第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版 [DVD]

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
山田洋次
出演者
渥美清
京マチ子
檀ふみ
倍償千恵子
前田吟
上映時間
103分
amazon.co.jp で詳細を見る

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版の感想・レビュー・登録(85)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
寅さんは相変わらずバカだけど今回はふられたんじゃないぞ。少し切なかったねぇ。
時の過ぎゆくままに 男と女が漂いながら 今回のマドンナは親子 親も子も時代/次代を引いていて穏やかな午後の陽射しにまどろみ 寅も所帯を夢想する日々 しかしそこには皹がある その皹を触れず触らずで夢のような時間を送る 送り火 送り人 印象的だったのはヒロシがキレたこと 寅次郎が悪いのだけど 父と子に立ち入るべからずな領域ーーいつにもまして寅さんがワガママだったのも見どころかしら。
「人にどんなに迷惑かけても警察沙汰だけは起こさない・・」はずだった主人公がとうとう警察のお世話に。無銭飲食って逃げてないからましだけどヘタ7すりゃ立派な犯罪です。まだ居残り佐平次でもやってくれた方がよかったようなwにしてもネタがそろそろ切れてきたのか、マドンナと死に別れなんて禁じ手使っちゃってちとずるい。京マチ子さんは怖い女の人の方がやっぱし好きですしね
モブの警察官は永六輔
秋田シネマパレ大送別上映会クロージング作品として鑑賞! 会場のみんなで大声で笑い、みんなで一緒にボロ泣き… 最高の経験ができました… まさか寅さんであんなにボロ泣きできるとはね~ これは素敵な作品でした…
〝ぼくのおじさん〟が、寅さんだったら迷惑だろうなぁ〜!そんな寅次郎の切ない純情の一話でした。
今回の台本の前半の寅さんはあまり好きじゃない!家庭訪問を台無しにしたのも寅さんが悪いのにイヤミな捨て台詞で出てったしお金がないのに旅役者さんたちに大盤振る舞いして、自分も警察で豪勢なものを食べて、それらをまたさくらに払わせたところ。京まちこさんの世間離れした美しさと上品な奥様ぶりが見事だった。昔の女優さんはやはり違う!檀ふみさんのはつらつとした美しさも光っていた。寅さんとマドンナと死別は珍しくつらかっただろうな。
寅さんの語り、聞かせるぅ。京マチ子さん檀ふみさん浦辺粂子さんの女優陣がイイ!あぁまた泣かされた。
フェリーにて。寅さんは癒されます。
病室にて。看護中はこういう映画に限る。
京サン壇サンWマドンナ!?編。出演作品が海外でも評価され役者として極めた感のあるマチ子サンも松竹の国民的シリーズに出演できて嬉しかっただろうね…世間知らずの未亡人で残りの命も短いって役の設定もマチ子サンに合わせて描かれたよう…浦辺サンの出演は嬉しいなぁ~
人生の最後の最後で寅さんと出会って楽しい時間をすごせて良かった。壇ふみさんかわいらしかったー
別所温泉に、行きたくなった。
マドンナは京マチ子なのか?壇ふみだろうよ。マドンナの母で聖母という感じが京マチ子か。いきなりハイテンションの京マチ子は喜劇でも面白い。またばあやの浦辺粂子が親子丼で言ったら沢庵ぐらいの添え物感でいい。今回は女優陣三人ともそれぞれ持ち味が出ていた。京マチ子の役柄も『雨月物語』にちょっと影響されているよね。まあ幽霊ではないけど、束の間の悲恋が京マチ子の微笑みを印象深くしている。それと対照的に壇ふみの東京育ちなのに垢抜けない笑顔もいい。
マドンナが死ぬという珍しい回。何も知らず店の話をする連中の陰で偲ぶさくらに涙。
1976.12.25公開 出演:京マチ子・壇ふみ・浦辺粂子・赤塚真人・永六輔
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版を観たいと思ったみんな最新10件(1)

06/10:ころも

第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版を観た人はこんな映画も観ています


第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版の評価:56% レビュー数:24
ログイン 新規登録