終的に自分が何だか分かり、丸く収まっていくあたりシンプルではあるけどとてもすっきりするシナリオ。もう一度見たくなる、人に薦めたくなる映画。
★★★☆☆タイトルが秀逸!スカヨハがナイスバディ過ぎて、カジュアルな服が似合わない。結構面白かったです。
BS録画。うまい邦題。クリス・エヴァンスが出てきて嬉しかった。面白かった。
博物館のジオラマの演出がすごく好き。邦題の意味はラストまで観ると分かる。
冬休み映画ウィーク第三弾(。・ω・)ノ゙ 途中まで観てから、あれ?これ観たことあるぞと気付きましたw(歳か...)自分は何者なんだろう?と思い悩む主人公に共感。グレイヤーがだんだん心開いていくのが可愛い!セレブマダムたちをこてんぱんにのすラストも良くて、とてもすっきりできる映画です。
fkr
@TV 面白い。奥さんはナニーに、ナニーはクマを、そして奥さんとアニーには手紙に間接的役割をさせて画面を持続させる。X家の避暑地にてグレイヤーにいつまでもいっしょにいられない旨を話した際に、グレイヤーが顔を左から右へ動かし、ばっちり焚き火の灯りが顔に当たる。
ある種の典型的な人が、ある種の典型的な人たちに揉まれて、ある種の典型的な扉を開くお話です。そんな物語には、もちろんある種の典型的なおもしろさがあります。このことを意識してか、作品全体は「自然史博物館のいち展示作品」なのだ、というメタなユーモアがあしらわれています。展示品は、99%の現代米国人が嫌うパークアヴェニュー?のハイソなスノッブという部族、およびその周辺の人たち…。ところで、珍しく邦題がナイスですよね。
イマイチだなぁと思いながら観ていたが、観終わってみると不思議と、なかなか良かったぞと思えた。パーティーやらスパやら、はたまた仕事を理由に忙しいアピールして、人にはとやかく文句を言う金はあるが良心はない人達を、もっと凹ませて欲しかった。
主人公の自分探しと心の成長をメインにしつつ、セレブの家庭を強烈に風刺して見せる本作。 どっち付かずな感は無きにしもあらずだが、ナイスな邦題が意味するクライマックスは、特別な事は語ってないが、ちょっとウルッと来たりして…それに比べるとラストはあっさりし過ぎな感はあるが、女性にオススメしたくなる余韻。 セクシーさを封印してのスカーレット・ヨハンソンのコメディエンヌぶり…全然悪くないです...★4
nz
笑えるし観やすい映画だったなあ~!最後のキレてるところも良かったし、最後も良かった!少しホロリときてしまった!また観たいかも
ダサい邦題だなと思っていたが、最後まで見るとなるほど納得。うまいつけ方だと思った。主人公が何を得たのかはよくわからないが、セレブの思考、生活環境、孤独と悲哀なんかを観察するのは面白い。クリス出てると思わなかったのでにやけたキャップー!!と衝撃&爆笑。うまくいって良かった。残された少年が心配でもあるがたぶん大丈夫だろう。最近スーパーウーマンばっかりみていたので、いろんな服を着る普通の女の子な等身大のヨハンソンを楽しんだ。可愛い。彼女は何を着てても可愛い。
とても後味のいい映画でした。人類学の観察みたいな構成にしたのも変わっていて、最後に関係してきたし、なかなか楽しめた。
あのイラつきを最後にもっとガンとやってほしかった。 でも、あの母親が最後はちゃんと母親の顔になってるのが良かった。 スカーレットヨハンソンってこんなブスだっけ?っていう感じだった。笑
作品にはあまり期待せずにスカーレットヨハンソン観たさに観たところ、かなりよかった。映画の時間もちょうど観やすい長さで、なおかつゴシップガールにはまっていたことも相まって、ゴシップガールの主人公ではない逆側の視点をみることができてよかったかなと。
意外と良かった。未知の世界に飛び込むことで見えてくる本当の自分。就活で"自分について"をうまく答えられず、将来に疑問を感じ、思い悩んでいたアニー。彼女にとって想定外で、散々だったナニー(子守)の経験も、決して無駄ではなかったと前向きになれるラスト。自分もこれくらいの世代の時のことを思うと、とても共感できた。クマにキレた理由もよーくわかるのでスッキリ(笑)庶民派なスカーレット・ヨハンソンもキュートでいい感じ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

私がクマにキレた理由 〔初回生産限定〕を観たいと思ったみんな最新10件(151)

09/21:xai2480
09/10:MDK
01/20:aki6666
09/17:nutaki
09/06:Shoko Ochi
03/14:きょう
02/16:言音
01/19:chii
12/30:
12/11:ぼぼこふ

私がクマにキレた理由 〔初回生産限定〕を観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4831登録

私がクマにキレた理由 〔初回生産限定〕の評価:53% レビュー数:340
ログイン 新規登録