あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]

あの頃映画 「皇帝のいない八月」 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
山本薩夫
出演者
渡瀬恒彦
吉永小百合
山本圭
三國連太郎
上映時間
140分
amazon.co.jp で詳細を見る

あの頃映画 「皇帝のいない八月」の感想・レビュー・登録(43)

最新の20件表示中[もっと見る]
08/19
さすがは山本薩夫、重厚なサスペンスに仕上がっているぞ!彼のフィルモグラフィーの中でも最良の作品の一つと言えるだろう。
自衛隊の軍事クーデターによる右翼政権樹立という計画にどれほどの現実性があったのか?劇場公開の1978年当時でも、それはお笑いのようなものだったろう。とはいえ、前半の緊迫した展開はなかなか見応えあった。渡瀬恒彦演じる元自衛官の鬼気迫る言動がいい。対するリベラルな業界紙記者はどう見ても迫力負けしている。クーデター決行以降の展開はいっさい意外性なく、政界の裏側での陰謀などこじつけめいた筋が東京へ接近する夜行列車のサスペンスとまったく連動してないのが辛い。内閣調査室長がぜんぶいいとこ取りは如何なものかと思った。
08/24
08/21
03/03
11/22
10/12
10/20
久々に再見。タイトルは秀逸だよなあといつも思う。しかしせっかくのクーデターもバレた途端簡単に鎮圧されるのはどうかなあと。寝台列車で上京ってのもよく分からないし、結局車掌さんを殺して列車乗っ取り犯に成り下がっちゃ同情も出来ない。吉永小百合さんの美しさだけが救い。
クーデター実行犯の狂信的な熱情を渡瀬恒彦が見事に表現しているが、日本版CIAである内閣調査室がおっかないという印象が残る余韻。そういえば最近、内調のロシア担当が自殺したとニュースがあったが日々知らぬ所で暗躍しているのだろうか?
腐りきった戦後民主主義に対し決起した自衛隊部隊の話なんだけど、青春時代に似たような設定である押井版パトレイバーの洗礼を受けてしまったせいか、いまいち迫力や緊迫感に欠ける印象。政治サスペンスとしてみても、前作の『金環蝕』の方がはるかに優れている。
最新の20件表示中[もっと見る]

あの頃映画 「皇帝のいない八月」を観たいと思ったみんな最新10件(11)

05/05:mini5649
05/07:潤子
10/22:popcorn
05/22:gracybird
03/15:__
09/13:耐える男
04/08:ohs_sho
03/01:比々き

あの頃映画 「皇帝のいない八月」を観た人はこんな映画も観ています


あの頃映画 「皇帝のいない八月」の評価:56% レビュー数:12
ログイン 新規登録