第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版 [DVD]

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
山田洋次
出演者
渥美清
倍賞千恵子
前田吟
森川信
三崎千恵子
上映時間
114分
amazon.co.jp で詳細を見る

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版の感想・レビュー・登録(105)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
分かり合えない、という理由で身を引く姿が喜劇的な結末でなく妙に新鮮に映る。示唆に富む主題だと感じる。定まった生活と根無し草の生活の対比。じっくり見ると色んなメタファがあるというか。
今回寅さんなんだかイライラしっぱなしの印象。失恋する前に引いちゃった。なんだそれ。
今回なんだか寅さんがものすごい情緒不安定というか嫌な性格の奴に見えた。おいちゃんへのあのモノの言い方は流石に僕もカチンときた。あと上映時間がいつもよりも随分と長くなったね。20分ぐらい長いもんだからダラダラ間延びした印象
今回は寅さんの生態が批判されていた印象。ヤクザにも軒先で勝手に店を開くところに警官が来て許可証の提示を要求するくだりなどは妙に沁みた。警官は寅さんの商品を手に取り言う。「つまらない本だねぇ」。警官は俗人だったのかもしれない。教養人だったのかもしれない。とはいえ寅さんの売る本はつまらないではいられない。なぜなら寅さんが相手にする大勢はつまらないから。そのなかで時折に立ち止まる宿り先に咲く個性にこそ寅さんの、ひいては人生というものの醍醐味があり、それを描くのが『男はつらいよ』かしら。定型と非定型の間の葛藤よ。
少々退屈に感じたような。
平凡な毎日にこそ幸せがある。趣が深いです。
今回の寅さんは登場するなりいきなり不機嫌?!どうして???また、今回の寅さんはぜんぜんフラれてはいないのです。それなのに身をひいちゃう…。寅さんは片想いのうちはいいけれどマドンナも寅さんに好意を示すとすぐひいちゃう。男はつらいよ~。厳格な厳格なひろしのお父さんと寅さんは意外にも相性がいいのだ!それも寅さんの魅力です。
このシリーズをちゃんと見たのは初めて。ゆるいコメディとしては笑えるポイントが多く意外と古臭さは感じない。池内淳子は色っぽいけれどちょっと年増であまりマドンナという感じがしないのが難点。店にかかってきた電話が伏線っぽいのに尻切れトンボの謎な終わり方。。。寅さんが旅に出た理由もよくわからない(^^;)
池内淳子さんが今の私より年下!ってことに驚いた。今回のすれ違いはちょっと切なかったなぁ。
池内淳子マドンナ編。今回は未亡人に惚れちゃいました…頼られちゃうとすぐ惚れちゃうんだもんなぁ~そういうとこも見習いたい(笑)さくらが喫茶店で寅サンの空財布にお金を仕込むシーンは愛らしいなぁ~
もう一歩が踏み出せない寅さん。この雰囲気にいつも癒される。
好きな女性の役にたてない寅さんが切ない。 若かりし池内淳子さんがハンヘジン(がんばれクムスン)に似ていた。
志村喬がいい味出している。見れば見るほど面白くなってくる。
観客10人くらいに銀座シネパトスで。志村喬に「リンドウの話」を聞く回。
前半は寅さんが相変わらずのあれでさくらが不憫すぎてつらかった
どうやら今作からOPのコントが始まったみたい
マドンナは池内淳子。むしろ志村喬の博の親父さんと寅の交流がいい。寡黙な学者先生だけど何故か寅とは相性が良くて、寅が孫を抱かせたときの照れ笑いのおじいちゃん役がいい。それと森川のおいちゃんが最後の寅さん。さくらの「母さんの歌」から博の母の葬式、女手一つの子育て喫茶店マダムとの恋。今回の寅さんはベストに近い脚本。さくらが着物を着てすっかりお母さんの姿になり、さくらは寅さんの母にして妹(妹の力)だ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版を観たいと思ったみんな最新10件(2)

06/10:ころも
01/15:kbtysk

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版を観た人はこんな映画も観ています


第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌 HDリマスター版の評価:51% レビュー数:27
ログイン 新規登録