デスペラード コレクターズ・エディション [DVD]

デスペラード コレクターズ・エディションの感想・レビュー・登録(180)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ロバート・ロドリゲス監督のファンになりました。『カウボーイビバップ』のコンセプトモデル作品のひとつだと思います。
おもしろ!なんてイカした映画なんだ〜所々なんなの???って感じがクセになるし銃撃戦(所々しょ〜もない)のも好み!久々の当たり。真面目に見る作品じゃないから是非午後ローで流して欲しい。ブシェミの顔に十字に光が当たってたシーン尊過ぎ/4
テレビ録画にて。初鑑賞。アントニオ・バンデラスなくしてはありえない。演者は大真面目なのにくすりと笑える演出はねらい?とか思いながらもぽんぽん主要人物が死んでいくところもラストシーンのどんでん返しにしては微妙なところもいい味出してます。これでもかっていう銃撃戦も好きな人にはたまらないかも。
痛快!もうつっこみどころとかどうでもよく、ひたすら笑える。美女もいるし。
6、7年前に見た『エル・マリアッチ』はほとんど覚えていない。で、テレビでやっていたので続編(リメイク)の本作を見たわけだが、完全なお笑いだった。手榴弾の爆発をバックに澄ました顔で歩き出すマリアッチとカロリーナのショットには大いに笑った。でも、一番素晴らしいのはブシェミによる導入の語り。『レザボア』のあの特訓を思い出さずにはいられない。
ラテンの音楽をバックに流れるようなテンポで進むストーリーと、意味なく撃ち合う銃撃戦、そして最後の仲間二人と一緒に戦う場面・・・。特に仲間二人の武器には笑えました。ギターケースに入れたマシンガンやロケットランチャー、ギターケースが揺れまくって敵に当たってないし、出てきてすぐに死んじゃうし。それに銃と対峙するのに防弾チョッキもつけない男気たっぷりのナイフ使いもいい味出しすぎ。全体的に漫画チックなのりで話が進むので、突込みどころはたくさんありましたが、楽しめたのでよし。何より制作側が楽しんで作っているわ。
ロバート・ロドリゲスのメジャーデビュー作にしてガン・アクション映画の快作メキシコ風味。前作とは一応つながっている。古風な復讐話に男の子(子、というのか重要です)が喜びそうな銃撃戦をごってりまぶしてなんかへんな奴らがそれの周りで踊りまくる。すごいのはその華がもう、すぐ死ぬ。ポンコロ死ぬ。よく考えたら設定とか物語とかも死んでる。その真ん中でバンデラスと美女が踊る。でもこれが滅法面白い。これは祝祭だ。イェイ。
いつでも観れるわ、と思っているうちに今頃になってしまったという(^_^;) 冒頭いきなりスティーヴ・ブシェミが登場して二ヤ~。銃撃戦に期待したほどの爽快感は得られなかったけど、絶対冷やかしに出てきただけのタランティーノやダニー・トレホの妙な存在感とか楽しかったのは間違いない。そして、やっぱりサルマ・ハエックがきれいだった。
テレビにて。久々の再鑑賞。やっぱりガンアクションがカッコよかった!!大好きな映画の一つです。
アクションと音楽がかっこいい。んで、やっぱオープニングとエンディングが巧い。オープニングで引き込まれて、かなり楽しめた。んだが!そんなことどうでもよくなるくらいヒロインのサルマ・ハエックが綺麗wwフロム・ダスク・ティル・ドーンの時に初めて見てビックリしたが、本当に綺麗。
ギターケースを片手にさすらうマリアッチ・ガンマン。マリアッチ三部作、三作目のレジェンドオブメキシコは更にかっこいいけど、この作品も面白かった。
面白過ぎる・・・アントニオ・バンデラスがこんなにカッコよかったなんて! 今まで何で気がつかなかったのでしょう?!!!!
少しテンポが遅いのが気になるが、割と真面目な筋に所々おバカな演出が入っていて楽しく観れた。メキシコの街と調和して痺れるくらいカッコいいバンデラス、何しに出て来たと笑わせてくれる盟友タランティーノ、いつもの脇役ダニー・トレホなど後の作品でも顔を出すようになる奴らが暴れまくる。華麗な銃撃戦とリロードでもたつくギャップが人間味を感じさせる。炎をバックにドヤ顔、ミサイルケースの構え方など後半のバトルはホント面白かった。ロドリゲスの原点が感じられる非常にいい作品。
エル・マリアッチの続編。制作費が増えたせいか、結構アクションシーンは惹かれた。ガンアクションが格好いい。ラブシーンも大胆でいい。やるならこれくらいやって欲しい。ただ最後に「俺が殺した奴も誰かの親で子で兄弟なんだ」っていいことを言うのに、仲間の死をスルーしすぎなのが違和感。特に終盤に呼んだ仲間は絶対にいらない。あれは萎えた。ミサイルは面白かったけど。「もう礼は言ったか?」「いいえ、まだよ」「今度な」のやりとりはカッコいい。12点。
スティーヴ・ブシェミの語りの場面が本当に秀逸。でもその後は普通だった。後半の仲間達との戦闘シーンやダニー・トレホのナイフ投げ、そしてタランティーノのカメオ出演などロバート・ロドリゲス監督らしさもあったのは良かった。
冒頭のブシェミの語りがなんかいいんだ。音楽も格好いいし、何よりあのギターケース超欲しい……。ミサイル撃った後の恍惚の表情。
10何年ぶりに観返した。変なポーズでミサイル撃つシーンとロス・ロボスが音楽やってるってことくらいしか覚えてなかったけども、今観てもわりとおもしろい。つーかロドリゲスがいまだに何の進歩も無ぇーっつうのを観返すのも良いと思う。まぁ観終わった後にギターは引きたくなりますよ、と。アルペジオを。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

デスペラード コレクターズ・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(20)

06/20:a crow
09/05:あおゆう
05/07:krn012
09/26:おうと
09/07:Y田
03/26:_
08/31:内田貴紀
08/03:kbng

デスペラード コレクターズ・エディションを観た人はこんな映画も観ています


デスペラード コレクターズ・エディションの評価:39% レビュー数:35
ログイン 新規登録