菊次郎の夏 [DVD]

菊次郎の夏 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
北野武
出演者
ビートたけし
関口雄介
岸本加世子
吉行和子
細川ふみえ
上映時間
137分
amazon.co.jp で詳細を見る

菊次郎の夏の感想・レビュー・登録(844)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
立ち入り禁止区域で遊ぶ平和な画が西加奈子的だな~と思っていたら白杖が出てきたりして、おや?となった。金は無いけど知恵は有る。これは芸人讃歌。芸事への愛が詰まりすぎてる。坊やが見た夢については、“ルールに縛られる”ということを表現しているのかなと思いました...仏教の僧侶たち、縛られて身動きが取れない男の子。菊次郎と一緒にいると自分がどんどん非常識な悪い子になっていく気がして、でも自分は菊次郎のことが好きだというジレンマっぽい。金と鐘を掛けているシーンはあのままだと坊やの異性感が歪んでしまうので心配。
僕自身が母子家庭なので、父との関係に憧れを持っていました。 本当の親子ではないし、かなりやんちゃな菊次郎だけど、 すごく心惹かれるなぁって、後半はたくさん笑いつつも、 最後の別れの場面では号泣してしまいました(;_;) 優しい家庭目指して、婚活頑張ろう☆
久石譲ですべて丸くなる不思議。
母を求めて旅する正男と菊次郎。半分はふざけてるけど時に垣間見える大人たちの優しさが印象に残った。久石譲さんが音楽監督。Summerはほんとに素敵な曲で前より好きになった。(yで。)
「…もうちょっと明るいの撮りたいとか生きなきゃなっていうのは実は自分のことなんだけどね」
出掛けてって、そんで探し物は見つからずに、ただ遊んで、何にもならないのがいい。
公開時は自分も小学3年生。子役の子とあまり年が変わらない頃にリアルタイムで観たかったかもしれません。 競輪場で串を持ちながらスローモーションで駆けてくる/盲目の人のふりをするバス停留所/さんちちょくばい げきやす/車のホイールに映る二人/とんぼの眼から見たバン/
★★★★★ この映画はじめてみたのに、最初にsummerがかかった瞬間にもう泣きそう。 正男のおばあちゃんのように普通の生活を普通にさせてあげることはもちろんなんだけど、一緒の時間を過ごして、話をして、一緒に遊ぶことも大切なんだなぁって改めて思う。 なんで泣いているのか自分でもわからないけど涙が。 慰めるのがへたくそなところとかすごくいい。 ぶっきらぼうな菊次郎が慰めるシーンでトーン変わって「それでね、」っていう言い方とかもう抜群。 夏の晴れた暑い日にみれてよかったです。 (CS。録画。)
これと、『ニュー・シネマ・パラダイス』が好きだというやつとは友達になれない
子どもが出てくるだけで、とても観やすくなる不思議。久石譲の音楽が全体を明るくしてくれている。不器用で理不尽な、古き良き父親。
とにかく久石譲のsummerが良い。
正男の何とも言えないあの表情。手放しでかわいいーーと言えないあの顔。大人に対して警戒しているような、でも菊次郎のいうことはちゃんと聞こうとする純粋な部分もあるわけで。菊次郎もそのうち影響されて菊次郎母に会いに行くシーンはお気に入り。でもやっぱり、最後の「おじさんの名前なんていうのー?」の時の正男は本当に抱きしめたくなる。成長した、ちょっと垢抜けた顔つきになっているのがたまらなく愛おしい。久石譲のSummerがまたいいんだな。こんな夏休み贅沢だ。
グルノーブルに行った時、ちょうどこの映画が来ていて、駅にポスターがじゃんじゃか貼ってあって、あーほんとにフランス人ってたけしの映画が好きなんだなーと思った。仕事先にも、熱心なファンがひとりいたな。本編はといえば、みんな人間臭くて、すごく良かった。暑い夏の中で、涼しさも結構あって、最後は、プール帰りみたいにほんわかしちゃったな。
★★★★☆:この映画の作品としての点数は赤点ギリギリ60点でも、好きな映画を挙げろと言われたら90点の名作群を飛び越して上位に入ります。この映画を「何もいいところ無い10点」と取るか「光るものはある60点」と取るか…人それぞれだと思いますが、60点だと思った人はボクと似た想いがあるんじゃないでしょうか。
アウトロー、底辺の正しくも姑息な生き様。社会的に地位のある人達は妙に冷たい。夏の終わりに再鑑賞。改めて見るとKIKUJIROSだなぁ。TAKECHISにつながる。久石譲の曲が良すぎるから大林監督的な映画に見られがちだけど全然違う。
すこし長い
淡々としたペースながらも浮かび上がる情感が美しい。緩いギャグや特に後半のダラダラと遊んでる展開にも解放感があり自由の風が吹いている感じが楽しい。はっきりとは描かれないもののごく隣に暴力の臭いがするのも綺麗事だけでない空気があるし全体的に漂う作り手の照れがチャーミング。
ちょっと長いかなぁなんて思ったけど凄い良かった!優しいし切ない、そして笑っちゃう作品。私がらっきょさん好きって言うのもあると思うけどたけし軍団の2人が出てから面白くて、正男くんも色んな意味で生涯忘れられない夏になったはず!笑 ちょっとしたイタズラ心とかが日本の夏ってコレよ!と思った。らっきょさんのインディアンのクオリティが違いすぎて爆笑しました。また観たいです。久石譲さんの音楽も優しい気持ちになります。
久石譲の音楽が素晴らしい。話や内容も音楽が引き立ち郷愁感が凄く出る。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

菊次郎の夏を観たいと思ったみんな最新10件(106)

08/18:tap
03/04:pentech
10/28:クラゲ
10/08:daiyuuki
08/18:興津

菊次郎の夏を観た人はこんな映画も観ています


菊次郎の夏の評価:38% レビュー数:160
ログイン 新規登録