運命を分けたザイル [DVD]

運命を分けたザイルの感想・レビュー・登録(111)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
【芋焼酎 家 ひとり】 ふあああああ。ドキドキしたぁぁ・・
本で読んで、映画があると知り鑑賞。ご本人が解説しているのですね。
まさに事実は小説よりも奇なりですね!
映画館で鑑賞したのだが、鑑賞中に今までで最も喉が渇き切った作品で、鑑賞後に真っ先に自動販売機を探して、水分補給をしたっけ。 シウラ・グランデ登頂後の二人の遭難劇を描いた本作は、実話ゆえの再現形のドキュメンタリーのスタイルで、これがリアルに見事にハマった。 原題“Touching The Void”…究極の生と死の狭間は見ておいて損はないかと...★4.5
本人たちによる再現ドキュメンタリー。凄絶すぎる。苦渋の決断と生への執念。雪山で骨折なんて致命的。サイモンの決断は致し方ない。置き去りにされたジョーの絶望感と孤独感も相当だが、置き去りにしたサイモンの方が傷ついている。サイモンはその後ザイルを切ったことで非難を受けたようだが責める気にはなれない。ジョーはサイモンを庇い続けているが、サイモンの罪悪感は癒えることがないと思う。☆4.2
Huluで見た。この映画は初めて見た。最初から本人が登場しているので生還したのは明らかなんだけど、あの状況から生還する道筋がまったく見えなくて否応なく引きこまれた。おもしろかった。
この手のはハズレが無いのが常なので、最初から安心していた。結末がわからないまま見始めたので、最後まで見れ、やはり面白かったが映画的にどうか、ドキュメンタリーなので、もう一度見たいか、というと、もういいです。
登山家本人たちによる再現ドキュメンタリー。アンデスの過酷な雪山登頂の喜びはほんの束の間。下山のドラマが凄まじい。サイモンの苦渋の決断も勇敢だし、ジョーの体力・気力も奇跡的で。二人が感じる尋常でない寒さ、喉の渇き、ひもじさ、ジョーの足の痛み、絶望感…観てるだけでも苦しかった。余計な演出は一切ないからなおさら生々しい。特にクレバスの底で感じる孤独感と絶望感はやるせなかった。ラストは感極まって涙が溢れた。これは撮影の過酷さも、こちらが想像する以上だと思う。
観始めたときは「退屈かな?」と思ったが、ぐいぐい引き込まれた。あの状況で諦めないのが凄い。私なら確実に諦めてしまうよ。あんな地獄体験をしてもなお「僕でも同じことをしたよ」と相手を思いやれる心が素晴らしい。山男ステキ。
ドキュメンタリーならドキュメンタリーに、劇映画なら劇映画に、どっちかにしろって話。
緊迫感、切迫感がすごい!そしてホントにどうやって撮ったんだ?て映像がいっぱい。これが実話だってのが凄すぎる。。。
最初から最後までハラハラドキドキ。こんな登山には絶対私は手を出すまいと思いました。ジョーの強さに驚きです。2もあるようなので気になります。
★★★☆☆ 見ているのが辛くなるほど緊迫感があり美しい映画…でも飽きる…
過酷な状況での判断、そして生き延びるための這い上がる様、緊迫した感じがヒシヒシと伝わってきました。その後の二人の命運も分かつザイルだったんですね。
6点。アンデスの山で遭難し、一本のザイルだけが命の頼りになった2人の登山家の生還劇を、彼ら本人のインタビューと再現映像で構成した、「すごく金のかかったアンビリバボーの一逸話」のような映画。そうしたありがちなものとは全く異なる、いったいどうやってカメラさんそこに行ったの?という疑問に答えが見つからないような「生きた山」の映像が凄まじく、再現映像であっても本当に生還できるのか?という気になるほど。ただ、インタビューとの交互の構成が逆にその迫力を減じさせている部分もあり、全体として地味になったのは勿体無い。
すごかった。絶対に助からんだろう、と思うのだけど、当の本人がしゃべってる不思議。どうやって助かったのか、知りたい一心で観続けた。★3
R
ここまでの登山は流石にやったことない。バーティカルリミットを思い出したが、この映画はドキュメンタリータッチだからかリアリティが凄い。ジョーが星空を見た時に「何世紀もそこにいるような錯覚に陥った」と語ったのは印象的だった。山に限らずだが、大自然の中で人間てちっぽけな存在だなぁと思う。人間の命なんてちっぽけなんですよ。この映画を見てつくづく感じた。しかし、同時に「人間はちょっとやそっとでは死なないのだなぁ」と人の生命の強さを感じさせてくれる。そういう複雑さが山との対峙であり、生きることなのだろう。
75点。 こんな邦題だったんだ、そら気づかなかったわ。面白かったよ!雪山恐ろしいね\(^o^)/ひとも結構だんだん恐ろしくてよかったよ\(^o^)/
ノンフィクション。 人間の「生きたい」という本能がもろに浮き彫りにされてます。 自立しあった人間関係は一見ドライだけど 深い。
リラックスして観るには申し訳ないくらい壮絶な脱出行だった・・・。なのだけど、ドヤ顔で回想する彼らとの温度差が否めない。こんな死と紙一重の体験をしてもまだ登るのか。クレバスから脱出したときに感じた「世界に戻った」感覚や、命を極限まで燃やすことで体感できる何かが、登山家にしか分かり得ない何かがそうさせるのだろうか。自分の萎びた魂には分からない・・・。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

運命を分けたザイルを観たいと思ったみんな最新10件(33)

08/16:yaka
09/24:いくみ
05/20:aya
05/10:美々杏
05/02:紅蓮
12/03:ロビー
07/20:kbtysk
07/15:かわはら

運命を分けたザイルを観た人はこんな映画も観ています


運命を分けたザイルの評価:70% レビュー数:39
ログイン 新規登録