オーストラリア [DVD]

オーストラリアの感想・レビュー・登録(426)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
前半牛を追ってオーストラリアを見せて、後半二次大戦で日本軍の爆撃を生き延びる。アボリジニが魅力的に描かれている、人種などアメリカ尺度な映画。ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャクソン共演。ニコール・キッドマンはそういえばオーストラリア育ちだよな。
映像は美しいが。長い。しっちゃかめっちゃか。途中でサラがドローヴァーに惹かれた理由が分からない。日本軍がオーストラリアを攻撃するのは、唐突すぎてわけわからん。ドローヴァーにサラが死んだと勘違いさせたのはなぜだろう。なぜナラを旅に出させちゃダメなの? キング・ジョージを便利に使いすぎ。フレッチャーは敵だと思ってたら爆撃とキング・ジョージに殺されてるし、誰が主人公なの? 主人公は何したの? 要素を詰め込みすぎて一つ一つのイベントが浅い。各イベントで人が死んでいくが、なぜ殺すのか分からない。
主人を亡くした気丈な妻が残された牧場を再生するため必死に生きるみたいな映画かなと思ったら全然ちがう。タイトルの写真にあるようにニコールとヒュージャクマンの恋物語かな。確かにオーストラリアという地の神秘性なども愛らしい子役を通して表現されているけど、見終えてからどういう映画?と聞かれても説明に悩む。タイトルの大きさと映画の内容の濃さが釣り合わない。後半の島から脱出した子供と再会するシーンでは不覚にも涙でした。
主人を亡くした気丈な妻が残された牧場を再生するため必死に生きるみたいな映画かなと思ったら全然ちがう。タイトルの写真にあるようにニコールとヒュージャクマンの恋物語かな。確かにオーストラリアという地の神秘性なども愛らしい子役を通して表現されているけど、見終えてからどういう映画?と聞かれても説明に悩む。タイトルの大きさと映画の内容の濃さが釣り合わない。後半の島から脱出した子供と再会するシーンでは不覚にも涙でした。
前半はハラハラ、後半は戦争物。日本は悪者ね。 サラの殺された旦那さんは浮ばれないような気がします。 でも、ヒュージャックマンとニコールキッドマン素敵でした。
途中から観てしまって後悔。いつかちゃんと観たいなあと思ったけど、観れてない部分はどうやらコメディタッチの冒険活劇のようなので、それなら別に観なくてもいいかなあとも。美男美女に、とってもかわいいナラ、そしてスーパーなおじいちゃん、この要素だけで私はうっかり最後まで観てしまいました。あまり評判が良くないようですがオーストラリアの歴史に関して無知だから抵抗なく観れたのかな。
評判があまり良くなかったからそんなに期待してなかったけど、なかなか面白かった。健気なナラがかわいい。そしてヒューが最高にワイルドで最高にかっこいい。
うん、いい映画だとは思うけど、長かったかな?史劇なのでしょうがないかな。オーストラリアの国旗を見れば分かるのに、何で早く気付かないと私の頭の弱さが情けない。イギリスの植民地だったから戦争には大きく関わるよね?日本兵はオーストラリアまで侵略しようとした?という…。そんなの習ったっけ?
長かった〜…けどおもしろかった。戦争のくだりは、見てて非常に複雑。ファ◯◯ンジャ◯プーって、自分も日本人なのに…ヒュージャックマンとニコールキッドマンが美男美女のカップルすぎて、なんかドキドキしたなぁ。バズラーマン監督の作品って色々みてきたけど、今作は意外に派手さは見受けられなかったものの、いろんな意味で監督の気合いが感じられた。
前半のコメディ・タッチのところが面白いといえば面白いけど、ややアンバランスな印象があった。思ったより大河ドラマでびっくりした。でも、全体的に感情の機微などの描写がサラッとしているので、感動は少ない映画だったと思う。激動の中を生きるヒロインの変化とか、あまりにもあっさりしすぎてるよーに感じた。
正直前半は「なんじゃこりゃおもろいやんけ」と思った。まるで大好物な『ハムナプトラ』的なアドベンチャーコメディでなかなか面白かった。のだが二人が遂に結ばれてからいやな予感がして後半からやっぱり『パールハーバー』と化す。史実に反するとかどうでもいいけどジャックマンはこんなのに堂々と出ながらどの口で「ニホンダイスキ」とか言えるんだろうか・・
冒頭をコメディチックにした意図が理解できなかったが、興味深い設定と壮大な映像にフィルムの素晴らしさを感じました。それにしてもブランドン・ウォルターズはなんと美しい子供なのだろうか。
wowow 日本人が見るには、ちょっと微妙な映画との情報を受けて、途中で見るのをやめました;残念。史実に反することはよくない。でもニコールキッドマンがとても美しいです。
バズ・ラーマン監督がオーストラリア出身者として、オールオーストラリア人キャストに拘って1本は作っておきたかった大河作品じゃなかろうか。太平洋戦争まで出てくるとは思わなかったけど、美しく広い大地に歴史的なストーリーはキャストの力もあり見応えがあった。いきなりのカンガルー狩りには笑っちゃったけど。主役2人はもちろんいいけど、アボリジニのガラパであるキング・ジョージとナラ…存在感があっていいなぁ。
長過ぎて途中でリタイアしそうになったけれど、いい映画だった。ワイルドなヒューもスマートなヒューも素敵!オーストラリアの壮大な自然も素敵だった。
バズ・ラーマンらしくない映画だな〜と言うのが第一印象。豪州の歴史にはあまり明るくないのですが、壮大なオーストラリアの大地を舞台にしたサラとドローヴァーのラブストーリーとして観れば劇的でロマンティックで充分に楽しめましたし、何より牛追いおヒュー様のイイ男っぷりに脱帽です。最高にかっこいい。長い映画ですがわたしはとても好きでした。
この作品でバズ・ラーマンは、いつもの演出や音楽で見事な表現をするのを封印してシナリオで勝負したなと思います。見事に感涙しました。それでもover the rainbowを織り込みつつ、ニコール・キッドマン様のサラやヒュー様演ずるドローヴァー、そしてナラの出会い、別れ、再会といった壮大な旅を本当に鮮やかに彩っていた。サラとドローヴァーのラブシーンは切なくて甘く、ムーラン・ルージュとはまた違った大人の恋愛があった。やはりバズ・ラーマン監督の作品はどれも素晴らしいと思う。
オーストラリアの荒野と草原がとても綺麗でした。野生児ヒュージャックマンがかっこよくて素敵だしニコールキッドマンはとっても綺麗。まさに美男美女です。ストーリーではなくヒュージャックマン目当てで借りたので、かっこいい彼がみることができ満足です。全員無事で再会するというラストシーンは想像しやすかったですが、それなりに楽しめた映画です。
嘘だらけの歴史映画にうんざりさせられた。反面教師としては最高作品かもしれない。この映画を見て、白人に絶滅させられたアボリジニに大量の涙を捧げたい。・・安らかに眠れますように。しかし、よくもまぁ、キッドマンはこんな内容の映画に納得して出たとあきれた。お金だね。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

オーストラリアを観たいと思ったみんな最新10件(50)

12/24:八五郎
12/06:モリス
06/06:sur
01/13:美穂
10/01:Naoki
06/15:みなろう
05/29:洋想
02/20:神尾

オーストラリアを観た人はこんな映画も観ています


オーストラリアの評価:60% レビュー数:127
ログイン 新規登録