ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

ワルキューレ プレミアム・エディションの感想・レビュー・登録(981)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★★結果が分かっているだけに,観るのがつらいよねぇ。手がなく目がなく,つらいよねぇ。
あれこれもしかして暗殺成功しちゃうフィクション?? と思ってたらやっぱり成功しない史実系でしたー。 いやしかし15回も暗殺が企てられながら一度も成功しないって防衛力が相当なんだと思うけど企てる側が無能なんじゃないのかとも思っちゃうね。
ドイツ版日本のいちばん長い日の印象を受けた。行動することに意味があると信じて信念を貫き通したものたち。後世から見れば、勇気ある行動だったのか、愚かで無謀な行動だったのかという議論ができるが、当時としてはそれを行わなければならないという強い思いがあったドイツ人もいたということは確実だ。重々しい話であるうえに、結末は歴史を勉強していれば分かりきっているのだが、それでも緊張感は十分に感じられる。戦争の中のドイツの哀しさ。ある意味、この作戦の是非を議論するきっかけに良い作品と思えた。
義実家にて、たまたま点いていたチャンネルでまた久々の映画鑑賞。ヒトラーの暗殺が15回も計画されていたなんて知らなかった。結末は予期していても、希望が打ち砕かれた彼等の無念の気持ちは痛切。ビル・ナイの哀愁帯びた瞳から目が離せなかった。
前回、感想を書いてから2回くらい見てるんだが、いつも途中からで。きょうは最初から見たけど、セリフをあまりちゃんと聞いてなかったのと、いまだに顔を覚えられないのとで、結局誰が何してどうなるのか相変わらずわからない。それでも毎回ハラハラする。トーマス・クレッチマーが出てる!
あまり見たことのないドイツ側から見た第二次大戦の時の話なので目新しい感覚で見られた。はでさはないけど、ハラハラドキドキしてみた。
Valkyrie(2008)レンタル。実話ベース、ヒトラー暗殺計画7月20日事件。あの体制の中でのクーデターなのに死亡を確認しないなんて残念すぎる。ラスト、シュタウフェンベルクの前に立ちふさがったヘフテン中尉の強い意志がうかがえる表情が印象的。個人的にはシュタウフェンベルク役はトムクルーズのイメージではないと感じた。
実話に基づく映画でなければ、見どころの少ない映画であった。ヒトラーの最期を観客は知っているのだから、それを効果的に演出できなかったのだろうか。
★★★☆☆3.5 実話に基づいた映画。何処の国でも、敗戦色が濃くなると反逆を考える。鑑賞後Wikipediaで勉強した。
ご飯食べてるときだけに鑑賞してたせいか詰めが甘いな!っていう印象になってしまった。ぶつ切りではなくちゃんと鑑賞するとまた感想が違ってくるかも。年齢重ねたのもあって、アクションなくてもトム・クルーズは格好良いね。やっぱ演技うまいわこの人。ビル・ナイが出てると思ったらテレンス・スタンプも出てくるしキャストも豪華。それにしてもなぁ~ハリウッド作品だから仕方ないけど全編英語なんだね。イギリス人多いし。「ハイルヒトラー」だけドイツ語だったけども。まあこれは合言葉というかスローガン?みたいな感じだし、これで良いのか。
初観 ドイツはヒトラーに責任転嫁できるよ? 日本は日本・・。 折しも今日は広島 大人も子供も・・。
第二次大戦下のドイツでヒトラー暗殺を計画する将校を中心とした戦争映画。予告編でトム・クルーズの眼帯姿に変な違和感を持ち鑑賞を見送っていたいきさつのある作品。今回始めて鑑賞して実話ベースであることに驚いた。ヒトラーを神格化していたドイツでも、その風潮を快く思っていない人物がいたという点で見る価値はあったと思う。あとこういう映画を見るときに、その周辺の歴史をもっと知っておけば面白くみれるのにといつも後悔する。感想はこんなところです。
トムが格好いいので好きですが、最期が悲しい。ハラハラしたー!
劇場公開以来,ものすごく久しぶりに2回目を観た(WOWOWで)。実話に基づく作品であることがすべて。派手に脚色しすぎると事実から乖離してしまうため,どこか淡々とした雰囲気が作品全体を包んでいる。よってトム・クルーズの映画らしいスリルと派手なアクションは相当抑え込まれていると言える。ヒトラーを暗殺してまで実現しようとする「ドイツへの忠誠」をもっとドラマティックに描いていれば,より見応えある作品になったのではないか。素材は良いだけにもったいない。
トム・クルーズがこんなに口を閉めっぱなしにして役作りしてるの初めて見た。いつも半開きだから効果的。かっこよかった。ワルキューレのレコードはクナッパーツブッシュ&ベルリンフィル。現在グラモフォンから出ているクナの管弦楽集CDに収録されている録音と同じものだろうか。wowowトム・クルーズ大作戦(特集)もあと僅か。ここまで22作品を見てきた。
家族は無事だったのか?
最後まで緊張感がありました。
★3 史実に独自の解釈を付け加えて緊張感のある演出を施しているが、キャラクターの動機付けや関係性を描ききれず、作戦そのものが簡素になり過ぎている。ナチス政権下のドイツの状況を前知識として持った上でこの映画に対峙しなければならない。トム・クルーズの俳優としての実力を見せつけられたし、眼帯姿がとにかく格好良い。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ワルキューレ プレミアム・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(123)

08/05:pttrxx
07/25:サヲリ
07/23:
07/06:のここ

ワルキューレ プレミアム・エディションを観た人はこんな映画も観ています


ワルキューレ プレミアム・エディションの評価:49% レビュー数:239
ログイン 新規登録