竜馬暗殺 [DVD]

竜馬暗殺 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
黒木和雄
出演者
桃井かおり
中川梨絵
田村亮
野呂圭介
松田優作
上映時間
118分
amazon.co.jp で詳細を見る

竜馬暗殺の感想・レビュー・登録(81)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
原田芳雄がとにかく最高。音楽がちょっとうざったい。ええじゃないかのシーンも長すぎ。あんなんちょっとでいいじゃん。
京都文化博物館にて鑑賞。
CS録画。独特な音楽と女性の高笑いが耳に残る映画でした。タイトル通り龍馬の暗殺までを描かれており、俳優陣も豪華で楽しめました。
刺客から逃れるために蔵に隠れる竜馬。自分の人相書きを見て「真情あふるる軽薄さにあふれとる」脚本は清水邦夫。 時々蔵から出て女を抱く。女装してええじゃないかに紛れて土佐屋敷に忍び込む。原田芳雄の竜馬はワイルドで、大胆不敵。松田優作が可愛らしく見える。 女物の着物をまとい日本の未来を語る革命家は肥ツボに落ちる。崩壊していく新左翼への挽歌。あの頃みんな原田さんにいかれてたな。
黒木和雄監督がどうしても撮りたくて、低予算ほぼロケで取り上げた日本版ニューシネマ。『明日に向って撃て』が西部劇ではないように、これも時代劇ではない。原田芳雄、松田優作の存在感が凄い。しかしやはり石橋蓮司。様々な顔を見せてくれて、それが中岡慎太郎という一人である妙技。中川梨絵は子供に見せたらトラウマになる怖さ。
【図書館】とにかくキャストが豪華。
松田優作目当ての視聴。内容は趣味じゃなかった。
これまで原田芳雄に、 坂本竜馬のイメージを見出したことがありませんでしたが、 本作をみて、これほどまでにハマリ役があるものかと驚いてしまいました。 中岡慎太郎の石橋蓮司は、 まだ若さが残っていて、普通っぽさも若干残っていて、 意外や意外に色っぽいんですよね。 これにも驚きました。 大筋の展開に関係ないような何気ないシーンが多いのですが、 それが独特の間と深みを作り出しています。
いい役者が揃うとやっぱ凄いなぁ、何やってもOK、様になってるわ。ATG風味はわりと薄目な気がする。
いまや「映画ごっこ」にしか見えないなあ。
1974年、黒木和男監督ATG作品。原田芳雄、石橋蓮司、松田優作、桃井かおり出演。いかにもATGという感じで、今の人が見ても面白くもないだろうけれども、あのばっちさとざらざら感は懐かしい感じがする。
2回目の鑑賞。以前観た時よりコミカルな印象を持った。若さとエネルギーを持て余し、これから何をすればよいかもよく分からずに生きる男たちの熱くて泥臭い日々。竜馬の何だかよくわからない理屈を聞いてるうちに寝てしまう女の姿が印象に残った。
寺田屋事件から龍馬の死までの話。松田優作が出てて驚きました。
原田芳雄の龍馬。アウトローの龍馬なんだが、映画の中では一番まともな奴じゃないかと思えるぐらいに、石橋蓮司も松田優作も中川梨絵もヘンな奴。それでええじゃないかと世間が騒ぐ。その4人で写真を撮るシーンが儚く美しい。ポーズする4人をカメラが回る、残らなかった写真がいい。
すいませんけっこーイミフでした…笑 映画史的・日本史的教養が足りないかしら。原田芳雄はハマり役でした。
つまるところ、原田芳雄と石橋蓮司のイチャイチャを楽しむ映画。でも、時代劇でこういう撮り方をしているのってあんまし見ない気がするな。そのへんが唯一の見所かしら。
竜馬の暗殺されるまでの数日を描く。原田芳雄の竜馬が一番好き。松田優作のキャラがなんだか残念すぎる
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

竜馬暗殺を観たいと思ったみんな最新10件(22)

03/26:はるやま
11/30:みずき
09/07:Manponpin
11/23:ちろりん
09/02:あおぞら
03/30:00
06/09:kbtysk
10/02:hnk
08/24:majiro

竜馬暗殺を観た人はこんな映画も観ています


竜馬暗殺の評価:64% レビュー数:26
ログイン 新規登録