東京ゴッドファーザーズ [DVD]

東京ゴッドファーザーズ [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
今敏
出演者
江守徹
梅垣義明
岡本綾
こおろぎさとみ
上映時間
90分
amazon.co.jp で詳細を見る

東京ゴッドファーザーズの感想・レビュー・登録(1730)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
amazon prime会員になったせいでダラダラと映画をみてしまってまずい
クリスマスの奇跡的な映画だね!元競輪選手のギンちゃん、元ドラァグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ、3人のホームレスが、捨てられた赤ん坊を見つけたことから、それぞれに奇跡(出会い)が訪れる。悔しいけど鼻の奥がツンとする・・春に見る映画じゃないな!花粉症がひどくなる。この監督ギンちゃんみたいだけど、早世だったんだ。不摂生が残念。年末に観ようね。
fkr
再鑑賞。内容忘れていたが、面白かった。やや台詞が多いがまあいいか。
パーフェクト・ブルー、パプリカ、妄想代理人などを何回も見返すほどに今監督の作品が好きなのですが、何故かこの作品だけ見る機会を失い続けていました・・。最高に面白かったです。爽快。
アニメ的な面白さも物語的な面白さもとてもよかった
偶然を救うのが人間だとニーチェは言う。ならば偶然に救われるこの物語にいる神とは当然今敏そのものに他ならない。アニメーションにおいて創造者から離れた偶然を作り出すことは難しい。全てが必然ならばキャラクターはまだキャラクターでさえない。偶然を否定し、自力で戦うことを今敏は敢えて選択せず、むしろ偶然に浸し尽くしてみせる。そこに生まれる救いを信じているからだ。
クリスマスから大晦日にかけて見たくなる作品。以前にも一度見て記憶に残っていた。ホームレスのでこぼこトリオが、クリスマスの夜ごみ捨て場で女の子の赤ちゃんを拾い、思わぬ騒動に巻き込まれていくコメディ。面白いくらいたくさんの出来事が起こって忙しい(笑)離れた家族と再会する奇跡もあり、殺人未遂のハプニングも。犯人の動機は語られなかったな。都会の街並みが上手く描かれているし、音楽もバッチリ合う。何よりも個性と表情が豊かなキャラクターがとても魅力的。笑いの中にふとした切なさや優しさがあって、好きな作品です。
:U-NEXTにて。クリスマスだし、ずっと気になっていた今監督の映画を見ようと選んだ一本です。3人のホームレスがクリスマスの夜に拾った赤ちゃんを、親の元に届けようと奮闘!そして町中で起こる様々な事件、交差する出来事、3人の過去。それらが最後にスッと綺麗にまとまっていく展開が素晴らしいです。このキャラはああでこうでと語られ過ぎないところがまた、リアルでいい◎ 今監督はパプリカしか見たことがなかったけれど、本当に見てよかった!千年女優もいつか見たい。そっと心の奥を気持ちよく震わせてくれる映画でした。
クリスマス映画ということで鑑賞。あまりそうでもなかったな。クリスマスに拾った赤ん坊にキヨコと名付けた、ホームレス3人の人間模様とその顛末。リアルでもあり、愛嬌のないアニメ漫画とでも言うべきか。あまり、心に何も来なかったけど、女神の登場は面白く、突然の救急車にはビックリのけぞった。声優江守徹で持っているような評判かな。しかしなあ、あの射殺未遂犯はなんだったんだろう。その奥様は何を話していたんだろう。色々と不思議な部分もありました。
★★★☆☆来年のクリスマスにまた見たい!
いい映画なんだよ、コレ。 声優陣も素晴らしい。ミユキ役の女性いいなと思ったら既に引退してるのか、残念。
クリスマスが近づいて‪、街がキラキラの時期になると、観たくなるのが「東京ゴッドファーザーズ」⋯ ちょっぴり人恋しくなるこの季節、ハナちやん達が、優しい気持ちにさせてくれる。‬‪東京の片隅で、小さな奇跡といくつかの偶然と、ちょっとした事件がかさなって、そこに生まれるクリスマス・ファンタジー。‬
端役の声優さんが豪華すぎる!今敏さんの作品、パプリカしか見たことがなかったので、結構緊張したけど、いい意味でわかりやすくてドタバタしててよかった。
とっても面白かった!
これでもかというくらい奇跡が詰まっている物語だった。どのキャラクターも感情を豊かに表現されていて生き生きとしていた。陸橋の上でハナさんの髪が風に揺れるシーンよかった。「与えられた中で最善を尽くす以外何ができます?」という問いかけは覚えておこうと思う。
何度観てもいいなぁ。ただきよこの顔ぜんぜん可愛くない(笑)パプリカ観たいのに借りられてて観れない。
100
最高!アニメーションが素晴らしくてマッドハウスにあっぱれです。キャラデザもストーリー展開もギャグセンスも鈴木慶一の音楽も江守徹の声も、どストライク!
魔法がかったようにストーリーが転がってゆく。嘘みたいな奇跡がたまらなく心揺さぶってくる。アル中・オカマ・子供のホームレス三人組がクリスマスに赤ん坊を拾ったことから繰り広げられる、最低の人生の中輝いた花火のような瞬間の幸福。丁寧に描かれる街並み、泣いて笑って驚いて、哀しみと愛嬌いっぱいに描かれる人物の表情はアニメーション作品として本当に素敵。レゲエ/ダブのリズムに合わせ第九のメロディで歌われる「クズにはクズの生きるところがある」なんてED曲は何より最高だ。クズにはクズの映画がある。かけがえのない物語がある。
路上で共同生活を送る3人が捨て子の親を探して年末の東京を駆け回る。日中の表現がほとんどないのは日陰者である主人公と重ねているのか。話が進むにつれて3人の背景も明らかになり、抱えていた問題が少しずつほぐれていく。アクションシーンもあり、迫力があった。声を俳優が当てていることもあり演技力はさすがである。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

東京ゴッドファーザーズを観たいと思ったみんな最新10件(201)

07/17:
03/02:てん
02/13:ヤマ
02/06:マスト
10/06:ねおん
10/02:LOVIN
09/13:蟻飼い
08/27:ひげわら

東京ゴッドファーザーズを観た人はこんな映画も観ています

千年女優 [DVD]
千年女優 [DVD]

1553登録
パプリカ [DVD]
パプリカ [DVD]

2766登録

東京ゴッドファーザーズの評価:38% レビュー数:332
ログイン 新規登録