八月のクリスマス [DVD]

八月のクリスマス [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ホ・ジノ
出演者
ハン・ソッキュ
シム・ウナ
上映時間
99分
amazon.co.jp で詳細を見る

八月のクリスマスの感想・レビュー・登録(89)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ハン・ソッキョって今も昔も素敵な俳優さんだな。韓国語の先生がどんな役でも、どんなシーンでも発音がきれいなすごい俳優さんだと言っていた。 穏やかな日々。穏やかにすっと姿を消えたたように人生を終えたいな。
静かなラブストーリー。
相合傘の時に女性に傘を持たせるような男(自分)は最低だなとこれ見て気づいた(←バカ)。いやだってさ自分その娘より身長低かったから傘支えるのとっても大変だったんだもん(←クズ)。カフェの窓越しに彼女を見つめる場面がとってもよくてしみじみした。あと遺影を撮りに来るばあさんで親父を思い出したりして。変に大袈裟に盛り上げようとしないのがよい
韓国の恋愛映画。女は男が末期の病状を抱えていることを最後まで知ることがなく、男はそんな自分を女に悟られることもなく消えていく。それは彼女のなかに残る“おじさん”としての思い出。それが愛というなら、あまりにも感情の抑制が効きすぎた映画です。
ラブストーリーの体裁ですが、むしろ無位無官、経済的成功もなく、特別な技能もない平凡の極みな小市民の男性の最期の日々を描いた作品。30台にして、妻子なし、彼女もなし。余命わずかで、親の先行きが心配。そんな彼に奇跡的に好意を寄せてくれた女性とはすれ違いの連続で、そのまま…。儚くて、切なくて、でも愛おしい。ちょっとだけ、ほっこりなラスト。でも、哀愁漂います。
病で自分の死を前にしながら変わらない日々を淡々と過ごす主人公演じるハン・ソッキュの穏やかな笑顔が印象的。余計な説明や過度な演出もなくセリフさえ少ないけど、父のためにビデオや写真の現像機の使い方を書き残す。布団を抱きしめ一人嗚咽する主人公とそれをただ見守るしかできない父。彼女を喫茶店のガラス越しに見守り遠くのその姿を抱きしめるようにそっと自分の手を重ねあわせる。。。何気ないシーンから大切な人を残して逝かねばならない主人公の気持ちが痛いほど伝わってきて思わず涙してしまった。静かな余韻を残す上質なラブストーリ。
山崎まさよしさん主演の、日本映画を観て原作も観てみた。愛は思い出になると思っていたけど、君だけは思い出にならなかったっていう最後の語りがじーんときた。
タイトルの意味は?
淡々と過ぎていった。女優さんが美しかった。
自分の死を見つめながら、周りに思いやりをもって、笑顔で日々をたんたんと過ごす。こんなことなかなかできないだろうな……。写真館のガラスのシーンだけ唐突で驚いた! 
静かな映画。説明的なセリフは 全くなく、見るものの、想像だけで、進んでいくのがいい。
静かな映画。説明的なセリフは 全くなく、見るものの、想像だけで、進んでいくのがいい。
韓国版「葉隠」の恋。死に行く者が生き残る者に注ぐ愛こそが、一等純粋。
★★★★★
山崎まさよし主演のリメイク版も良かったけど、これも良かった。今でいう「終活」についてしみじみと考えちゃいました。スイカの種飛ばし、手書きの取説、割れたガラス、遺影撮影、日本版も韓国版も印象的なシーンはそのままで、静かな感動がありました。
佐野史郎と麻木久仁子と武井咲で作れそう。男友達と写真とるシーン、石を投げるシーン、おばあちゃんの写真を撮るシーンなど、写真館という場所だけで印象的な映像がたくさん。
死を目前にしても日々の生活を黙々と送る主人公の姿に感動.
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

八月のクリスマスを観たいと思ったみんな最新10件(13)

11/08:黄泉
08/25:anal sushi
05/21:あかは
02/21:扇風機
07/13:とらんぷ
11/07:れもん

八月のクリスマスを観た人はこんな映画も観ています


八月のクリスマスの評価:58% レビュー数:26
ログイン 新規登録