PERFECT BLUE [DVD]

PERFECT BLUE [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
今敏
出演者
岩男潤子
松本梨香
辻親八
大倉正章
上映時間
82分
amazon.co.jp で詳細を見る

PERFECT BLUEの感想・レビュー・登録(903)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
アニメーション映画と高をくくっていると、かなりの過激描写に目を見張ることだろう。しかし本作の魅力はそこだけでない。自分という者の本質が一体どこに存在しているのか。分からなくなってもがくヒロインの姿は、誰しも経験したことのある痛みなのではないだろうか。
昨今流行りのアイドルアニメ。やばいキャラが多くて面白い。精神が摩耗してあらゆる場面に転換する演出は頭おかしくなりそうだった。現実的な視点で物語を観たら、未麻のメンタルが強かったらこんな複雑な話にならずもっと単純だったんだろうなと。超越的なものを有りとする視点から観るなら、全ては生霊的なミマリンが憑りついて起きたのでは。ミマリンは3人の中だけじゃなく実在していて、何らかの原因でルミちゃんから抜け出せなくなって封印されたことによって事件は収まったと。昔はドラマとかで乳首を放送して羨ましいなと改めて思った。
久しぶりに鑑賞。内容忘れていましたね。今さんはすごいな。
主人公の顔の描き方がとても好き。
ブラックスワンの元ネタだと聞いたことがあり、見ました。面白かった。妄想と現実がぐるぐるになっていったいこれは本当に起きているのか?とめまいを起こしそうになった。中盤の同じカットで目覚めるのを繰り返すところなんてほんとにクラクラした。一番安心したところで一気に不安へと振り切りところが秀逸。犯人は全くわかりませんでした。後から考えると、あれが可能な人はあの人しかいないのだよね。
小学生の時、総合学習(だったかな)で地元で活躍する色々な職業の人を尋ねる機会が有り、この作品に原画で参加したアニメーターの方の家にお邪魔したことがあります。その時、この作品の中に地元新潟の会社の名前が登場しているんですよ、と「原信」「コメリ」が写っているシーンを見せて下さった記憶が甦りました。 作品の方は80分という時間の中にかなりのものが盛り込まれている上にかなり混乱されられました。襲ってくるファンの男のビジュアルと声のギャップが面白い。グループの曲(愛の天使)、エンディングの曲どちらも好みでした。
映像の主観と客観を識別困難にして翻弄する演出手法自体には少なくとも「エルム街の悪夢」まで遡れる前例があるけれど、テレビ画面とそれを囲む人物・ステージと観客・部屋の奥の人と手前のモノ・ビル街等のアニメ的なレイヤーの連なりの要素と、見る・見られるという営為の要素の二つを結実させている点でこれは興味深い。非対称的な妄想の媒介となる鏡やガラスの反射や、暴力性を伴った画面を見ることの負荷(作中見ることで涙を流した唯一の人物は?そしてその後やったことは?)といったものはこの二つの交差として発露しているのではないか。
kay
アイドルから女優に転身した霧越美麻が、以前の自分とのギャップやストーカー被害、新しい仕事(レイプシーンの撮影等)に精神を病み幻覚を見るようになる。アニメと思って観ていたら思った以上にホラー展開で、美麻の現実と夢または幻覚の区別がまったくつかないシーンはエルム街の悪夢の悪夢シーンを思い出した。この作品の影響を受け、レクイエムフォードリームで全く同じシーンがオマージュとして用いられているのでそこも楽しめた。全てが明らかになった後、主人公がこちらに語りかけるような結末にはゾッとする。
ダーレン・アロノフスキーがブラックスワンの参考にしただか、パクッタだか等と言われたこともあったので超久し振りに観る。内容を見ると、こちらの映画のほうがインターネットによるストーカー犯罪などリアルに(ちょっと前にワナビーの人がやられていましたね)描いている点を重視するとこちらの映画のほうがある種の警告に見えてきてしまいます。とは言ってもこちらは全てが妄想の産物の可能性は結構有しているのだが。
二重人格モノかと思いきや、二転三転して最後のどんでん返しには驚いた。R-15指定だけあって残虐かつエログロ描写が多い。
ブラック・スワンのもととなる話ときいて観た。ミスリードに完全に騙された。途中何が現実なのか夢なのか分からなくなる。いい意味で展開に頭の理解が追いつかなかった。
これは面白かった。アニメでサスペンスというのも新鮮だし、犯人も最後まで分からず楽しめた。こういうアニメ映画もっと沢山観てみたいなー。
th
この手の、犯人はヤス的なオチが好物なので、それだけでコロッと惚れてしまった。言われてみれば、あの人が殺していた方が事件としては(極めて身近な人物が犯人という意味で)常識的だよな、とあっさり腑に落ちてしまった。主人公だけは敢えて自分の手を汚さず、手先のディープストーカーに殺害させようとしたのは、元の人格の、犯人人格へのささやかな抵抗心だったのかな、とか考えたけど多分関係ない。
わずか82分というランタイムに凝縮した二転三転するストーリー。深く読み解くと色々な意味に受け取れるエピソードの連続。アニメは美少女やロボットばっかりでつまらない。そんな既存アニメに対するアンチテーゼとでも言うべきか、今までのアニメになかったジャンル、サイコスリラーをやろうという意気込みに感心させられる。勿論アニメならではの手法も取り入れられており既存アニメの全否定ではなくきちんと作品として成り立たせている。惜しまれるのは作画の質だろうか。その点を除けばほぼ完璧だ
話が多重的に展開するので、途中で頭が混乱しました。インターネット、多重人格、ストーカー。その当時とほんの少し先の世相と流行をとらえた作品という意味でどこか懐かしい。観た後の感触は、身体に響くというよりは、頭での理解を迫ってこられたという感じかなと。
一歩間違えると目も当てられなくなってしまう取り扱いの難しい趣向を見事にまとめあげている。20年近く前の作品だが、時代を感じさせる部分と感じさせない部分の双方があり、そのどちらも楽しめた。
見ててノイローゼになりそうだった。現実とドラマのシーンと…え?マネージャー?あの最初から不気味な彼?え?どれが現実?妄想?わからーん!と混乱しかけましたが、何とか最後まで見終わりましたが…よくよく思い出したらこれ見たわ(笑)二回は見れないと思ってたのに意外と楽しめました。世の中のアイドルもこんな感じなのかなーと思ったら切なくなってしまいました。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

PERFECT BLUEを観たいと思ったみんな最新10件(115)

01/06:はるやま
08/14:NOFIX
07/12:みすと
06/13:a crow
05/11:sano
04/06:映生一
02/06:kbtysk
10/06:年下
10/02:kirisyapone

PERFECT BLUEを観た人はこんな映画も観ています

千年女優 [DVD]
千年女優 [DVD]

1542登録
パプリカ [DVD]
パプリカ [DVD]

2734登録

PERFECT BLUEの評価:48% レビュー数:218
ログイン 新規登録