ラーメンガール [DVD]

ラーメンガール [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ロバート・アラン・アッカーマン
出演者
西田 敏行
ブリタニー・マーフィー
上映時間
102分
amazon.co.jp で詳細を見る

ラーメンガールの感想・レビュー・登録(162)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
イントロからあっさり過ぎる失恋で、苦笑しつつも・・・ついつい最後までスルスル見れちまった、ツボを押さえた面白さはあった。 まぁ、当然、いろいろとツッコミ所満載だが・・・最大の問題点はラーメンが美味しく見えなかった点だろう。 伊丹十三監督の『たんぽぽ』にオマージュを捧げた描写がちらほらあっただけに、美味しく見えるこだわりはして欲しかった。 ブリタニー・マーフィーは、明るい"ロスト・イン・トランスレーション"な熱演が良かったし・・・西田敏行はやはり西田敏行でした。
ハリウッドだけれど日本人スピリットがよく描かれていたように思う。ラーメン食べたくなった。
ヒロインかわいい。海外で日本を舞台にすると、日本の様子と人の様子がおかしくなる笑。
一回で良いから魂の味というものを味わってみたい。調味料としての魂の実在を感じたい。実際にその存在を知らないことには最早メンタルでしかない。こわい。混ぜ方がちょっと違っただけでしょ?としか思えない。飲食店で調理する身なら便器は手袋くらいして磨いてほしい。
西田敏行の演技やっぱり大好きです。話としては特に感動も心動かされることもなくボーッと観る感じでした。新しい恋人の部屋のインテリアが真っ赤な着物やお雛様とか謎‥。観ていてラーメン食べたくなるかと思ったら全然でした。
主演のブリタニーと共演の前田健が既に亡くなっているのを知って観るととても切ない。ブリタニーはとてもキュートだし、日本人の俳優たちもベテランばかり。でもストーリーや面白さでいうと日本映画の「たんぽぽ」には敵わないですねぇ。全然…。浅い。娯楽として観るには良し。やっぱりラーメンと人情を描くなら邦画でしょう。
恋人を追って日本に来たものの重いと捨てられた時に食べたラーメンに感動し、頑固親父の小さなラーメン店に弟子入りするというお話。客は美味しそうにラーメンを食べているのだけれど、映されるラーメンはちっとも美味しそうではないし、流派の師匠が弟子の試験で試食するのも綺麗な食べ方でなくおいしそうにもみえない。グルメ漫画で見るような食べ物自体を魅力的に映すことがないので、全体的に伸びたラーメンという印象。ヒロインの悲しみに影響される味というのもおかしな感じ。ヒロインと厳しい店主の絆も表現としてイマイチでした。BS日テレ
頑固親父の元で言葉が通じないのに頑張る主人公がよかったね。西田敏行との通じない会話で何度も笑ったし。山崎努のラーメンの食べ方が気になった(笑)B.マーフィーってこんなに可愛かったんだね〜。
【日本語と英語】アメリカ映画だけを放映するチャンネルで、ラーメンガール?何じゃそれ。と思って見だしたら西田さんいるし。ほとんど日本語だったから気軽に見れた。悪くなかったよ。
いっこうに日本語を覚えようとしない傲慢外国人の数カ月ラーメン留学、というのが率直な感想。物語の端々に本当にヒロインを汚す気はないという配慮に満ちた上滑りの映画だった。逆を言えば海外ではラーメンの理解はこの程度ってことだろうから海外でラーメン屋出したらいい商売になるっていう証拠だと思う。西田敏行は非常によかった。というよりこいつがいなかったら直視できなかった。
うん、そんなに悪くない珍作として。ラーメン作れるようになりたいって言いながらなかなか日本語を覚える気がないヒロインとか意味不明だけどブリちゃん一応がんばってる
外国人監督による頑固一徹なラーメン映画。首尾一貫して「言葉の壁」が立ちはだかるところが素晴らしい。情け容赦ない。つまりほぼ最後まで主人公と日本人はすれ違い続けるのだが、ラーメン修行と日本の慣習への慣れを通じて言葉を超えたコミュニケーションが成立してくる。だからって感動が深いわけでもなく、主人公の成長を見守るタイプの映画だというのが正しいかもしれない。山崎努が登場するなど『タンポポ』へのオマージュも楽しい。
CEN
良い。「ラーメンはいわば1つの宇宙だ。」ブリタニー・マーフィーの良い感じな世間知らず具合や、西田敏行のThe 頑固職人感。それを横で支える余貴美子に、ここぞで出てくる石橋蓮司と山崎努。とてもハリウッド映画とは思えないくらい邦画感。その辺の邦画よりよっっっぽど面白い。まぁもちろん突っ込みどこはありまくりだけど、そもそもB級映画にそんなケチはつけません。キュートで、ユーモラスで、ハッピーなとても良い映画でした。しかし西田敏行はやはり素晴らしい!!!ブリタニーにはもう会えんのか~
キャストだけで観たわけで。終末に向けてのまとめ感でうっかりいい作品だった風の印象になるが、忘れちゃいかん。タイトルからしてB級映画だ!内容的には予想通りなんだけど、いかんせんあの日本の描き方のだささはどうにかならないものか。エキストラやファッション、ちょっとしたクラブの店内など、もう少しお金をかけてほしいというか。前半はとにかくそんな面ばかりに目がいってしまった…すいません。
ひかりTVで、たまたま見つけたんだけど、良かったなあ!西田さんはとにかくすごい役者さんなんだけど、西田さんらしさが特によく出た役だった。
最後まで聞き取れない主人公とそれをののしる店主というのが面白い。なかなか最後まで言葉の壁がとれないというのも、日本のエキゾチックさが醸し出されているのだろうが、日本人から見ても、西田さんの味が出てるし、外国人の謎すぎるポジティブさ、タフさが出てて面白いのではないか。日本語おぼえようよ、、なんだけど、言葉じゃないぶつかり合いみたいなのが出ててよかったかな。
タイトルがタイトルなので、あまり期待せずに観たら意外によかった。でも、最後のシーンで出てくるラーメンのスープに違和感(笑)
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ラーメンガールを観たいと思ったみんな最新10件(17)

12/17:電気羊
08/18:lity
04/16:桧桶
08/24:qp
04/30:代理
03/20:kyameme
08/28:sarlie

ラーメンガールを観た人はこんな映画も観ています


ラーメンガールの評価:75% レビュー数:61
ログイン 新規登録