スリーピー・ホロウ [DVD]

スリーピー・ホロウの感想・レビュー・登録(439)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
予備知識なしで見たから科学捜査のお話かと思ってたらがっつりホラーだった笑 グロシーンが充実 ジョニー=デップ若いなあ
序盤は、科学なき時代に、科学捜査を持ち込んだ河村隆一的平賀源内のお話に映り、面白そうと期待したがさにあらず、やはりお化けに頼った話であった。がっかり。斬首殺人の連続で、ホラー的な要素もあるが、首なし騎士の強さに驚愕。最後の馬車アクションは、何がどうなってアクションしているのか、判りづらかったけどさ。ジョニーデップは海賊顔しかあまりしらなかったけど、日本人にはわかりやすい表情と演技。色んな伏線が後になってわかるけど、そうだったんですかと言いようがないかなあ。
ダークファンタジーな怪奇事件と旧時代のしょぼい科学捜査っていう取り合わせが良かった。
魔女コス、と緩衝材主人公。[hulu]
ティム・バートン、このくらい落ち着いてるかんじだと見やすくていい
すばらしき“怪奇映画”の薫りという物は、光と闇の凄まじさにこそ宿るのだろう。バートンもコッポラも筋金入りの怪奇映画オタクとして、感覚でそれを悟っているに違いない…という確信をシーンの隅々から与えてくれることにただただ感嘆。ホラーより明らかに活劇志向なのは冒頭の遺言と馬の場面で一目瞭然で、アクション演出の手綱は100分しっかり握られ離されない。「セブン」の脚本家らしい若干の窮屈な理詰め感も吹き飛ばされる。白と黒、そしてその橋渡しのような赤色の含む寓意も見事。ルベツキとバートンのコンビがこれ一作とは口惜しい。
怖いしグロいんだけどどこか笑えて、どんでん返しもあったりして、最後はハッピーエンドってジョニー・デップにしては珍しいような気がしないでもなく、なんだか心がふーっと軽く温かくなったような気がしました。
ハロウィンなのでホラー映画を…と思い鑑賞。グロテスクな描写もあるので苦手な方にはおすすめできませんが、色彩やデザインなど画面の美しさが感じられ、ホラーとファンタジーのバランスが良いです。この作品の雰囲気が好き。
99年作品。18世紀末のアメリカ、田舎の村で起きた連続首なし殺人事件を捜査するためにニューヨークからイカボッド・クレーン捜査官が派遣される。純粋な村人たちは、一連の事件を首なし騎士によるものだと語るが、科学的な捜査を信条としているイカボッドはそんなこと信じない。ところが、首なし騎士が殺人を行う現場に遭遇してしまい…。何年か前に観た映画で、今回久しぶりに観返したのだが、変わらず面白かった。作品全体に漂う幻想的な雰囲気と、それを重過ぎない程度に緩ませる絶妙な会話のリズム。飽きさせない名作と思う。
ちょっとビビリな捜査官のジョニデが面白い。科学的捜査をしたいんだけど結局役に立たず(笑)…かわりにマスバス君がいい仕事してた!C・ウォーケン、騎士役ピッタリ~。
だいぶ昔に観てから久々に。ティム・バートンなの知らず。確かに見返してみると世界観はもろにそうだったなと。クリストファー・リーが出てるのも知らずで得した気分でした。
友人に「コメディとして観られるホラーだよ」と言われて興味を持ってみました。序盤、本格オカルトミステリーかと思ったら主人公が情けない!と思ったら幸せな家族が皆殺しになって精神的に大ダメージ。…かと思ったら後半真相が明らかになるあたりは「…ドッキリだったの?何のギャグ?」とも思えるような軽いノリ。 しかし割と続きが気になって観ていた上に騎士が魔女にキスをするシーンでグッときてしまったので雰囲気は好きなんだなと思う。馬車での対決はドキドキしました。ブラックジョークっぽいですが雰囲気を楽しむホラーとしてはいいか
この監督でJ・デップさんとのコンビということで思ったより色を抑えた画面で、想像したよりもミステリーでした。
なかなか笑えるところもあって面白かった。にしてもみんなよく気絶する(笑村人の相関図がイマイチわからなかったけど、全体的に楽しめた。ミランダ・リチャードソンは悪役が似合う。スノーホワイトの魔女役を思い出した。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

スリーピー・ホロウを観たいと思ったみんな最新10件(29)

10/29:テレピン
06/05:みたね
04/21:美々杏
06/26:まりも
01/30:tlwkey
10/22:まつ元
08/30:北海道

スリーピー・ホロウを観た人はこんな映画も観ています


スリーピー・ホロウの評価:32% レビュー数:71
ログイン 新規登録