ジャージの二人 [DVD]

ジャージの二人 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
中村義洋
出演者
堺雅人
鮎川誠
上映時間
153分
amazon.co.jp で詳細を見る

ジャージの二人の感想・レビュー・登録(755)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★☆☆☆ 仕事を辞めて小説家になろうとしている息子と、再婚した家庭もいまひとつうまく行ってないらしい父が北軽井沢の山荘で過ごす夏の様子。とにかくゆる~~く展開していきどこが山場なのか、そもそも山場はあったのか?と言う映画だった。シーナ&ロケッツの鮎川誠が父親役だったが雰囲気に合っていた。それでもジャージの和小と携帯電話は良いアクセントになっていた。もう一度観ようかとは思わないけどぼんやり見るのにはいい映画なのでは?   テレビ録画
朝の4時頃に猫に起こされて (我が家あるある~) ボーッとするけれど、二度寝するほどではなく目覚めてる時に、ちょうど頃合いの脱力系な話でした。
中村監督が好きで。ゆるい雰囲気にやられる。
録画にて。BGMが少なめ。ジャージに書かれている「和小」の読み方が、終盤に明かされる。途中「ジャージの三人」になる。 タイトルからイメージしたギャグ系かな?というものとは違ったが、ジャージが活かされた作品だった。
最初ちょっと眠くなって寝てしまったけど映画がゆるくてそれも許されそうな雰囲気。鮎川さんの醸し出す穏やか〜な浮世離れした感じが心地よかった。皆んな悩みを持っているけれど、北軽のこの住まいに来ると深刻な雰囲気ではなくなるところが素敵。学校名入りのジャージをきるところからそれが始まるのかな。私は嫌いじゃなかった、このシュールさ。
好きな感じの映画だけに、何か物足りなくって勿体なかった!★★★☆☆
鮎川さんでてるのにびっくりした。面白かったです
堺雅人が、出てるだけって気がした。
何やあんまりようわからんけどとりあえずは「和」ということで( ´ ω ` )
不思議な雰囲気の映画である。スローライフへの憧憬とも否定とも取れるし、伏線の回収もない。水野みきと「あいつ」は結局どうなったのか、気にはなるが、なんかこぉ・・・どうでもいいか。
nnm
面白かった~こういうシュールな笑いを誘う系大好き。大人二人と女性二人と女の子と犬。ひといきで紹介できるボリュームの登場人物がいい。
2度目。事情がいろいろあれど、北軽ではゆるゆるの生活。相変わらずあのキャベツ畑(レタスと言ってたけど、どう見てもキャベツだろう)の電波のシーンが印象的。おしえてあげる人と、教えない人がいるんだよね。
鮎川さんが良い。気持ちはのんびり、していないくせに空気がのんびりしている所が良い。真夏の20度は聞いているだけで素敵である。
チャンネルNECO、 ゆる~い。劇中の音楽もゆるい。HALCALIの曲もゆるい。良い。
ゆるい。ゆるすぎる。 まさにジャージのような映画。 堺雅人はいい味出すよなぁ。 のんびり、いこうや。 2016/3/20
空気感がよくてぼーっと見れる映画。うっすらと状況が分かるものの会話でしか出てこないので想像するしかない。合う合わないがはっきりしそうで、合わない人には時間が長すぎて辛いかもなあ。とりあえず都会の人が田舎に憧れる要素がつまっていて、そこそこ楽しめた。水野美紀の役は好きになれんのは男だからだろうか。
想像以上の脱力系映画。しかしユルさの中にも登場人物それぞれが、やりきれない思いを抱えている。彼らは暑さはもとより、そういったわだかまりから逃れて避暑地に来ているのだろう。それがしばし垣間見えるのがほんの少し切ない。予備知識なく観たけど、 こういう映画嫌いじゃない。中村監督だったとは!なんだか得した気分♪嬬恋の景色もとてもキレイだったな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ジャージの二人を観たいと思ったみんな最新10件(192)

09/06:ayumik
04/25:モリス
04/06:chipu
02/09:splash000
10/16:まめ
06/17:tomo
05/30:ku・u・

ジャージの二人を観た人はこんな映画も観ています


ジャージの二人の評価:51% レビュー数:192
ログイン 新規登録