ヴェニスの商人 [DVD]

ヴェニスの商人の感想・レビュー・登録(213)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
アル・パチーノの演技にしびれる!!
この映画で感じたのは、どんな道徳的に間違いであっても法というものは絶対であるということ。ただし解釈の変更は可能であるということ。よくよくいえば解釈を行い被告人を助けるのが弁護士の仕事であるのだろう。法の強さと脆弱さを垣間見た作品だった。
アルパチーノの演技が凄まじい。喜劇というより悲劇。これが多くの民衆に支持されたということは、ユダヤのこの様な態度は当時多くの人に理解される様な状況だったのかな。自分たちが迫害されることでルサンチマンを生み出したのは、ユダヤ人。映像というより、セットの優雅さ、衣装の美しさが際立つ。音楽も印象に残る、余韻に浸れる。最後のシーン、キリスト教徒だからユダヤ人の家に入れないシャイロック。もう迫害はされないけど、心に虚しさが宿る。夕日に浮かび魚を取るシャイロックを眺める娘。声をかけたいのに、今はまだできない。
ヴェニスでユダヤ人は激しい差別の対象であった。アルパチーノ演じるユダヤ人の高利貸しシャイロックは、日ごろから自分たちを蔑むヴェニス市民の商人アントーニオに復讐しようとする。結局は成就せず愛が憎しみに勝った、という構図にも見えるが、アルパチーノの演技が名演すぎるせいか、シャイロックがあまりに不憫に思えて仕方ない。ラストシーンに、複雑な表情を浮かべた彼の娘が出てきて終わるあたりも、やはりユダヤ人への同情を誘っているような演出に思える。差別を容認して栄える社会への批判、ととらえるべきなのだろうか。
名作らしくかしこまって幾分教養的なところもあるのだがクオリティは高くあらすじ、画像の美しさ、中世の雰囲、シェイクスピア初心者でもその世界を十分に楽しめる。物語の中核となる裁判のシーンでは宗教・正義・法・差別といった普遍的なテーマが扱われ、またそれが生死を賭けた鬼気迫るぎりぎりのラインで議論されているので非常におもしろい。時に含蓄を含み詭弁を含みシェイクスピア戯曲の言葉の応酬にひきこまれる。演出は現代の感覚で古臭さがなく観やすい。シェイクスピアの世界の一端に触れる映画だ
喜劇を深刻な人間ドラマへと昇華しようとした挑戦は認めていいけどあんまり面白くないし効果的でもない
シャイロックに同情。
至極の名優揃いに、衣装もリアリティを感じます。ですが、決してよい印象のもてない映画です。それは時代の流れのせいでしょうか。原作から忠実にラブストーリーとして見ればよいのかもしれないのですが、私にはシャイロックの存在が大きすぎました。「正義のみを追求すれば救いはない」ただ、ラストシーン、セリフはありませんが、シャイロックが少し救われる美しい演出が見事です。
終盤クライマックスで名裁判でスカッと面白くなるのかと思えばそういう単純な話でもなく、踏んだり蹴ったりのユダヤ人の金貸しの親父ばかりを責めたくなるでもなく、かといって同情に浸りきるでもなく、しかしキリスト教徒側に肩入れしたくなるでもなく、もにょもにょした気持ちで見ていたが、とりあえずアルパチーノって人が良い味出していたのと、男装の麗人のショートカットが可愛らしかった。 慈悲とは正義とは?今も昔も人と人の間にあるハッキリと言葉では語れぬ微妙なジレンマの部分を問うてくる映画だろうか
シェークスピアは破壊力が凄い。古典原作だけあって役者もオーラばりばりで、後半は息をのむような緊張感が常にある。これはハッピーエンドなのか、と考えると誰のハッピーエンドだったのかというところに行ってしまう。僕には慈悲を示しあらゆる窮地を一人で跳ね退けた女の物語という風に思われた。アダムから分かたれた半身であるところのイヴが完全性を獲得するのだ。グノーシス的な発想なんだろうか。あらゆる意味で徹底的に「踏み台」にされたユダヤ人が可哀想になった。なんだかんだで古典や名作の映画化は見ごたえがあって良い。
前情報も期待もなく、なんとなく観たいなあと思って。観たら、意外と見入った。
これは喜劇なのか。 ユダヤ人への迫害が普通に行われており衝撃的だった。 これから原作を読みます。
こういう話だったのか。シャイロックの裁判で終わるかと思ったけど、指輪の逸話もあって、両方とも約束に関わるテーマなのが気になる。映像がたいへんきれいだった。
民法のレポートで題材として使った。この作品には多くの法の抜け穴が存在する。
ユダヤ人迫害を受け、証文や法・絶対的に公平である金に執着するシャイロック。バッサーニオが倍額の金で返すと言うが聞きはしない。彼には金の問題ではない…プライドの問題である、ということがイヤというほど伝わってくる。迫害が「普通」であった時代、どうしてもシャイロック側について同情し観てしまい、ユダヤユダヤと大勢でなじるキリスト教徒に呆れてしまった。ため息を吐く程に美しい情景は非常に抒情的で、ポエティックな台詞にも違和感なく入り込める。アル・パチーノの訴えるような視線とすばらしい演技に感服しました!
ユダヤ人のシャーロックがあまりにもかわいそう。 キリスト教徒とユダヤ教徒はこんな昔から仲が悪いの? 宗教って難しい。
これを当時の人々は喜劇として爆笑していたらしいけれど、実は作者の意図としては「喜劇」と銘打っていても、ここまでユダヤ人への差別、理不尽、老商人の血を吐く様な叫び(切られても血が出ないのか!等の部分)を見ても「だってユダヤでしょ」でなんら自分らを省みる事の無く、堂々と狂った事をしているキリスト教徒の愚かしさという喜劇だったのでは?まあクリスチャンが多過ぎたからなー。これが他の文化圏だったら本当にクリスチャン嘲笑う内容になってたと思うよ。とりあえず、クリスチャン側全部嫌い☆10000字レポート書けるね!
http://ameblo.jp/sapphire-arisa/entry-11421744654.html ←『ヴェニスの商人』の映画、感想書きました!!( ;∀;) カンドーシタ
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ヴェニスの商人を観たいと思ったみんな最新10件(34)

04/13:しっぽ
04/10:ユースケ
02/23:みち
08/19:マロン
12/25:Ayapaka
12/10:coco.
11/30:pttrxx

ヴェニスの商人を観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4872登録

ヴェニスの商人の評価:48% レビュー数:51
ログイン 新規登録