歌え!ロレッタ愛のために [DVD]

歌え!ロレッタ愛のためにの感想・レビュー・登録(29)

最新の20件表示中[もっと見る]
シシー・スペイセクは凄い。オリジナル『キャリー』ですよ。なんだあのブスと言わないで。彼女の映画を見ると魅了される。確かに造作は悪いはずなのに、とんでもなく美しく見えるシーンがあるのです。正に女優。この映画も彼女の魅力を十二分に堪能できます。カントリーに興味がなくても大丈夫。あまりの上手さに、固定観念破壊されます。あと、赤毛のトミーおじさんが珍しい。
あのキャリーの役のシシースペイセクはすばらしい女優だ。この映画当時トミーリージョーンズが34歳、シシースペイセクが31歳。なんとシシーは13歳からの役を見事演じた。それだけではなく吹き替えなしの唄。すばらしい。この年1980年のアカデミー作品賞はなんだったのだろうか、そうか「普通の人々」これは見に行ったけど全然意味わかんなかった。これもそうだっただろうかな。結局トミリージョンズ演じる夫はすごくいい人だった。」彼女の一番の理解者、立役者だ。あまり刹那なところはなく楽しくこれぞアメリカ映画と思う。
カントリー歌手の伝記映画。デビューから売れっ子になるまでトントン拍子な上に夫との確執も特に深刻な程ではなく。売れっ子故の苦悩も短くしか描かれていないので、折角の波瀾万丈な人生がなんだか軽く浅く感じました。全編に流れるカントリーミュージックとシシー・スペイセクの歌声は素敵でした。
12/25
11/12
05/18
04/14
実在のカントリー歌手ロレッタ・リンの半生。シシー・スペイセクのローティーンにはやはり無理を感じる(公開当時30歳ぐらい)が、スッピンの田舎娘から次第に人気歌手へと登り詰めていき、さらに再起後の自信にあふれた美しさまで見事に演じきっている。何よりもちょっとハスキーな歌声が素晴らしい。こういった映画を見ていると、カントリーミュージックがアメリカ人にとっていかに身近な音楽なのかがなんとなくわかる。すごく心地いいのだ。それにしてもトミー・リー・ジョーンズわか!
シシー・スペイセクが子沢山のカントリー歌手役。いままで虐められたり地味だったりしたのに、この映画では溌剌としている。歌も上手い(本人が歌っているんだよな)。旦那がトミー・リー・ジョーンズなのも面白い。
08/18
02/18
06/23
04/28
最新の20件表示中[もっと見る]

歌え!ロレッタ愛のためにを観たいと思ったみんな最新10件(7)

04/21:レイ
04/16:あおぞら
12/10:もっぴー
09/21:t&t
06/20:雨月繭
01/12:namazz
01/04:yoko

歌え!ロレッタ愛のためにを観た人はこんな映画も観ています


歌え!ロレッタ愛のためにの評価:69% レビュー数:10
ログイン 新規登録