Shall we ダンス? [DVD]

Shall we ダンス? [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
周防正行
出演者
役所広司
草刈民代
竹中直人
渡辺えり子
草村礼子
上映時間
131分
amazon.co.jp で詳細を見る

Shall we ダンス?の感想・レビュー・登録(628)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
この手の作品の竹中直人のうさん臭さとか好きなんだけど、草刈民代の棒演技が気になってイマイチ入り込めなかった。
周防正行監督です。久し振りの鑑賞です。周防監督代表作でしょうね。面白い。上品。役者さんって凄いよね。上手いかどうかは分からないけど、ダンスしちゃうんだもんね。役所さんはともかく、田口さんとかね。それと、本木くん出てたんだ。
全体的な雰囲気は「大人のスポ根」。スポ根と言うほどは激しくないけど(笑) 役所広司(杉山=普通のサラリーマン)が徐々に社交ダンスにのめりこんでいく様子が微笑ましい。ヒロインの草刈民代(舞先生)よりも渡辺えり(豊子さん)や草村礼子(たま子先生)の方が存在感がある。竹中直人(青木)は安定のコミックリリーフぶり。周防正行作品は安心して見られて楽しい。
草刈さんがきれい。静かに進むけど、見終わったあとの充足感が素晴らしい映画。
結婚、子ども、マイホーム。順風満帆の人生を送ってきているが、何かが物足りない気持ちを抱く杉山。彼が会社からの帰りの電車の窓から見たのは、ダンス教室から見える舞の姿。これをきっかけにダンス教室に通い始める。ダンスの大会でミスを犯しペアを解消され、無理やり親のダンス教室の先生をさせられ、いつも憂う舞。グループレッスンの間でも杉山は舞のことを見続けていた。ダンス熱は収まらず、自主練習にも杉山は取り組み始める。そんなダンスに熱中する彼の姿に、舞の失いかけていたダンスへの情熱がよみがえっていく。
特に草刈民代の演技が下手でリアリティは全然ないんだけれど、それぞれの誇張が気持ちよくキャラクターは立っていて心温まる。鹿鳴館以来の日本人の踊り下手、中年サラリーマンの虚しさ、噂話の陰湿さ、ダンスに向き合い直すことを通じた人間的成長。ベッタベタなのもここまでやられると清々しく、引いてくすくす笑いながらも、先の展開が読めつつも、少し感動している自分がいたりもする。
締めかたとしてはリメイク版の方が好みではあるものの人生に小さな幸せをを見出した人間がどんどんいきいきしてくる様が気持ちよくて粗も許せる。ビリーワイルダーも大好きっていったそうな
登場人物が多いけれど誰一人埋まってない。役所さんと一緒に、画面を見る自分もどんどんダンスに魅了されていく。先生に指導されてる時に後ろでパタパタ忙しなくステップしてる竹中さんがおかしい(笑)
周防監督のチョイス大好きです。なんかサラリーマンのちょっとした輝きと幸せがグッド
竹中直人が一番輝いてい気がします。
田口造正の演技がうまくてうぐぐってなる。あと当時みたときより草刈民代の演技ヘタやなっておもう。しかし楽しそうに踊る姿はなによりとおもう。
草刈、全然美人じゃないのに美人で調子乗ってる役とかそれこそ調子乗ってる。とりあえず草刈きもい
草刈民代の演技がとにかく下手すぎることを許せるかどうか。ヒロインを張れるほど美人でもないのがまたつらい。 入り込めなかった。
良かったです。
プロのダンサー(バレリーナ?)の踊りは全然違う。俳優陣も相当練習したのだろうがしなやかさや柔らかさやキレなどが段違いなんだと認識。草刈民代の踊りを観てみたくなった。
繰り返しの日常からの現実逃避…。そういう話なのだけど、とにかくいろんなことが羨ましく思える。新しい世界ができること、新しい仲間ができること、努力が報われること…。竹中直人の怪演が目を引く。ダンスも人間関係も相手への信頼と思いやりが大切。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

Shall we ダンス?を観たいと思ったみんな最新10件(36)

08/15:tap
02/06:マスト
04/12:しっぽ
04/04:tatsuro
02/06:ふーが
12/25:興津
09/04:agosan
08/10:まろん
03/29:ぺい
05/06:kbtysk

Shall we ダンス?を観た人はこんな映画も観ています


Shall we ダンス?の評価:38% レビュー数:120
ログイン 新規登録