炎628 [DVD]

炎628 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
エレム・クリモフ
出演者
アリョーシャ・クラフチェンコ
オリガ・ミノーロワ
上映時間
133分
amazon.co.jp で詳細を見る

炎628の感想・レビュー・登録(52)

最新の20件表示中[もっと見る]
とうとう観た!! ホロコースト映画は数々観ましたが、その中でも残忍なシーンは少ない方だと思います。 なのにこんなにも残酷的に感じるのは、力一杯表現する主人公の少年の表情だったり、その彼が体験する諸々の恐ろしい体験を通して段々と恐怖から悔しさや怒りに変わっていく様子なのかも知れない。 重くて怖くて苦しい、そんな映画だった。
本作は第二次大戦中の旧ソ連の白ロシア(現ベラルーシ)の村でドイツ兵に虐殺された人々を描いている。モデルとされるハティニ(Khatyn)村では75人の子供を含む147人の民間人が小屋に押し込められ火を放たれた。ナチスはユダヤ人の迫害だけでなく共産主義の撲滅も目指していたのだ。映画に出てくるナチスの特別行動部隊によるドイツと旧ソ連戦時下の犠牲者は約80万~130万と言われている。また、ヨーロッパ本土のユダヤ人犠牲者は約600万人と推定されている。(つづく)
05/05
戦争映画というよりも、前半部の凶兆の演出なんかをみるとホラー映画に近い。主人公の表情なんかは見応えあってよかったんだが、こういうのを見て喜ぶのはそろそろ終わりにしたい。てかナチスの残虐行為や、悪の凡庸さをいまだにあれこれ語ってる連中の古臭さはいったいなんなのか。アイヒマンばっか言ってないで、いい加減シンドラーの偉業を語るえらい人はあらわれないものか。
HGL
10/30
10/28
怒涛の後半。お祭り騒ぎで楽しげに虐殺を繰り返すナチス。悪の凡庸さという言葉があるけれど、本当に普通の人たちがここまで残虐になりきれるのか!?戦争っていや!てか、もう生まれてこなきゃよかった!となるくらい、えげつない。画も音も阿鼻叫喚で、耳が目が痛かったです。「すべては子供からはじまる」、この言葉が重くのしかかる。少年が、ラストでヒトラーの肖像画に発砲し続けるシーンからは、この映画のナチスに対する怨念をすさまじく感じました。巻き戻され、最後に映された幼少期のヒトラー。すべては子供からはじまるのか。
【書きかけ】一部マニアにはよく知られた、1985年のソ連映画。とにかくひたすら異様である(´・ω・`) 音… 音が、サウンドデザインがすごい
08/17
ドイツ側が相当な悪役にフィクションされているが、628の村を村人共々焼き付くしたのはノンフィクション。 銃撃戦シーンは全く無いのだが…、それよりも恐ろしいかつての現実が描かれている。戦争映画に見慣れていない方は覚悟して観賞した方が良いと思う。それでも知るべきことの人間の恐怖と、何も報われず言葉にならない観賞後の気持ち悪さ、ものすごい。そして子供たちの未来について、本気で考えるべき。生半可では…いけない。
08/05
体感速度が凄まじい。どこを切り取っても印象が強烈だが、ひとつ挙げるとすれば物語終盤の虐殺シーン。教会に集められた村人たち、中に放り込まれる手榴弾、外からは火炎放射器、爆笑し大喜びのドイツ兵、教会からは断末魔の大合唱、村のスピーカーからはクラシック音楽。すべての音がまさに洪水となって響きわたる。映画という形をとっての悪夢体験。覚悟して観るべきだが、覚悟するだけの価値はある。
08/02
06/04
05/31
05/14
最新の20件表示中[もっと見る]

炎628を観たいと思ったみんな最新10件(61)

02/15:
06/20:Sea
02/20:キモリ
02/16:くろさぼ
02/21:chiba.kt446
12/14:いゆとみ
11/13:///
10/08:犬一

炎628を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5695登録

炎628の評価:65% レビュー数:17
ログイン 新規登録