サイレント・ランニング [DVD]

サイレント・ランニング [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ダグラス・トランブル
出演者
ブルース・ダーン
クリフ・ポッツ
上映時間
85分
amazon.co.jp で詳細を見る

サイレント・ランニングの感想・レビュー・登録(83)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
’72制作SF作品。Dトランブル監督作品。いろいろ細かい設定がありそうだが、何の説明もなく淡々とお話は進む。特殊効果(SFX)の古い巨匠の演出によるものなので宇宙船の造形などは興味深いものがあるけど…それ以外の演出や世界観の構築は物足りないです…(ノ-_-)ノ~┻━┻SF好きは必見でしょうね…
グリーンピース。植物学者のくせに品がない、知性も理性もない。時間を無駄にした。
「SFXの巨匠ダグラス・トランブルが放つカルトムービー」ということらしいが、確かに主人公が強烈な自然保護主義者ということでカルトと言えばカルトなのかもしれない。はっきり言って特に印象に残らない作品だった。終始ロボットのヒューイとデューイがどうやって動いているのかに意識が行ってしまってストーリーはどうでもよくなってしまった。
ダサさとカッコよさを丁度いい塩梅で併せ持つ『スター・ウォーズ』がアメリカ文化への入り口であるせいか個人的にダサいSFが好きで(笑)、マリオカート風味な乗り物やプラモデルのような宇宙船、ラジカセのようなやっすいロボットが出てくる本作はなかなかツボ…なんだけどその辺のディテールばっか見てたせいで本筋から逸れまくってしまいあまり感想らしい感想にならない。宇宙にある仮想的な自然を愛する主人公が、緑を守るために仲間を殺す暴挙に出てロボットたちと奇妙な友情を育んでいく。ちょっとプロパガンダの匂いがキツかったかも。
遅れてきた孤独なヒッピーの哀しい物語!
エンディングに登場するファンシーな絵柄がプリントされたジョウロから発せられる強烈なペーソスにも注目。
こういう主人公が善なのか悪なのか問題提起をし、それに対し様々意見が出る映画はいい映画だと思う。彼らは宇宙空間の生活の為人工的に自然を作り出している。その貴重な自然を命令で爆破せよというのだ。自然を愛する主人公はこの命令に従わず同僚を殺害してしまう。主人公は自分の都合で仲間を殺し、光合成すら知らない異常者のように見えるが、彼が生きている世界は地球の自然が崩壊の危機にある時代なのだということを踏まえればある程度納得できる。多少世界観の説明が不足している様だが映画ってのは何でも劇中で説明すべきじゃあない。
森の緑のために同僚を次々と殺し、ロボットも道連れ、主人公の自分勝手さに何の感情移入も出来ず愕然。
半分寝ながら見たけど、森のドームとお世話ロボットが宇宙に去っていくラストシーンは美しくて良かった。
☆☆☆ 植物のためなら同僚皆殺し!埋葬はロボまかせ!嫌な現実に復帰するくらいならxxxと針が振りきれている主人公が大変すばらしい。昔は何事もシンプルだったのじゃのぅ...  バックミンスター・フラーテイストの幾何学的な意匠とヒューイ達の動きが素敵な作品。
SF映画史を飾る傑作のひとつ☆ 「ザ・ワイルド」における「イノセンス」がアメリカ人にとってどれほどの聖性をもつことか(素朴に仕立てられた白い荒布の服は、無論修道士のものである)、そしてそこに生じたエコロジー思想が今のボクラにどれほど深く浸透していることか…「科学」の意味合いが現在と違っていた40年前、その情景を心身に刻みつけるのにうってつけの一作だ 低予算、あるいはB級という性格づけは正しいけど、それだけじゃないですよね そして「ダグラス・トランブル」、この名に再敬礼! ★5つ!
B級なんだけど不思議な余韻が残る。
あのこがまだどこかで、ジョウロで水遣りしている気がしてならない。
ヒューイ&デューイ(&リューイ)かわいい。最後ひとりぼっちはかわいそう。永遠のテーマ「緑を大切に」。でも今からみるとローエルが一番おかしい。
地味だけど、若い頃に見てとても印象に残った映画。
でだしだけでもう泣ける! 好きな映画という事で登録。(相性占いは10本以上の為)
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

サイレント・ランニングを観たいと思ったみんな最新10件(44)

06/23:miharyi
12/18:300
10/16:bow君
07/22:AR
09/11:かめやま
06/15:年下
03/21:プル
03/11:

サイレント・ランニングを観た人はこんな映画も観ています


サイレント・ランニングの評価:51% レビュー数:21
ログイン 新規登録