悪魔の手毬唄 上巻 [DVD]

悪魔の手毬唄 上巻 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
森一生
出演者
古谷一行
夏目雅子
長門勇
佐藤友美
上映時間
142分
amazon.co.jp で詳細を見る

悪魔の手毬唄 上巻の感想・レビュー・登録(17)

プライムビデオ
07/18
1977年毎日放送・大映映画・映像京都製作全6回。原作は1957-9年『宝石』連載、底本は1971年角川文庫版。昭和27年、鬼首(おにこべ)村に、村出身のグラマー歌手オーロラゆかりが凱旋することに。村の青年団達は歓迎ムードに湧くが、その日から鬼首村に伝わる手毬唄の調べに乗って、若い娘達が次々と殺害される。村の没落庄屋は姿を消し、謎の老婆が出現し始める。過去の犯人未逮捕事件との関連を疑う日和は、金田一に捜査を依頼。死体未発見の殺人事件現場で、沼のせせらぎの音をバックに仲良くくつろぐ金田一と日和が微笑ましい。
夜のシーンでは明かりが足りなくてそれが演出なのか当時の流行なのかよくわからなかった。 夏目雅子、池波志乃、佐藤友美ら最近ではお会いできない人が出演してるのも値打ちが高いです。 池波志乃はもう役者はやらないのかねぇ。 フジテレビ版とはかなり設定が違う。70年代と90年代ではポリティカルコレクトネスが異なるためと思われる。
女優のキャストが秀逸、夏目雅子さんをはじめ、池波志乃さん、そしてなにより佐藤友美さん。佐藤さんが横溝ヒロインにぴったり。ミステリーで超越した探偵モノなんだけど、横溝先生の作品は女性が魅力的、そこに製作側の妙が入り込んで、雰囲気を高める。テレビで一話足されて余計に間が伸びたんだろうけれど、やっぱりその辺の一時間を六話つなげるという制約はどうしても作品を通しで見ると影を落とすね~。
09/24
10/05
★★★同名の他の作品と比べて、1番好きな手毬ちゃんかも。ポイントは、大空ゆかりと青池リカがキレイなこと、で金田一が古谷一行であること。
このミステリアスで綺麗な娘さんは誰だろう?と思ったら池波志乃さんだった\(^o^)/あと夏目雅子さん初めて見たけど綺麗な人だったんだなあ。
05/30
09/19
09/20
これまた初見は小学生の時。『返された』を「殺された」と翻案する手毬唄の歌詞に何とも言えぬおどろおどろしさを感じたもの。◇そして、佐藤友美、池波志乃、鈴木瑞穂といった芸達者が脇を固めるのは本シリーズらしい。
--/--

悪魔の手毬唄 上巻を観た人はこんな映画も観ています


悪魔の手毬唄 上巻の評価:82% レビュー数:7
ログイン 新規登録