サブウェイ・パニック [DVD]

サブウェイ・パニックの感想・レビュー・登録(151)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
これのリメイク版は先に鑑賞していたが内容を忘れてしまっている。昔ながらの良い味わいを感じる作品。地下鉄ジャック犯と、地下鉄公安警察の心理戦。製作当時の時代を反映しているのか、おかしな日本人が出てきたり)実際向こうにはそう見えていたのだろうが…)、字幕の言葉遣いが未だと物議を呼びそうなものだったりするが、全てを最後に持っていく。あの締め方は、思わず拍手をしたくなるものだった。お大事に!
面白かった!!! 乗客が意外と落ち着いてるからかパニック感はないがその分公安側のわちゃわちゃが緊張を呼ぶ。キモいグレイがハゲだったのが嬉しかった。ラストカットのガーバーが最高
★★★ 犯人よりも有事に狂い騒ぐ一般客の方がこわかった。
ごくシンプルな地下鉄ジャックもの。帽子、メガネ、付け髭の犯人グループの顔と行動がどいつもこいつもミョーにムカついてきて(しかも揃いも揃って内容の無い奴ら)、犯人に感情移入するイケナイ傾向がある僕もさすがに「はよ失敗せえ」と野次ってしまった。今観て特別面白がるようなモノでもないだろうし、時の洗礼というやつに呑み込まれた作品に思える。ただ、クシャミであのラストカットに持っていったのはクソ笑った。いいなあの貌は。
CSにて。映像や音楽に時代を感じますね。変わったクシャミの方はお気をつけて。そしてお大事に。
がんばれベアーズで飲んだくれてたおっさんがこんなに格好いいとは・・・ 信頼できる男 噂のラストシーンは、噂通りのビックリ度。おっさんの顔芸にワラタ。他の映画でも引用されていそう。 1967年の「ある戦慄」って映画にも登場した「ずっと寝てる乗客」っていつ登場したんだろう・・・
★★★面白い!親父たちの渋い演技。シリアスすぎなくて良い感じ。
地下鉄をハイジャックする4人組が色で呼び合っているのが非常にクール!先頭車だけを切り離し後ろの乗客を開放する無駄のない作戦。鉄道公安官ガーバーとの息詰まる交渉の中に言葉遊びが多分に含まれていて映像でのパニック描写は少ないのにグイグイ引き込んでゆく巧みな演出。イギリス訛りのロバート・ショウが渋くて「ジョーズ」のクイント船長の次に好きなキャラです。札束と戯れるマーチン・バルサム、余計な口を挟まなければ「ヘクショ~イ!」せずに済んだものをw ペラム123の運転士って本物じゃないのかな?ジャジーなサントラもグー!
あのクシャミは伏線だったのか。ラストはまさかの展開でした
地下鉄をハイジャックした4人の男たちはそれぞれを色の名で呼び合っている。というか誰かが捕まった場合に備えて、それしかお互いに知らされていないのだ。彼らは乗客を人質に1時間以内に100万ドルのキャッシュを持ってくるよう当局に要求する…。ほんとうに最後の最後の落ちが素晴らしい佳作。途中、戯画化された日本人が出てくるのは時代のせいであろう。◎
レンタル) 鑑賞家の方の感想で興味を持ったのが動機。ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と鉄道警察官の攻防を描いた40年前のクライム・サスペンス。日頃、演出過剰な最近のパニック・サスペンスを見慣れているためか少々刺激が足らない気はするが、起こった出来事の深刻さとは逆に、落ち着いた雰囲気で進んでいく話が逆に新鮮で面白かった。ラストもいいですね。
これは凄い!NYの地下鉄乗っ取りという奇抜な完全犯罪を目論むハイジャック犯たちに挑む一見恍けた感じの地下鉄公安官役のウォルター・マッソーの見事な危機管理能力は脱帽もの。冷酷な犯人一味の主犯格を演じるロバート・ショーなど役者達の配役も素晴らしい。そして何と言ってもラストのオチにセンスを感じる。"Bless you!(お大事に)”このセンスある言葉が作品の中で生きている。
テンポ良くて伏線も良く練られてるけど、チョイ役の日本人集団とか市長とか意味なくバカにしすぎたキャラ作りなのが、、、時代ですかね
途中から見たのでなにやら分からないところもあるけれど、テンポがよくて最後まで見てしまった。昔の俳優は喝舌がいいね
k
★★☆☆☆2.5 字幕には出てないが日本人をdummy,monkeysと小馬鹿にする不必要な人種差別発言と女性差別、罵倒が不快。ストーリーもパニック映画のわりにえらくまったり進んで退屈。全く70年代のさびついた”名作”だ。
まずありそうでない地下鉄のハイジャックという設定が面白い。ガーバーとブルーの駆け引きが作り込み過ぎてなくて返ってリアルに映った。ウォルター・マッソーのユルさがいいんだろうなぁ。サウス・フェリーだけに、もしかして海にまで突っ込ませる⁈とも思ったけど…へぇ〜なるほど、そういう計画!タイムリミットがあるだけにハラハラ感も満点。所々にシュールな笑いが織り交ぜてあったりで、そのハズシの感覚がまたいい。そして何といっても映画としてのラストのかっこよさ。あぁあれは伏線だったのか〜!となる。本当に素晴らしいオチ。
ドジッコおじさん蒸れ〜 最後クシャミしちゃった時「オウフッ」つっちゃったよ… んて警官が再度扉開けて顔除かせたけど、あの表情はズルいwww まあでも別にもう観なくてもいい
地下鉄ジャック映画。1974年の作品でありながら、全然古くさくないのが凄い(もちろん地下鉄のシステム自体は古いけれども)。ラストも小洒落ているよね。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

サブウェイ・パニックを観たいと思ったみんな最新10件(21)

06/07:popcorn
02/02:J-HO
11/03:あおぞら
12/05:電気羊
10/30:ぞくまる
08/03:kbtysk
07/11:白義
12/11:ぴゅんね

サブウェイ・パニックを観た人はこんな映画も観ています


サブウェイ・パニックの評価:82% レビュー数:62
ログイン 新規登録