ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版の感想・レビュー・登録(150)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ほんとに奇跡のコラボレーションだな。スコセッシがどんなふうにライブ映画を撮ったのかという興味で観始めたのだけれど、途中からは普通にライブを楽しんでしまった。
冒頭とEDでやたらとアピールしているスコセッシ監督、いちファンの視点とあまり変わらなくて楽しい。ライブにインタビューを挟んだドキュメンタリー風なんだけど、とにかくキースのコメントが冴えまくってる。「ギターはどっちが上手?」という質問にロンが「当然僕だよ」と末っ子的なキラキラ瞳で応えるのに苦笑しつつ、「2人とも下手だが、一緒だと最強だ」なんて返す辺りホント最高。下手すると大阪のおばちゃん感あるルックスなのになんであんなにかっこいいんだろう。相変わらずミックはくねくねしていてチャーリーは渋さが溢れていた。
スコセッシがはしゃいだり、計算したり、まあ初々しいこと。まあ上擦っても仕方ないよね。ストーンズといえば、大御所すぎて後乗りするのはこっぱずかしいだろうけど、未体験の人はここから入ってみてください、てな作品。前に出たがるスコセッシが時に鼻につくが、まあ問答無用にカッコいい。「最高のフロントマン」と言われるミックのパフォーマンスをご覧あれ。ライヴならではのサウンドもたまらんし、ゲストも豪華。ご贔屓のチャーリーのキュートな面も見られて満足。(160704)
あの巨匠スコセッシ監督がストーンズの2006年11月のN.Y. でのライブを撮る…と言っても、大作の様な演出は必要なく、躍動する4人の距離感を大切にカメラに収めまくり、まさに光を当てるだけに徹し、輝かせてくれてSATISFACTION。 個人的にツボだったのは、初期の名バラード♪As Tears Go Byだったりする。 ジャック・ホワイトやクリスティーナ・アギレラらとコラボもナイスだったが…ファン以上にライブを楽しんでいる4人の余裕の姿がたまらない...★4
スコセッシがストーンズのライブを撮ったドキュメンタリー映画。ストーンズは特別好きでもないが、ジジイになっても所狭しとステージ上を踊りまわるミックや、ヘロヘロなのに味があるキースとロニーのギター、ジャックホワイトやバディガイ、クリスティーナアギレラら豪華なゲストと、見所が多い。とくにバディガイがギターもボーカルも激渋で圧巻。ブラウンシュガー〜サティスファクションで盛り上げて閉めるラストも爽快。できれば黒く塗れも演ってほしかった…。
ミックの声はよく聞くと変わってしまってるよね。なんつーか、声がじじい。石坂浩二の二つの「犬神家」を見た時も声がじじいだと思ったけど、同じ感想を持った。 ミックのプロポーション維持はたいしたもんですよ。でも、声は…
気分を盛り上げるために再鑑賞。かぁっこええ〜。
こういうライブ映画では最高峰のできなんじゃないか。どうやったらストーンズのメンバーが一番かっこよくみえるのか考えられてる感じ。伝記映画にありがちな武勇伝や他のミュージシャンからの賞賛コメントなどもほとんどなくて、ただストーンズのかっこよさに浸れた。あとミックはなんでこんなに動けるんだよ
2006年秋のビーコン・シアターでのコンサートをマーティン・スコセッシが収録したドキュメンタリー的なコンサート映画。ライヴの合間に舞台裏やら若かりし頃のメンバーの姿が映るが、やっぱりこの映画の最大の醍醐味はやっぱりストーンズのパフォーマンス。みんながみんな後期高齢者と言える年齢でありながらこのパワフルさ!人類史上最強のロックバンドだと改めて実感した。歌や演奏はお世辞にもうまいとは言えないが、とにかくストーンズにしか出せない味がある。ジャック・ホワイトやバディ・ガイ、クリスティーナ・アギレラとの共演も最高!
年齢を感じさせないミック・ジャガーのカッコよさ。
スコセッシの音楽好きは年期ものだ。『ラストワルツ』の時には驚かされた。そういえば、PV『バッド』の監督もやっていたんだ。ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映像はまだ観てないのではやめに観よう。
めちゃめちゃイカしたライヴだった〜!ストーンズは老いても尚、悪ガキセクシーなロケンローだ!ただジャックホワイト(←好き)との共演は微妙だったなぁ…。ジャックがただの素人に見えてしまってた(苦笑)
kai
★★★★★ ROCKの映画、数あれど、コレは凄い。! 60過ぎてもROCK!、かっこよすぎる。彼らに退化はない。成長しかない。モンスター!。もう一度日本に来ないかな。映画のように少し小さめな会場でやったら、大興奮だろうな。
★★★+ 特にストーンズのファンじゃないけれど、マーチン・スコセッシがライブ・ドキュメントを撮るとどうなるか?興味が湧いて鑑賞。たぶんスコセッシの得意技の?クレーンが大活躍するカメラワークは、ミック・ジャガーの動きを追いまくり、ライブ感溢れる映像になっている。それにしても、ミックはあの歳でよくあれほど動けるなと。見ている方が息切れしそうだ。 キースは相変わらずひとりでフリースタイル(笑)今さらサティスファクションのイントロリフとちるか?(笑)でもこの映画のおかげで、ストーンズが前より好きになれた気がする
★★★★ ミック・ジャガーが格好良すぎる。これで還暦超えているなんて・・・。途中に入る過去のインタビュー・TVの映像も良い。
BSで。数あるストーンズのフィルムの中で、これを選ばなければならない積極的な理由はない。でもこれを選んでもカッコイイストーンズを見ることはできる。
ミックわけぇー。キース一筋やったけどミックじーさんの体力と動きに震えた!もちろんキースはすてき!
ストーンズかっこいー!スコセッシはいらん。もっと荒く撮ったら面白そう。ジム・ジャームッシュとかギャロが撮ったら面白そう。
ローリング・ストーンズの面々みたいに元気に歳とりたい。笑 クリスティーナ・アギレラも良かったけど、バディ・ガイとの共演が一番良かったな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版を観たいと思ったみんな最新10件(22)

12/06:潤子
08/02:_
05/18:kbtysk
01/10:古山一彦
08/08:7ce

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版を観た人はこんな映画も観ています


ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版の評価:55% レビュー数:41
ログイン 新規登録