最高の人生の見つけ方 [DVD]

最高の人生の見つけ方の感想・レビュー・登録(2487)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ラストにかけて、チェックリストが連続に埋まってくシーンは泣けた。「世界一の美女とキスをしたい」が伏線となってたシーンは鳥肌たった。
DVDにて。とてもよかった。もちろん楽しいシーンばかりではありませんが、棺桶リスト消化中の2人のいきいきとした様子がとても爽快です。The lion sleep tonightを合唱しているシーンが特に好き。
この悪い顔したジイさんは誰だ?と思ってたらジャック・ニコルソン!年取ったなあ〜。モーガン・フリーマンはいつも通り生真面目な役。クイズ好きという設定を冒頭で見て、あっだめだこりゃ泣くわと確信。伏線の拾い方がまた泣ける。掛け値なしの友情は美しい。
大物 2人の笑顔につられる そんなにお涙ちょうだいでもなかった ジャケ写がスーパー良い
(ネタばれ)ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンだから妙な邦題でなく「旅立ちのリスト」のままでも動員数は稼げた筈。自分の悪質を他人もそうと決めつけて浮気を勧めるニコルソン。一方フリーマンがやった事は。両者の違いを浮き彫りにした決定打。自分の身で望みと益を考えるニコルソン、相手の身で望みと益を考えるフリーマン。片や家族も見舞もなく、片やちょくちょく家族が見舞いに来て愛されてる。しかし、これちょっと問題がある。フリーマンだからこうと初めから人格が決まってる。他映画みたいに突然高音量BGMがないのがいい
sei
BS放送で鑑賞。お涙頂戴系は苦手なのでと見ていなかったけれどなんとなく見始めてしまった。思ったよりそういう描写は少なめで、全体的には明るい(?)構成で私でも最後まで見れた。色々とベタではあるが安心して見ることが出来る。二人は言うまでもないのでおいといて、秘書が良い。最後のシーンとセリフが好きです
バケットリストに“万里の長城をバイクで走る”を入れておこう(^_^;)
人生を描いた名作。モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの演技がひとつひとつうちに抱えるものを感じさせて深かった。二人に共通しているのは、家族の愛ということかな。自分のライフステージが進むごとにまたいろいろ感想も変わっていきそうで、何年かたったらまた見返したい。
少子化対策で若者にこの映画を見せては。家庭を持ち、子供、孫を育て上げることが、どれだけ人を幸せにしてくれるのか、二人の二人が出会うまでの人生を観るとよくわかります。 死を前にしてあわてて「棺桶リスト」を作るようなことはしたくないですね。悔いが残らないように生きなくては。
愛がすぎるでしょこれ、純愛映画かよ。普段恋愛映画なんか見て考えもしないことまで考えてしまった。死ぬ前の数ヶ月旅をして。お互いの人生に喜びをもたらした。自分もそんな人を見つけられたら良いなと思いました。起『死が近い金持ちと修理工が出会い、死ぬまでにやりたいことをやろうとする』承『旅を楽しむ修理工の妻からの電話で帰ってほしいと言われる。金持ちの娘と絶縁している』転『修理工を妻のところに帰そうと、金持ちを娘にあわせようとお互いがするが喧嘩』結『修理工が家に帰り、もう一度金持と会い死ぬ。金持感謝を告げる』
こういうひねくれ役が実によく似合う。completely strangerでも、心を開けば友になれる。奥さんにあれだけ嫌われたのに、スピーチさせてもらえたのだもの。
yu
私の棺桶リストはなんだろう。ずっと考えながら観ていた。まず、お金はたくさん無くていい。豪華な所有物も高い地位もいらない。次に、荘厳な景色をどれだけ見たいか。エベレストの星空や、ピラミッド、タージマハルも見たいけど、見たから全てが満足になるわけではなさそうだ。やってみたいことはたくさんある。けど、どうすれば満たされるか。極論、それはたくさんの人に慕われることでもないのだ。私は、私の一生で触れらる分だけの物語を味わいたい。そして、世界に存在の爪痕を残したい。またそれが、人に慕われるものであればこれ以上はない。
見る人の年齢によって感想が大きく変わりそう。私は感動したけど、もっと歳をとれば違った感想になるかも知れない。登場人物の中で秘書が一番いい味出してた
構成が素晴らしい。終わったあとまた再生ボタンを押してました。医療職として考えることも沢山あったし、一人の人間としても。「ああ楽しかったなあ」って思える人生にしたい。
やりたいことは尽きない
人って歳とると突然別人になったりするよね。うちの祖父母もこんな感じだ…お金持ちじゃないけど
同じ病室で余命半年を宣告された、全く生き方の違った二人の老人が親しくなり、一緒にやりたいことをやる旅に出た話。家族のためにやりたいことを我慢してきたフリーマン演じる修理工。家族を捨てやりたいことをやって成功したニコルソン演じる金持ち。しかし自分の喜びのためのやりたいことが、結局金さえあれば出来ることだった。「泣くほど笑う」、「娘と再会する」が例外だった。その旅で、互いに喜びを与え合い、人生で大切なものは何かに気付く。人生において、家族や友人の喜びを大切にすることが、自分の喜びにもなるということか。
とっても好きな映画。 楽しむって大事。戦友って大事。愛は大事。
性格の違う2人の冒険。私はカーターの方が好きかな、スリルを求めるよりも静かに平和に暮らす方が良いから。でもエドワードみたいな友達も1人居たら面白いかもしれない(笑)自分が死ぬ時に誰かがいてくれたらいいなぁって思った。
金がなくては、最高な人生は見つけられないのか…。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

最高の人生の見つけ方を観たいと思ったみんな最新10件(322)

02/23:Sea
09/01:Mimi
07/03:ひめ茶
06/15:みくろ
06/11:アキラ
05/04:yae
05/01:たらお
04/13:経緯

最高の人生の見つけ方を観た人はこんな映画も観ています


最高の人生の見つけ方の評価:47% レビュー数:587
ログイン 新規登録