チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ナ・ホンジン
出演者
キム・ユンソク
ハ・ジョンウ
ソ・ヨンヒ
上映時間
125分
amazon.co.jp で詳細を見る

チェイサー ディレクターズ・エディションの感想・レビュー・登録(586)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★★★☆ 今年見た映画マイベスト10入り間違いなし。
人生ベストオブ暴力映画更新しちゃったかもこれ。元刑事で現デリヘル業の主人公、ノミやトンカチといった痛そうな道具で犯すシリアルキラー、無能で愚鈍な警官といったクズ共の中で被害を喰らわされる女子供という大変メンタルに効く内容。シーンもとにかく全力で走る、蹴る、ゴルフクラブで殴り飛ばすとフィジカル成分非常に多めであり、心身共にキリキリするのに引き込まれてしまう魅力。お店のおばちゃんすら暴力性を孕んでしまう終盤の展開が衝撃過ぎて、最後の方ずっとぷるぷる震えてた。事件も警官の駄目っぷりも実話ベースと聞いて更に戦慄。
2008年。うわぁ…………。元警官、今はしょぼいデリヘルのゲス社長が、消えた嬢たちの行方を追って外道の連続殺人犯にぶち当たったことで繰り広げられる地獄のスリラー。ギャグや温かい場面もいくつかあるが、こちらの期待も予想も裏切る先の読めぬ物語がそれを蹂躙していく。そこに躊躇も慈悲もない手触りの暴力がぶち込まれ、全てがミソクソの鍋に落ちていくのを観ているしかないつらさといったらないのだが、えらく立派にテンポよく撮られてるのでグイグイ観てしまう。撮影や演出で「遊んで」いないのにこれだけの求心力、すごい。すごい!
2回目鑑賞。 初めて観た時は韓国の残酷サスペンスとその非情な結末が新鮮でおおおー!となったが、 今回はそこのところより主人公の弱い者への情と犯人への執念に気持ちが入った。
警察が無能すぎるんですけどいつの時代ですかこれ…警察がもう少し有能だったらおもしろかったろうに。のみと金槌っていう凶器の効率の悪さとかアクアリウムの中身はポイント高いですね。
主人公ジュンホの初登場シーンでは軽薄でいやらしそうな顔つきが不快に感じられたが、次第に切迫した表情になり事態にのめり込んでいく様子がクールな感じでいい。荒唐無稽な面はあるけどキム・ユンソクのパワーが画面から飛び出して伝わってくるようだった。日本映画なら「不謹慎だ」という批判を恐れて表現を自主規制するところを韓国映画は平然と乗り越えてくる。
『新宿スワン』を本気で撮るとこうなる←違。本気で痛そうな場面ばっかりでイテテテテ。しかしヒロインよ、いたぶられる役が好きなのか『ビーデビル』に続きここでも悲惨な目に合う役。共に女を搾取する男ども二人の激突までが少々長いかも。流石に魅せるけど
面白かったけど「どこかで観たような」という既視感を覚えた。ところどころ笑いどころがあるのが意外だった。犯行シーンは痛そう過ぎて目を背けそうになった。
今までで一番ドキドキした韓国映画。ラストの民家での攻防とか心拍数急上昇で心臓痛くなったわ。
「哀しき獣」の後で鑑賞。今作でも武器がノミとかトンカチとか本当に痛いんだけれども・・・それはさておき、物語の早い段階であっさりと犯人が捕まります。しかし警察が無能過ぎて釈放され犯人やりたい放題。元警官でありながら現在は風俗店経営者のゴミ(被害者の風俗嬢とその娘にそう呼ばれている)が後半めちゃカッコ良く戦ってくれます。でも救いのなさは「哀しき獣」以上だと思います。
★★☆☆☆韓国映画は初めて。ユ・ヨンチョルという実在の殺人鬼がモチーフとのこと。数十年前の日本を彷彿とさせる昭和チックな店や風景や映像。とにかく全編、陰湿で暗く汚い。警察官も捜査もずさんでいい加減、元刑事の風俗元締めに落ちぶれた主人公が活躍するが、この男が常に怒鳴り散らし殴りかかり武器を振り回し誰かを追い駆けていて、忙しなくあまり魅力を感じなかった。韓国語が早口で怒り口調なので尚更。作品としては雑でグロく最後の救いもなく、何より犯人の心理描写が粗い。テンポ良く引き込まれるのは確か。世間では高評価の作品だ。
じっとりした感じは、いいですね もぅ一度は、見たくないけど 良い作品!
MG
2015年に見た映画ベスト1です。韓国は先進国であることが分かる先進的な映画です、社会の問題は一番特異な形態で社会事件となって現れます。
BSにて字幕版再観賞。
他の韓国映画に比べると少し見劣りするかな……
シリアルキラー本人の自白があるのに追い詰めることが出来ない情けない警察。クズながらデリヘル嬢を救うためにシリアルキラーに迫る元刑事。韓国のこういったハードボイルドでジメッとした質感の作品は本当に上手い。犯罪の陰湿さもあるが、映像的にも土砂降りの雨や血塗れの暗いシーンが多い。暗い中でもデリヘル嬢の娘が一筋の灯りであり希望のような存在だった。
監督のインタビューに「実際にあった事件での警察の対応にムカついて映画を撮ろうと思った、その怒りの部分を主人公の怒りとして表現した」と話していたけど十分警察の無能ぶりには観ててイライラさせられましたよ。色々と気になる点はあれど全体的に熱量が高くて最後までハラハラして観られた。このテンションを維持できるのはすごい。主人公は最後めちゃくちゃカッコいいけど「そういやこいつ映画の冒頭クズだったよな…」と思い出し冷める
「アジョシ」が最高だったので、本作もチェックしたのだが…。「アジョシ」で良かった所が全部なかったような。タイプが違う作品とはいえ、犯人のキャラ付けで壁一杯に絵が描かれているとか正直ありがちの枠を超えていない。卑近で下種な悪党なら「冷たい~」のデンデンさんの方が遥かに良い感じやし。アクションもあまりフレッシュといえず、後味の悪さも「殺人の追憶」などのズーンと胸に響くような味わいも感じられず。それにしても、あの女の子は誰に襲われたんだ?。ハリウッドでリメイクするらしいが、ベーコン辺りが主役の方がいいのでは。
ハ・ジョンウが犯人役とは。逆かと思ってた。頭にノミって容赦無いねー。坂道全力疾走後の殴り合いとか韓国の俳優は大変だ。歩きながらの頭をしばくのとか日常の暴力がさりげないね。キム・ユンソクもハ・ジョンウもまだ若いし。まさかこんなとこでもブリーフ姿を拝めるとは。何故トランクスじゃ駄目なんだろう?
韓国警察はいつみてもイラつく。殺人の追憶よりはマシ、と思えるのは、彼女のムスメの存在かな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

チェイサー ディレクターズ・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(112)

06/02:i
05/13:ガーコ
04/25:jaco
04/05:ayanagi_kira
03/18:gstc
02/20:かめ
01/31:かおる
11/15:おうと
10/24:karri
05/04:Tonc02

チェイサー ディレクターズ・エディションを観た人はこんな映画も観ています


チェイサー ディレクターズ・エディションの評価:65% レビュー数:190
ログイン 新規登録