いとこのビニー [DVD]

いとこのビニー [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ジョナサン・リン
出演者
ジョー・ペシ
マリサ・トメイ
ラルフ・マッチオ
上映時間
120分
amazon.co.jp で詳細を見る

いとこのビニーの感想・レビュー・登録(73)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
★★★★ [DVD購入] キレ系マフィアがお似合いのジョー・ペシのコメディがハマっています! アカデミー賞助演女優賞を受賞したマリサ・トメイの存在感も最高です。
ペシもトメイもうますぎて笑った笑った。裁判官役の人もいい味出してるけどこれが遺作なようで。ご冥福を・・
7点。些細なことで殺人犯に勘違いされた青年の弁護を親戚が担当することになるが、これがとんでもなくチャランポランな...という、設定とジョー・ペシ主演という情報だけで一笑いできそうなコメディ。前半は状況説明でやや盛り上がりに欠けるが、明らかに偽物のペシが際どい所を綱渡りして何とか弁護する(これが本当なら絶対にアメリカで裁判は受けたくないがww)後半は加速度的に面白くなり、最後の仕掛けにすっかりも気分爽快。ちょっと謎な恋人役のマリサ・トメイも存在感抜群。「法廷ものに外れなし」の原則、コメディにも適用可(笑)。
会話の食い違いや勘違いは古典的だけど、コントを観てるようで気楽。キュートな魅力あふれるリサは頼りがい抜群。ビニー、いい彼女持ったね!崖っぷちからの痛快な法廷逆転劇にスカッと気持ちが晴れる。
マリサ・トメイに魅せられる。あの美貌・スタイルの良さが全く嫌味にならない天真爛漫さ。タイヤ痕から車種を検証する、マシンガン・トークの場面は何度観ても痛快!判事の驚き顔と、さらにびっくりしたあまり表情が消えちゃった検事が笑える。車1台に乗ってきたのに、マリサ・トメイはどこにお洋服を積んでたんでしょう?毎日お召替えの衣装がまたとてつもなくて、そしてとっても似合っていた。大好き!
vic
面白かった!どのキャラクターも魅力的で楽しめました。ちょっとした行き違いというか誤解があちこちにあって、それがストーリーの大事な部分なんだけど…、ちょっとしつこくてイライラすることもありました。
期待以上におもしろかった。ふたりともチャラチャラしてるから軽い関係なのかと思ったけれど、しっかり相思相愛でお互い相手のことを大事にしてた。裁判よりそっちに目がいってしまった。
ジョー・ペシのずんぐりした体型と高い声がツボ。最後はたたみかける様に状況が好転し、痛快なラストへ。他のジョー・ペシの作品を観て観たくなる。
頼りがいあるけどない、いとこのビニー。最初はハラハラ。しかし彼女が法廷で自分の知識を披露するシーンは痛快。
★★★★★  最高におかしい映画。20年前に観たときは「グリッツ」なんて知らなかったが、今観なおすと、おかしさ倍増。北のヤンキーどもが、南部のことをコケにして笑っている映画でもある。南部の人たちにとっては、あまり笑えぬストーリーかもしれないが、よく出来た爆笑映画である。 http://www.imdb.com/title/tt0104952/quotes 
序盤、まぁイライラしましたわ。 全員が説明下手すぎじゃない? 何が引き金になったのか、いきなりスイッチ入ってからは痛快でした。 今迄の経験が活きたことはわかったけれど、何がスイッチだったのか。。。手品とか見破れるから、そういうのが得意な人だったってこと?ん〜、なんだか釈然としないけど、最後は気持ち良かったから、まぁいいや。
楽しくすっきり☆ホラーのあとに観たので一段と楽しめたかも*序盤はビニーがだめすぎてちょっぴりイラっとしたけれど、すっきりまとまってる爽快コメディでした^^ Marisa Tomeiのファッションが素敵* 80-90'sってやっぱりいいな!
授業のために鑑賞。ツナ缶ひとつを万引きしたことを引き金に少年2人が殺人犯の罪をきせられ、それをいとこの新米弁護士が助ける法廷映画。飽きさせないテンポがとても良かった。
おもしろかった。こういうジョー・ペシを観たのが初めてだったのも新鮮で良かった
法廷を舞台にしたサスペンスであるものの、コメディ要素がかなり高い作品。強盗殺人事件の濡れ衣を着せられた2人の少年を救うべくやってきたいとこのビニーが、ズッコケかつオトボケな行動を連発しながら奔走していて面白かった。ただマリサ・トメイがなぜこの演技でアカデミー助演女優賞を受賞したのかは謎だったな。
ドタバタじゃないコメディが見たくて再鑑賞。法廷もので、これだけクスリと笑えるのがいい。色々突っ込みたい場所もあるが、登場人物のキャラでカバーしてると思う。
★★☆☆☆ マリサ・トメイがこれでアカデミー賞ってどうなの
法廷物としては、突っ込みどころは多いけどテンポも良く楽しく見れます。コメディで法廷という題材では「ライヤー・ライヤー」のように大袈裟にならないギリギリを保っていて観ていてイヤにならない。M・トメイの米アカデミー助演受賞が結構不満の意見が多いが、英語圏だと言葉の訛り?の演技で評価が高いようです。「復讐するは我にあり」での小川真由美みたいな感じかな?英語が全部理解できたら…。陪審員制度が開始されるこの時期観ておくのもイイかも。名作でも傑作でもありませんが、「フライにしてしまえ!」と叫びたくなるくらい秀作です。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

いとこのビニーを観たいと思ったみんな最新10件(20)

09/08:鳥越
03/25:かおる
06/21:お骨
11/02:nnm
10/07:えりん
02/13:tkdmsk
05/21:リュート

いとこのビニーを観た人はこんな映画も観ています


いとこのビニーの評価:68% レビュー数:25
ログイン 新規登録