秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
新海誠
出演者
水橋研二
近藤好美
尾上綾華
花村怜美
上映時間
63分
amazon.co.jp で詳細を見る

秒速5センチメートル 通常版の感想・レビュー・登録(2702)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
No.2268/'07日・60',監・脚:新海誠,音:天門/声の出演:水橋研二(遠野貴樹),近藤好美(篠原明里)(第1話「桜花抄」),花村怜美(澄田花苗)(第2話「コスモナウト」),尾上綾華(篠原明里)(第3話「秒速5センチメートル」)
★★★☆☆短編だったけど、繋がってるんですね。全体的にこの切なさをどう思うか…。今も同調できる部分があるから、私は苦しかったな。尻尾ふる気持ち、優しくしないでって気持ち。アニメーションって、単に"平面のアニメが動く"ってイメージだけど、もうこの風景の描写の美しさはアニメの域を超えてるよう。でも写真や映像と違うのは、柔らさとか哀愁とか、その風景プラス感情が流れてる。駅の電光掲示板とか改札とかホームが好き。正直ストーリーは青臭さを感じてしまってあまり得意ではなかったんだけど、風景とBGMだけでも観る価値あり。
まだ子供だった頃の純粋な恋愛。この恋の先に永遠があるって信じてた一途な思い。小学校の時に好きだったあかりへの気持ちを心のどこかに刺さった小さなとげのようにずっと自分の中にあって、でも、時が流れて大人になって。 ラスト、踏切のところですれ違いの電車が去ったあと、そこにいたら?あかりがいたら?って思いながらいないことが現実味あって、リアル感が増した。 桜、波、日暮れの雲、豪雪。四季の情景がとても美しい。
語らない映画を見たあとだったのもあってか、語りが少しうるさく感じてしまった。小説ならばまだよかったかも。失恋映画としての評判からハードルが上がりすぎてしまっていて、内容があまりに平凡なものに感じられた。「あなたはきっと大丈夫」っていうセリフが思いがけないベクトルからガツンとくる感じはよかった。山崎まさよしは反則級に切なく、素直に心揺さぶられる。
「君の名は」を先に見たので、それと比較すると映像的な美しさは若干粗削りな印象。空・雲・星の描写とか「君の名は」に通じるところは多かった。ストーリーは……自分にリア充な経験がないからなのかなんなのか、あんまり感動できず。とりあえず山崎まさよしの歌詞とのリンクっぷりがすごくてPVとしてはすごくいいと思った。
細かく描写されていてジブリにも負けてないと思う(この比較は間違ってる?笑)一番よかったのは山崎まさよしのPVかと思うほどのラスト。映像の切り替わりやこの歌を使ったセンスは最高です。けど、内容としては…。届かない切ない想いっていうものを描きたかったのだろうが、私は琴線に触れなかった。なんだろう、主人公が暗すぎるからか。
テレビで見ました。切ないでも全てを綺麗に割り切れないし全てを丸くまとめるのも無理なのはわかっているだけに、このリアルな切なさが心にしみます。新海さんの作品は、気持ちが洗われます。
一般向けを狙うのであれば、これから何とか立て直して、二人をつなぎ合わせるようにする終わり方。でも、物語はここで終わる。絶望的だけれども、現実味がある。あのとき、こうしていれば。でも、そうしなかった。恋を失ったことがある人ならば、自らの思い出を重ね合わせてしまうシーンがあるはず。なんだか昔のことをなぞる夢を見てしまいそうな、心が苦しくなる、でも、いい作品でした。
光と水の使い方があいかわらず印象的。物語としてはやっぱり切ないね。男なら誰でも一人の女性を想い残像を追い続けるってことはあると思うから余計にさささる。女性からすればバカな感情だと思うけど(笑)。
テレ朝でやってたやつ。 何度見てもいい。うっとりしちゃう(*´∀`*)。
家族で鑑賞。父はヒロインと主人公が結ばれてほしかったと溜息を漏らしていたけど、私はこのラストで良かったと思う。いつまでも初恋を引き摺っている男が現実を受け入れてようやく一歩を踏みしめたと解釈したので。 父と私の感想の違いは、「女の恋は上書き保存、男の恋は名前をつけて保存」という言葉があるけど、まさにそれなのかな…。
あんまり面白くなかった。お涙頂戴の、ベタなメロドラマの典型的な筋をうまく編集しているとは思うし、最後のフラッシュバックの場面はそこそこ面白い。それから、物質的な細部が入念に描かれている点もこの作品の見せどころの一つだろう(消しゴムの「MONO」が「NOMO」になっていたりして笑いを誘う)。現代の都市を舞台にすると、どうしても商品に関する描写が重要になってくるのかもしれない。そうしたいわばフェティッシュの時代にどう向き合うべきなのかということについてしばらく考えさせられた。
「君の名は。」「言の葉の庭」も観ました。きれいな映画だしクライマックスで胸がぎゅっとなるけど三作品の中だと1番下かなぁ。
おそらく10代の頃観たら胸を撃ち抜かれただろう。切ない恋愛青春映画としてのクオリティはかなり高い秀逸作。 自然描写や情景はとても綺麗でアニメとは思えない色彩の美しさに目を奪われ、その美しい光景の中で繰り広げられる純愛は美しく心に響く。 新海監督の世界観がとても良く伝わってくる。 が、純愛が必ず貫ける訳ではなく、いつまでも引きずって前へ踏み出せない男性に対し、過去の実らなかった恋愛に終止符を打ち結婚してしまう女性の描写は何とも切ないがそこには紛れもなくリアリティがありその辺りには共感出来た。
☆3 君の名はからの流れで鑑賞。1人の主人公が成長する過程で、1人の女性を想い続けるピュアな作品。 小学生とは子供のようで大人であり、大きいようで小さく、何も考えていないようで実は凄く考えてて、この頃の経験や思考ってのは大人になってもかなり影響するものである。 片想いはいつまでも架空の妄想で己を楽しませてくれる。両想いはそれ以上。しかしいざ一緒になると、ずっと継続するか、別れしかない。 まだ2作品しか観てないが、都会と田舎の融合、秒速5cmと時速5kmを絡める辺り、新海ワールドなんだなーと思った。
もちろんだろうが、画面は美しいそして主題歌も間違いない。でも、ストーリーには???
地元近くが聖地になっていると聞いて、観てみた。風景画がとても綺麗。全体を通して、主人公の心情を語っているところが多く、登場人物同士の会話が少ない。気持ちを移入できそうなところだが、タカキが理屈男っぽい雰囲気で疲れてくる。ストーリーとしては、スッキリしないけれど、そんな恋愛もあるよねぇ~と納得しつつも、タカキがダメ男だなと思って終わる。水野さんは結局、元カノということでいいのか。大人の話が簡略すぎて、あっという間に終わってしまった。
君の名は を観た後に鑑賞。 映像が綺麗。雪の中、好きな彼女に会いに行くシーンは切なくて泣けた。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

秒速5センチメートル 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(215)

03/26:Mimi
02/01:ユッケ
01/14:もっぴー
01/09:Mrs.Holmes
09/24:Kazuma
09/24:kiki
09/15:けいこん

秒速5センチメートル 通常版を観た人はこんな映画も観ています


秒速5センチメートル 通常版の評価:44% レビュー数:601
ログイン 新規登録