狼男アメリカン [DVD]

狼男アメリカンの感想・レビュー・登録(78)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
☆8.5 シンプルで面白い。 序盤から怪しげな雰囲気が漂い、自然と映画に入り込める。そして笑いを散りばめながらも、ラストの怒涛のシーンには唖然とし、切ない気持ちが込み上げてくる…かと思いきや、突然の陽気なエンディングソングには思わず笑ってしまった。 ホラーとコメディの狭間を楽しんでいるような作品。
狼男ものです。世界三大怪物のひとつ狼男がゾンビと競演するという珍しい映画です。デヴィットが狼男に変貌する過程を丁寧に描いているため、切ない話になりそうですが、シリアスなシーンとコメディシーンを交互に入れてくるので、暗くならずに見れます。緩急の付け具合がいいですね。特にクライマックスのポルノ映画館での流れはシリアスかつシュールで面白かったです。それでも、基本的にはホラーなのでホラー描写も良いです。序盤の、霧が出て全く周囲が見えない荒地での襲撃シーンや、クライマックスの地下道のシーンは見せ方がうまいですね。
これを観たマイケルジャクソンがスリラーでジョンランディスを起用したという訳だな。確かにゾンビであり狼男。友達のゾンビが時間経過によりどんどん腐って登場するの面白い。ラストの街中大事故シーンは無駄にグロ死をわざわざ見せてくれて素晴らしい。途中ちょっとダラダラするとこあるけど特殊メイクはなかなかすごいし(大御所リックベイカーだし)見所もあり良作b級映画であった。BDはレンタルでも特典満載でドキュメンタリーもちゃんとしてて主役2人のコメンタリーもあり大満足。ジョンランディスの人柄ってすごい良いんだな
前から見たかったので満足。時代の黎明期を感じさせる特殊メイク。短いながら いろんなエピソードがうまく絡んでるのもお得感があります。カーアクションもよかった。ピカデリーの惨劇。
手がニョキニョキ伸びたり、体毛フサフサ生えたり顔の骨格が変わったりするのがリアルで気持ち悪かった。でも変身するまで普通に読書してて、いきなりやめろ!やめてくれ!って突拍子もなく悶えて変身するのがシュールだった。コミカルに描いてはいるものの、終始悲しさを持ち合わせた不思議な作品であったぁ~。
ちょくちょく挟んでくる笑いで怪物の悲哀…というには大げさな雰囲気だけど、最後の、変わり果てた姿をみてなお「愛してる」と言うヒロインに切なくなった。あとやっぱりあの変身シーンにゾクゾクする。CGではない特殊効果の素晴らしさ
ポカーン。テレビ録画版で鑑賞。変身シーン、狼男になってる時は面白かった。コメディですな。
狼男への変身シーンがいい。ジャックの変わりゆく姿がよかった。終わり方が潔い。
★★★★☆ この監督はカークラッシュが好きだなあ。あと、「オオカミに変身する」ということが持つ意味を考えると、終盤の展開やエンディングロールの「Blue Moon」に打ちのめされる。
何でしょうか、この感じ。後でジワジワ来るやつですね。アメリカという大陸から来た若者がイギリスという閉鎖的な島国で狼男として抑圧を解く…のかと思いきや、死んだ親友からはとっとと死ねと言われ、俺は狼男なんだ!と言っても信じてもらえず、彼女だって居るのに妙な孤独感が支配する物語。そんなシリアス(?)なストーリーラインと突然ぶち込まれるギャグテイストなシーンが変にマッチしているのが不思議。結局あのトゥループっぽい人達何だったのとか突っ込みどころ満載なんだけどフツーに最後まで観ちゃった。悔しい。
『ハウリング』と同じ81年の作品、77年の『スターウォーズ』第一作あたりをきっかけに 日本でもSFXの大ブームが起こったわけだが その際にしばしば引き合いに出されていたのを思い出す ⇒ 驚くほど単純なプロット、突如のコメディ・テイストも謎だしww、でもジャックの扱いは変でよい(脚本もジョン・ランディス) しかし!一発目の狼変身シーン(これも前フリなしに突如おっぱじまるww)が今観てもすごい… もうそれだけで、十二分に観る価値ありだ 『ジョーズ』以降の本気B級映画のすごさがよく表れた一作ですね、よいです
作品構成全体にすごくセンスを感じた作品でした。うつりこむ景色や小物、街の様子などが目を飽きさせません。狼男ものなのに、ただグロいとか、殺伐としているとかでは全くなく、日常の見慣れたものをそこここに配することで、不思議なテンポの良さをつくりあげていました。ただ、狼男のキャラクターデザインが人型ではなく、どこか熊っぽいことに違和感を感じます。ですが、特殊メイクの全盛期のすごさというものを思い知りました。(原題: An American Werewolf in London、1981、アメリカ)
記憶辿りシリーズ。 ほんと大好きな映画、ホラー映画で1,2を争うくらい好きな映画!だった印象...
あっけなさすぎるラストシーンに陽気なエンドロール 最高です!
「真っ直ぐに道を行け」、「荒地は危険だ」、「月に注意しろ」。獣に殺されたものは不死者として永遠にこの世を彷徨う。獣に殺されずに生き延びた者にも過酷な運命が待っている。 狼男に変身するシーンがとにかくすごい。CGが当たり前になってしまった今の世の中でもこういう特撮はいつまでも色褪せないのだな。死んだ親友・ジャックが主人公に対して「早く死ね、自殺しろ」とゾンビになって警告しにくるのがなんとも可笑しい。ラストがちょっと味気のないが残念といえば残念。
大傑作!何度観ても痺れる!オープニングの寂しい荒野、狼男への変身、品があって恐ろしい襲撃シーン、月にちなんだポップスの挿入曲の明るさと薄曇りのロンドンとの対比、ラストの大パニック、とどこを取り出してもグッとくる。ジョン・ランディス作品では一番好き。ホラー映画でもベスト3に入る。
すごくB級臭のするネタとタイトルなんだけどよくできていた。とくに変身するところは特殊効果の本気を見た感じ。お友達や犠牲者の出演も面白い。とにかく特殊効果が圧巻。カメラワークも効果的。最後はある種のあっけなさがあるんだけどまあありかなという感じ。
だいぶ前にDVDを買っていたが、ようやく鑑賞。昔TV吹替版を2回ほど観た記憶あり。全体的なあらすじは人狼ホラーでありがちだが、ジョン・ランディス監督のユーモアのある演出とリック・ベイカーの特殊メイクの素晴らしさが他の人狼ホラーと一線を画す。鑑賞したのがこのDVDかどうかわからないが、映像特典が色々とあり「狼男」DVDの特典と同じくリック・ベイカーが色々と語っていた。他のホラー作品への愛も感じる映画。同監督作は何作か観たが、本作と「ディア・ウーマン」(短編ホラー)と「大逆転」はなかなか楽しい。
色々と笑わせて頂きました。
音楽がいいよね。唐突だけれどなぜか納得してしまうラストが好きです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

狼男アメリカンを観たいと思ったみんな最新10件(22)

07/23:ゆみぢ
01/05:嘴本
04/20:kjk
12/16:maguro
12/14:いゆとみ
09/22:AR
10/26:やまなぎ
07/01:伊部

狼男アメリカンを観た人はこんな映画も観ています


狼男アメリカンの評価:59% レビュー数:23
ログイン 新規登録