裏窓 [DVD]

裏窓 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演者
ジェームス・スチュアート
グレース・ケリー
上映時間
114分
amazon.co.jp で詳細を見る

裏窓の感想・レビュー・登録(810)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
主人公の部屋にカメラ固定でどうしてこんなに面白いのか。
なかなか良かった。 ヒロインが主人公大好き大好きなのが微笑ましい。 でもラストは結局どうだったの?? あのおっさんやってたの??
主人公が裏窓から見る世界が良いな~。みんな個性的で面白い世界だ。ベランダで寝てる夫婦が雨に慌てたりセクシーな女性の生活、一人ぼっちの女性、音楽家みんな良い感じ。グレース・ケリー綺麗だな~。犯人役の俳優さんを調べた『怪獣王ゴジラ』の俳優さんでビックリした(笑)
グレース・ケリー美しい。事件の真相云々というより心理描写とスリルを楽しむ作品ってとこか。個人的にはあんなに完璧なヒロインとの結婚を躊躇する主人公が理解できない。
久々の鑑賞。覗き見心理と完璧なセットから展開される人間模様。制限内でこれだけ魅せるってのは凄いとしか言えない。窓の向こう側と目が合ってしまう瞬間の戦慄。傑作。カメオ出演も他と同様にさりげない。
基本的には主人公の目線=観客の目線として描かれるので、主人公と同じように感じながら物語を見ることになるのですが、重要なあるシーンを観客にだけ見せるんですね。ここが上手いです!ここを観客にだけに見せることで、本当に事件があったのかどうか、主人公に対して懐疑的な目線で以降の物語を見ることになります。退屈な日常や、結婚のことからの逃避からくる主人公の妄想のようにも見えてきます。その後、ヒロインやステラおばさんたちと捜査をしていくのですが、観客側も事件のあるなしを二転三転しながら楽しめるようになっています。
グレースケリー美しい。。。相手を覗くってことは、相手も自分を覗けるわけで。。。まったり進む前半から怒涛の後半の落差のせいか、すごいハラハラさせられた。身動き取れない主人公よりヒロイン達のほうが頼もしい(笑)
画的な派手さがなくとも2時間近く引っ張れてしまうのは恐ろしい。 主人公の推理があっさりと当たってしまうのは解せないが
刑事に、事件はないと言い切られてからの怒涛の展開がすごかった。グレース・ケリーが綺麗ですね。しかし最後の女性二人の行動力には笑ってしまいました。主人公を差し置いてね。よく考えると覗きの話なんですけど。流石ヒッチコックでした。
主人公がずっと同じ場所にいるという設定が面白い。主人公の見ているものをそのまま見せる主観的カメラと、主人公の反応を見せる部分とがあって引き込まれる。隣人のことをよく知らず、それぞれの生活が個人的になり隠されている都会で、他人のことをのぞき見してみたいという、ミステリーの興味がブラックユーモアだと思う。隣人たちと主人公との比較でいろいろ思わせるところもあって深いテーマもある。笑えるところもあって楽しかった。
見ることへの義務を観るということ。自分語りは他人語り、いや、他人の語りを見聞きした自分の語りであり、誰もが探偵であるという漱石的な近代の見解も、この印象への熱情に浮かされている、といえるのかもしれない。しかしそれは実際のところだいぶ気持ち悪い。まあ、その生理を相対化するのは重要だろうが。
見ることが一方的でなくなったとき、緊張感が生み出される。終盤の早送りのようなスピード感が車椅子に座ってあまり動きがなかっただけに際立っている。望遠レンズや双眼鏡を使って覗くのは結構、悪趣味な気がするよ。
★★★★☆ 思ったより気軽に見れる楽しい話だった。結婚問題がどうなったのか気になる…。
結局何が起きたのかということより、タイトルの通り「裏窓」という舞台で繰り広げられる人間模様と、それを1つの視点からほとんど動かずに描き切った実験性を楽しむべき作品。ちょっと引き延ばしすぎかなって気もしなくもないけど、なかなか観る側を解放してくれない引き付けの強さは流石。それぞれに含みどころのありそうな登場人物たちの後味にあれこれ解釈を加えてみるもよし、舞台コメディとして終えるもよし、楽しみ方はいろいろ。しかし本当に60年前とは思えない演出力。
最初は「ロクなことにならないからやめときなさい」と諭すステラが、いざ事件の匂いがし出すと市原悦子ばりに窓からの景色を見張り、見事な推理を披露するところ、また3人の見事な結束に笑ってしまった。愛すべき住人の皆さんに幸せになってもらいたいという気持ちになった。ミス・ロンリーハートというニックネームが秀逸。
離婚がなかった時代なのかな..
人間の持つ「家政婦は見た」的な下品さ。そして、そのレンズの中で展開されるのも、人間の持つ身勝手さが横溢する殺人事件。これだけで十分お腹がいっぱいになる上、結婚を迫るグレース・ケリーの外見の美とはかけ離れた女の生臭さ。ヒッチコックの素ではないかと思いつつ、ラストは流石にサスペンス職人らしいハラハラ感と怖さに溢れた映像で魅せる。
主人公の写真記者は事故で片足を折って自室から出られません。そこの裏窓から見える景色が彼の楽しみです。ある日、向かいのアパートに住んでる夫婦がいさかいを起こし…と言う所から物語は始まります。カメラは主人公の部屋から殆んど出ません。観ていてるこちらもアパートを覗き見している気分に陥ります。美容体操しているバレリーナの部屋が一番面白かった!ニヤニヤしてしまいます。それとグレース・ケリーが美しい!犯人が部屋に入ってくる場面は来るぞ来るぞ!後ろ後ろ〜!とドキドキハラハラします。ヒッチコック監督流石だなと思いました。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

裏窓を観たいと思ったみんな最新10件(97)

10/03:sny
07/26:
07/19:ベンジー
07/13:ERICO
02/23:実之
02/18:yoko
01/14:もっぴー
11/19:tktk_tent

裏窓を観た人はこんな映画も観ています

サイコ [DVD]
サイコ [DVD]

1314登録

裏窓の評価:49% レビュー数:199
ログイン 新規登録